建築日記第1話「やっぱりおうちたてようかな」はコチラ!!

#429 あなたの家は狙われている(8) 弊社の商品はどの既製品よりも優れています

どうも!八郎です!!(@eightblog_hachi)

         

新築戸建てあるある!(早く言いたい~♪)
第2段は「訪問販売業者編」です(笑)



ちなみに第1弾の「町内会入らない問題編」も
まだご覧になっていない方は是非!



よろしくお願いいたします\( ^o^)/

      

さて前回までのあらすじなんですが、
八郎が仕事に出ていて、
嫁が在宅している時に訪れた訪問販売業者。

この正体は「レンジフードを清掃する事をメインとする業者」である事が判明。

素性が怪しいのかどうか、ハイム営業なら知っているかもしれない
と思い、ハイム営業に電話で確認。

怪しいかどうかわからないけど
ハイムにも問い合わせが来ている事
比較的新規の分譲地で目撃情報が上がっている事を教えてくれます。

それじゃあとりあえず家に読んで話を聞いて、
なんか怪しそうだったらお引き取り願おう
と言う事でその訪問販売業者を家に呼ぶことに。

しかしその訪問販売業者に台所の種類をきかれてしまう八郎。
台所の知識ゼロの八郎は「ペニンシュラ型」を答えることが出来ず、
結果、台所の種類の確認のために
業者に家への侵入を許してしまいます。

そして、この訪問販売業者。
自社の商品の優位性を説明するために、
比較対象品に、ショッボイ他社の商品を持ち込み
優位性を語り始めます。。。

       

果たしてこの先に待っている結果は
どんな光景なのか!?

      

それでは、続きをどうぞ!!

既に決められた運命

訪問販売業者「よいしょっと」ガコン
※レンジフードを開ける音

八郎「ジーッ」

嫁「シゲシゲ」

訪問販売業者「あー、もう、すこーし汚れてますよね、この辺とか」

嫁「ええーっ、ホントですかっ!?」

訪問販売業者「ほら、この辺とか。。。」

嫁「嗚呼ーっ!早くフィルター入れなきゃっ!!」

訪問販売業者「今ならまだ全然間に合いますよっ!」

八郎「。。。」

       

訪問販売業者を家にあげたのは
大失敗だったと悟る八郎。
しかしそれは、もう後の祭り。
桑田佳祐が哀愁漂わせながら熱唱しています。
(▲それは「祭りのあと」)

        

訪問販売業者「まあ、この程度の油汚れならすぐ落ちますよ」

嫁「えっ!?本当ですかぁ?パアアアッ」

訪問販売業者「はい、では実際にフィルターを入れてみましょう!」

嫁「お願いしますっ!」

八郎「。。。」

      

完全に訪問販売業者が敷設した
ジェットコースターに乗せられている八郎夫妻。
しかし、そのジェットコースターは。。。

ファイナル・デッドコースター


もう脱線して大事故になる運命は
避けられないに違いありません。。。

高〇元社長も真っ青のプロモーション

お元気ですか…?

訪問販売業者「フィルターを挟み込むためには」

訪問販売業者「アタッチメントをつけないといけません」

嫁「(コクコク)」

訪問販売業者「アタッチメントの取り付けは、少しコツが要りますけど」

訪問販売業者「慣れればそうでもありません!」

嫁「はいっ!」

八郎「。。。」

訪問販売業者「ちょっと、見ておいてください。こうして。。。」

嫁「シゲシゲ」

訪問販売業者「。。。こうして。。。こうすればっ」

バチーン

訪問販売業者「はい、これで取り付け完了です!」

嫁「へえーっ、私もやってみていいですか?」

訪問販売業者「もちろんです!外しますね」ガコーン

訪問販売業者「はい!どうぞっ!!」

嫁「どれどれ。。。」ヨイショヨイショ

八郎「。。。」

訪問販売業者「あー、いいですね!いい感じです、初めてしてはかなり早いですよ!!」

嫁「いや、それほどでも///」

八郎「」

      

この男。。。あ、失礼、訪問販売業者。
なかなかのクセモノですわ。(笑)
乗せるのもうまい。聞きながらやってる方は
悪い気がしない進め方です。

      

最初はハイトーンボイスが気になるも
その世界観に引き込まれると、それすらも心地よく聞かれる

高○社長のプロモーション

みたいな中毒性があります。
嫁は完全にやられてるに違いありません。
早くも敵の「メダパニ(※巻末に注釈アリ)」にかかりつつある嫁(笑)

      

バチーン

嫁「やった!はまった!!」

訪問販売業者「おおっ!早かったですね、流石、お掃除慣れしているから扱いが丁寧です」

嫁「いや、それほどでも/////クネクネククネ」

八郎「」

訪問販売業者「で、今のアタッチメントがはまっている感じをゆすって確認いただけますか?」

嫁「はいっ!」

ガタガタガタガタ…

嫁「あ、なんかガタつきますね。。。私の取り付け方がダメなんですか?」

訪問販売業者「いえいえ、奥様の取り付け方は間違ってないです!この商品はそういう仕様なんです」

嫁「はあ。。。」

八郎「。。。」

訪問販売業者「では、次にこちらのアタッチメントを取り付けてもらえませんか?

嫁「はいっ!」ヨイショヨイショ

訪問販売業者「ニコニコ」

八郎「。。。」

嫁「。。。さっきのよりちょっと固いというか、キツイ、というか。。。」

訪問販売業者「はい、そうなんですけど。。。もうちょっと頑張って。。。」

バチーン

嫁「よしっ、ハマった!」

訪問販売業者「おお、もう奥様は完全にアタッチメントの取り付けをマスターされましたね!」

嫁「はいっ!ニコニコ」

八郎「」

訪問販売業者「で。。。またこのアタッチメントをゆすって確認いただけますか」

嫁「はいっ!」

シーーーーーーーン

嫁「ハッ、全然ガタガタしない!」

訪問販売業者「そうなんですよっ!こちらが弊社の商品になりますっ!

嫁「わあああ、すごーいっ!」

八郎「」

      

もう嫁は完全にこの業者の「メダパニ」にかかってしまっています(笑)

弊社の商品はどの既製品よりも優れています

訪問販売業者「ちょっと取り付けが大変なんですけど」

訪問販売業者「取り付けてしまえば、ジャストフィットなんで」

訪問販売業者「地震とかが来ても外れる心配もありません!」

嫁「安心ですねっ!」

八郎「。。。」

      

得意げに商品を説明する訪問販売業者。
そして、それを輝いた目で見つめる嫁。
そしてそのふたりを白けた目で見る八郎。

        

そしてついに、この業者。
伝家の宝刀を抜きます。

        

訪問販売業者「弊社の商品は。。。」

訪問販売業者「どの既製品よりも優れていますっ!」ドヤア

嫁「すごいっ!(ウットリ)」

八郎「」

       

いやいやいやいや。
そんな漫画みたいなノリが許されるはずもありません。
とりあえず、メーカーのHPで調べた情報を
この訪問販売業者に投げかけて、
どういう反応が返ってくるのか、
様子を見てみましょう。
購入するか否かはまず、
その反応を見てからです。
(次回へ続く)

「メダパニ」とは?

ドラゴンクエストシリーズの呪文の1つ。
初出はドラゴンクエスト3。
呪文をかけた相手に幻覚を見せて
味方を攻撃するように仕向ける。
攻撃力の高い戦士がメダパニにかかると
体力の無い魔法使いが戦士の攻撃を受けると
いきなり瀕死の重傷を負う事があるので極めて厄介である。。。

                    

完全に夫婦漫才の域に達していた
訪問販売業者と嫁の掛け合い。
本当の旦那が嫉妬するほどの完成度です(笑)

      

だがしかし!
それを黙って指をくわえて見ていてはいけません!
本当に買う価値があるのかは
俺の質問に答えてもらってから。

       

そして。。。

        

値段を聞いてから

      

ですっ!(笑)
しかし、メダパニにかかった嫁は
ゲーム通り、八郎に刀を向けてきます。。。

      

次回「あなたの家は狙われている(9) 弊社の商品はシンデレラフィットなんです!」

         

【★告知★】家づくりをしている方を応援するサイト「コダテル」で八郎のブログが読める!詳細はコチラをクリック!!
画像をクリックすると、最新記事へとジャンプします!

           

▼我が家で使用しているおうち関係の商品紹介しています!
▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
▼ブックマークはコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です