建築日記第1話「やっぱりおうちたてようかな」はコチラ!!

#542 ナノイーかプラズマクラスターかストリーマか、どのメーカーの空気清浄機が一番良いの?

どうも!八郎です!!(@eightblog_hachi)

         

家電検討編、新章
「空気清浄機対決、ダイソンvsパナソニック」
をお送りしております(笑)

       

さて具体的に空気清浄機を選ぶ前に
空気清浄機3大メーカー
(▲八郎が勝手に命名しました、悪しからず)
の話をちょっとさせてください。

                  

購入前に色々調べた2年前の知識に加え
最近の空気清浄機はぶっちゃけどうなの?
みたいな話も含めた

個人的な話(笑)

をしたいと思います。
根拠に乏しい話も多いので
話半分にヒマ潰し程度に
読んでいただければ、と思います。

        

それでは、続きをどうぞ!

空気清浄機、3大メーカーと言えば

空気清浄機3大メーカー、と言えば!
(▲八郎が勝手に命名しています)

SHARP(シャープ)
✅Panasonic(パナソニック)
✅DAIKIN(ダイキン)

の3社ですよね~異論は認めません(笑)
で、サブタイトルが

「空気清浄機対決 DAIKINvsPanasonic」

となっており早々にSHARPが脱落している訳ですが
なぜSHARPは外れてしまったのか?
その辺を3社の大まかな空気清浄機のタイプを見ながら
確認していきましょう。

各メーカーの、空気清浄機のタイプ・違い

3大メーカーの主なタイプと機能です。
各社微妙に違うのでちょっと見ていきましょう。

SHARPとPanasonicの「HEPAフィルター」

HEPAフィルターとは
定格流量で粒径が0.3µmの粒子に対して
99.97%以上の粒子捕集効率をもつエアフィルタのことです。
快適エアリーの3層フィルターにも
このHEPAフィルターが含まれていましたね。

引用:https://www.sekisuiheim.com/appeal/clean_air.html

今の空気清浄機には
このHEPAフィルターは必須とも言える仕様でしょう。

DAIKINの電気集じん方式と「TAFUフィルター」

引用:https://www.daikinaircon.com/ca/index.html

一方のDAIKINは電気集じん方式と
TAFUフィルター方式を組み合わせています。
これはどういった仕組みなのでしょうか?

      

まず、電気集じん方式。
電気集じん方式とは工場にも利用されており
ホコリやダニや花粉などを帯電させて静電力で吸着させます。
それにTAFUフィルターも併用し
電気集じんとフィルターのハイブリッドな集じん方式を採用しています。

        

次にTAFUフィルターについて。
これは静的HEPAフィルターとも言われ
フィルターに静電気を帯びさせて
静電気の力で粒子を吸着させます。

          

この機能を見る限り
工場で使われるような集じん、空気清浄機能を有する
DAIKINが我が家の空気清浄機の座を
一歩リードしていると言ってもイイでしょう。
SPEC重視の八郎にとってはベストの選択です。

SHARPのみ「背面ワイド吸気」

引用:https://jp.sharp/kuusei/products/kcf50-feature.html#title06

DIKINやPanasonicは正面や側面から吸気するのですが
SHARPのみ「背面吸気」となります。
と、言う事は空気清浄機を最低
壁から10cm以上離す事が必要になります。
一方、我が家の嫁は、空気清浄機は
なるべく壁にビタ付けして使いたいと
話していました。

      

この条件で、SHARPの空気清浄機は
我が家の候補から外れてしまうのであります。

ナノイー、プラズマクラスター、ジアイーノ、ストリーマの違いとは?

先の表をもう一度出します。

これで見ると

SHARPは「プラズマクラスター」
✅Panasonicは「ナノイー」「ジアイーノ」
✅DIKINは「ストリーマ」

と、各社何らかの名称をつけてブランド化し
特徴を出そうとしています。

      

まず、先に知っておかなければならないのは
これらの有名な機能は

空気清浄とは全く関係が無い

と言う事。あくまで付加機能。
空気清浄はHEPAフィルター(DIKINはTAFUフィルター)
で空気をフィルターに通してろ過する事が
空気清浄機能です。

         

と言う事を踏まえて各社の機能を見て見ましょう。

SHARPの「プラズマクラスター」

SHARPのプラズマクラスター
マイナスイオンを発生・放出させてそのイオンが

浮遊カビ菌を除去
✅浮遊ウイルスの作用を抑える
✅浮遊菌の作用を抑える
✅浮遊アレル物質(ダニのフン・死がいなど)を抑える
✅浮遊花粉アレル物質yの作用を抑える

働きをしてくれます。

引用:https://jp.sharp/kuusei/plasmacluster/

上記の機能は「プラズマクラスター7000」での最低機能になります。
プラズマクラスター25000や
プラズマクラスターNEXTになると
更に高機能が付加されたり、除去や効果を発揮する
時間が早まります。

Panasonicの「ナノイー」

Panasonicの「ナノイー」
こちらもプラス・マイナスイオンを発生させ、そのイオンが

菌・ウイルス:空気中に浮遊・付着する菌やウイルスを抑制
✅カビ    :室内に浮遊・付着する8種のカビ菌を抑制
✅PM2.5   :PM2.5に含まれるとされる有害物質※を分解
✅花粉    :日本の主要な花粉13種を抑制
✅アレル物質 :ダニや昆虫の死がい、ペットのフケなどを抑制
✅ニオイ   :繊維の奥まで入り込み、タバコやペットなどのニオイを脱臭
✅美肌・美髪 :美肌・美髪空間へ

という効果を発揮してくれます。
プラズマクラスターNEXTが「お肌につやを与える」
というフェイスケアの効果がある事を歌っていますが
ナノイーは「美髪空間」ど題して
ナノイーを発生させるドライヤーを販売させています。
(当然SHARPもプラズマクラスターを発生させるドライヤーを販売しています(笑))

DAIKINの「ストリーマ」

DAIKINのストリーマは
プラズマクラスターや
ナノイーとはちょっと違います。

引用:https://www.daikinaircon.com/ca/index.html

イオンも発生させているんですが、
メインのストリーマと言う機能は
プラズマ放電で発生させた電子と
空気中の酸素や窒素が一緒になって菌や微粒子
臭いの元を分解させるのです。

      

HPにもあるように100,000度の
熱エネルギーに匹敵するそうで
イオンの作用+ストリーマという
ダブルの機能に
DAIKINの良さを感じます。

Panasonicの「ジアイーノ」

Panasonicのジアイーノ
また特殊な機能です。

       

ジアイーノは次亜塩素酸を使って
菌やウイルスを減らす機能です。
本体の中でも次亜塩素酸で除菌するし
空気中にも飛ばすのでドアノブや蛇口などに
付着したウイルスにも効果があるらしいです。

         

しかし、ジアイーノに対応した製品は
フィルターで空気をろ過する機能がありません。
そのため、空気清浄機ではなく
空間除菌脱臭機と呼ばれています。

        

簡単に言うと部屋中の空気を
次亜塩素酸に通して洗浄・脱臭して
部屋に放出する感じです。

         

どちらかと言うと
「脱臭」に重きを置いた機能のように感じます。

一番良い空気清浄機は。。。

上記の内容を精査した結果

✅SHARPのプラズマクラスターは背面吸気なので我が家の使い方に即さないので除外
✅Panasonicのジアイーノは空気清浄機と言うよりは脱臭機能がメインなので除外

と言う事で、候補は

✅Panasonicのナノイーを搭載した空気清浄機
✅DAIKINのストリーマを搭載した空気清浄機

に絞り込みます。
八郎個人としては
リビングについているエアコンもDAIKINなので

DAIKINで合わせたい

ところです。

      

さあ、これから
空気清浄機を選ぶ旅が始まります。

      

そして、道中は。。。
このブログで何回も見られた

お約束の条件が突きつけられる

訳であります(笑)
(次回へ続く)

        

まあ、空気清浄機の事を書いてて
こんな事を言うのも何ですが。。。

空気清浄機って本当に効果あるのか?

とはよく思います(笑)
しかし、八郎が空気清浄機に近づくと

ニオイランプが点灯する

ので、まあ空気清浄機の機能も
ハリボテでは無いんだろうと思います(笑)

さて、空気清浄機を探す旅が始まります。
まずは、家電を購入する最初の手続きである
我が家の将軍様のお許しを請う所から
始まるのであります、が。。。

         

次回「おしゃれな空気清浄機vs効果のある空気清浄機」

情弱施主の、魂の叫びを聞け!

【★告知★】家づくりをしている方を応援するサイト「コダテル」で八郎のブログが読める!詳細はコチラをクリック!!
画像をクリックすると、最新記事へとジャンプします!

▼我が家で使用しているおうち関係の商品紹介しています!
▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
▼ブックマークはコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です