建築日記第1話「やっぱりおうちたてようかな」はコチラ!!

セキスイハイムの洗面化粧台(洗面所・ドレッサー)の選び方価格と注意点、カタログ・メーカー別に紹介

どうも!八郎です!!(@eightblog_hachi)

         

今回はセキスイハイムで選べる
洗面化粧台をカタログ・メーカー別に
紹介したいと思います。

       

セキスイハイムで選べる洗面化粧台は
「カタログ」と「メーカー」の2種類があります。
その「カタログ」と「メーカー」の他に
洗面化粧台を選ぶうえで「大事な要素」が2つありますので
そこにまず触れてから
選べる洗面化粧台をご紹介したいと思います。

       

それでは、早速見ていきましょう!

セキスイハイムで洗面化粧台を選ぶ時の注意点

セキスイハイム,洗面化粧台,IL洗面

洗面化粧台を選ぶ上で大事な要素が2つあります。

洗面化粧台を設置する間取りの広さ
✅洗面化粧台と洗濯機を併設するか否か?

上は我が家の洗面化粧台と洗濯機を併設した
「ランドリー隣接タイプ」
の洗面の1例です。
この場合の広さは
洗面台が横900、洗濯機の上の収納が横650です。
洗面所全体の横幅は約1700あります。

       

ここを洗濯機を併設せずに洗面化粧台だけにしようとすると
この部屋でも

LK洗面のカウンタータイプ(横1600)

セキスイハイム,洗面化粧台,LK洗面

✅LK洗面やエイジレス洗面のトール(収納)隣接タイプ(横1650)

セキスイハイム,洗面化粧台,LK洗面

が選べるようになります。
まず、大事なのは

◎洗面所に洗濯機を併設するか否か

を最初に決める事です。
洗濯機を併設しなければフルサイズの
洗面化粧台を選ぶ頃が出来ます。

       

洗濯機を併設する場合は

旧居から洗濯機を持ち込む場合は洗濯機の横幅はいくつなのか
✅洗濯機を選挙に合わせて購入する場合は洗濯機の横幅はいくつなのか

を確認・決定してから洗面化粧台を選ぶと
後悔が少なくて済みます。
洗面所に洗濯機を併設しつつ
横幅の広い機能的な洗面化粧台を設置したい場合は
営業に相談して、洗面所の間取りを拡げてもらう
提案が必要になるかもしれません。

       

洗面所の拡大は他の間取りに大きな影響を及ぼします。
まずは「洗濯機を併設するか否か」を考えてから
洗面化粧台の選択に取り掛かりましょう。

▼我が家で使用しているおうち関係の商品紹介しています!
▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
▼ブックマークはコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です