建築日記第1話「やっぱりおうちたてようかな」はコチラ!!

#423 あなたの家は狙われている(2) レンジフードフィルターを訪問販売する業者

どうも!八郎です!!(@eightblog_hachi)

          

新築戸建てあるある!(早く言いたい~♪)
第2段は「訪問販売業者編」です(笑)

#422 あなたの家は狙われている(1) 新築戸建ては訪問販売でいっぱい



ちなみに第1弾の「町内会入らない問題編」も
まだご覧になっていない方は是非!

#411 町内会(自治会)入らない問題(1)旧居時代の町内会の苦い思い出



よろしくお願いいたします\( ^o^)/

        

さて、前回はよくある訪問業者の例のお話でした。
今回からが「本編」です(笑)
いよいよ、アフォ夫妻が訪問販売業者にやられるお話です。
この、新居入居直後、という心理的不安定さを見事についた商売に
我々アフォ夫妻はやられてしまいます。。。
(普通の人なら、まずやられないと思いますが)
まあ、こんな「ヴァカな話」があるんだと思って、
聞いてやってください。

       

それでは、続きをどうぞ!!

忍び寄る「不幸」

それは、入居して20日程度が経過した、
ゴールデンウイーク明けの話でした。

         

八郎「いや~新居はいいなあ♪新居サイコー♪」

八郎「ただいまー」

        

まだまだ新居ハイテンションが続いている八郎。
仕事が終わり、帰途へ。
新居に車を停めて、玄関をくぐると
どうしてもニヤついてしまいます。
新居っていいなぁ♪
Viva!新居!!
そんな心境で玄関ホールをくぐると、

       

嫁「八郎ちゃん八郎ちゃん八郎ちゃん八郎ちゃん!」

        

と、嫁が駆け寄ってきます。
八郎が家に帰っても駆け寄ってくる事なんて今まで殆ど無かったので
このテンション。。。何かあったな?

        

八郎「どうした?何かイイことでもあった?」

嫁「いや、イイこと、では無いんだけど。。。」

八郎「ほう、なんかビミョーな感じやね」

嫁「そうなんよ、なんだかビミョーな感じだけど」

嫁「すごく気になるの。。。」

        

そう言って嫁が指さした先には
ダイニングテーブルに1枚の名刺が。

        

八郎「ナニコレ。。。」

       

そう言って名刺を掬い上げて、
若干老眼が来始めている初老のブタが
メガネを上げて裸眼で名刺を凝視します。

        

「〇〇〇〇〇設備 □□ ××」
※ガチで実在する業者なので伏せます

          

〇〇〇〇〇設備。。。聞いたありません。
取り敢えず、嫁に詳しく聞いてみる事に。

レンジフードフィルターを販売する業者       

八郎「これ。。。どうしたの?ホームセキュリティか何か?」

嫁「いやいやそうじゃなくて、何かねえ、フィルターとか扱ってる会社なの?」

八郎「フィルター???」

嫁「そうそう、レンジフードフィルターなんだけど。。。」


八郎「。。。なるほど、全然わからんっ!」

嫁「だよねぇ、八郎ちゃん、全然この辺掃除してくれないもんねぇ。。。タメイキ」

八郎「。。。まず、その『レンジフードなんちゃら』がわからん(笑)」

嫁「えぇ…(;゚Д゚)レンジフードってのがまずこれなんだけど」

八郎「なんだ。。。台所の換気扇って言えばいいじゃん」

嫁「誰もそんな言い方する人いませんっ!」

八郎「(俺は言うけどなあ)で、そのフィルターがどうしたの?」

嫁「それが、すごく気になっててさあ。。。」

新品はずっとキレイに使いたい心理

八郎「え?何が?」

嫁「ほら、料理するとさ、油とかが粒子になって飛ぶじゃん」

八郎「う、うん、そうだね」

嫁「旧居の換気扇を思い出してみてよ」

#333 転勤があっても結局15年間住み続けた賃貸アパート

そこで旧居退去前の大掃除を想い出します。
まあ、15年間住んでいたというのもあるんですが
賃貸アパートだったこともあり
イマイチ自分の所有物でない意識があったため
色々な設備をやや雑に扱っていた経緯がありました。

     

その分しわ寄せは退去前の大掃除に降りかかってきます。
とにかく「汚い」・「きたない」・「キタナイ」。。。
頑固な油汚れで周囲やフード内は黄土色に。。。
もう頑固な油汚れで何層にもコーティングされ
少々のお湯ではどうにもならない汚れになっていました。


。。
。。。

八郎「。。。うん、思い出したくないものを思い出した(笑)」

嫁「でしょう!?この新居では、あんな汚れれるような使い方をしたくないの!」

八郎「なるほど、それはさもありなん」

嫁「で、そのレンジフード内の汚れを最小限に抑えるために」

嫁「レンジフードの入り口の吸気口に『フィルター』を付けたいと思いながら」

嫁「気が付けば2週間以上が過ぎてて」

嫁「どうしよう、どうしよう、って思っていた所に」

八郎「。。。この人が現れた、と言う訳か」

嫁「そうなのよ~(^-^;」

えっ!?まさか買ったの?

嫁「レンジフードフィルターの事はすごく気になっていて」

嫁「そんな中、この人が突然現れて」

嫁「私的にはすごく『渡りに船的な』訪問販売だったんだけど。。。」

        

そこまで聞いて、非常にイヤな予感がします。
まさかこの女(「おんな」呼ばわりw)
この男から、フィルターを買ったのではあるまいか!?

        

八郎「ちょっ、嫁ちゃん」

嫁「(。´・ω・)ん?」

八郎「まさか、この人からフィルター買ったりしてないよね」

嫁「!!!まさかっ!流石に怖くて、そんな事出来ないよ~」

       

( ´Д`)=3 フゥ…嫁が常識的な人で良かった。
まさかの事後報告かっ!?と肝を冷やしましたが
どうやらその「最悪のケース」は逃れたようです。

        

嫁「その人がね『ハイムさんですよね?キッチンのグレードは何ですか?』」

嫁「って聞かれたけど、全然わからなくて(笑)」

八郎「そうか(笑)(まあ、選ぶ余地が無かったからグレード名も頭に入らんよな)」

嫁「訪問販売の人を家に入れるのも怖いし」

八郎「そりゃそうだ」

嫁「『旦那もいないしよくわからないんで…』って言ったら」

嫁「『ご主人と相談されて、ご主人がOK出したら電話ください』って言って」

嫁「名刺を置いていったのよね~」

八郎「なるほど。。。」

       

と言うのが名刺のいきさつでした。
まあ、でも嫁が常識のある人で助かりました。
どこかネジが外れてて、人を家に上げたり、
ましては得体の知れない物を買っていたりしていたら
大惨事になりかねない所です。

       

そんな、ホッとした安堵のため息をついたのも束の間。
嫁がすり寄ってきます。

       

嫁「それでさあ。。。」

八郎「。。。何?」

嫁「お願いがあるんだけど♪」
(次回へ続く)

         

とまあ、こんなグダグダなやり取りから始まった
今回の惨事です(笑)
そう、途中までは問題無かったんだと思うんです。
途中までは。。。

      

いったい何処で階段を踏み外したのか、
話を追って頂いて
ご確認頂ければと思います。

       

次回「あなたの家は狙われている(3) 訪問販売業者の素性を探ると。。。」

【★告知★】家づくりをしている方を応援するサイト「コダテル」で八郎のブログが読める!詳細はコチラをクリック!!


▼我が家で使用しているおうち関係の商品紹介しています!
▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
▶ブックマークはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です