建築日記第1話「やっぱりおうちたてようかな」はコチラ!!

#112 我が家の空調は無難にエアコン?それとも快適エアリー?

どうも!八郎です!!

      

最終仕様確認に向けて1個1個、
保留事項に結論を出していく八郎家。

            

そしていよいよ今回は「快適エアリー」を設置するか否か、です。
空調だけでなく、フィルターによる空気清浄、
冬は床がほのかに暖かくなる(床暖房ではない)
等様々なメリットを忘却の彼方に追いやるほどの「たっかい金額」(笑)

       

果たして、八郎が取った結論は?
快適エアリー導入か!?
それとも、無難にエアコンかっ!?

それでは続きをどうぞ!!

最終仕様確認前最後の打ち合わせ

ハイム営業「それでは、宜しくお願いします」

八郎・嫁「お願いします!!」

ハイム営業「えー今回は、最終仕様確認に通すために、ある程度プランを固めてもらいます」

八郎・嫁「(コクコク)」

ハイム営業「当然、最終仕様確認でも変更は可能なんですが」

ハイム営業「その仕様の大枠を今回決定して、設計チェックにかけて」

ハイム営業「無事本社から承認が降りれば、最終仕様確認に進みます」

ハイム営業「今まで保留になっている部分は」

ハイム営業「原則、本日決めてもらう事になります」

八郎「((;゚д゚)ゴクリ…)わ、わかりました」

ハイム営業「では、ひとつずつ確認していきましょう」

太陽光は4kWh搭載で決定

ハイム営業「ますは、太陽光の確認です」

       

来ました、太陽光。
そもそもbjベーシックは2kWhが標準搭載のモデルなんですが、
謎のシミュレーション(笑)を見せられ、

#071 セキスイハイムの光熱費シミュレーション「SIM-HIME」をやってみた結果

太陽光は4kWhくらいつけた方がいいですよ~
という営業トークにものの見事にはまってしまい、
4kWhに増設することを決意していました。

         

ハイム営業「実は屋根にも図面があってですね」

八郎「へえ~そうなんですか!」

         

ハイム営業が出した図面には、屋根の図面に、
太陽光パネルが並べられた図が描かれています。
バルコニーになる部分は屋根そのものが無く空白に。
あと、10%強くらいの屋根が空白になっています。

        

ハイム営業「4kWhだとこんな感じです、結構屋根が太陽光パネルで埋まっていますね

八郎「(むむむ、なんか悪くない感じやなあ、太陽光パネルバンザーイって気分がするぞ)」

        

ハイム営業のひと言にちょっと気分が良くなった八郎。
さすがこの営業所長。人の心を転がすのが本当に上手です。
次の瞬間、とんでもない提案をぶっ込みます。

       

ハイム営業「まだ、載せられますけど?

八郎「ヒエッ」

嫁「」

         

なんとまあエグイ提案(笑)
思わず変な声が出てしまいました。
そうか。。。この余白部分、まだ載るのか。。。

        

と、まーた、気分はゴールドソーサーに向かうゴンドラの中になりつつあった八郎。
何とか現実を取り戻します。
いかんいかん、もうこれ以上金額が積み上がるのはマズい。

        

八郎「いやいや、もう大丈夫です、4kWhで充分です」

ハイム営業「そうですか、かしこましました(チェッ)」

         

???
最後、なんか舌打ちみたいなのが聞こえたように感じたのは、
気のせいだったのでしょうか。。。

         

しかし、このハイム営業の提案が、
未来を変えるのに充分なインパクトを残す提案になり、
後の快適エアリーの結論にも影響を及ぼす事になるのを知るのは、
最終仕様確認の時になります。

用意された快適エアリー用の図面

ハイム営業「それでは、次は快適エアリーですね」

           

そう言うと、またまたプランをファイルから引っこ抜きだして、テーブルに提示します。

        

ハイム営業「実は、快適エアリーを導入する用の図面も引いてまいりました(ドヤア)」

           

ハイム営業はドヤ顔で、快適エアリーの図面も披露してきます。
もう、電気配線込みの図面は、配線が張り巡らされて記入されているので、
元の間取りがよく分からない感じになっています。

         

そんな中で、窓際や洗面所に「ガラリ」の設置位置が記載されています。
リビングや玄関等1階の至る所に、「豚の鼻」の様なマークがついています。
ここの床に、通風孔が設置されるのでしょう。
まだ見ぬ未来の家に思わず思いを馳せてしまいます。

           

そんな我々を、期待のまなざしで見つめるハイム営業。
もう、快適エアリーを売る気満々です。

         

(※前日夜、食卓にて)

嫁「ハイム営業は、快適エアリー売る気満々だよ」

八郎「うーん、やっぱりそんな感じする?」

嫁「うん、ムンムンするね。そして。。。」

八郎「そして?」

嫁「八郎ちゃんは、買うね、エアリー」

八郎「!!何でそう思うの?」

嫁「え、だって八郎ちゃん、そんな近未来的なアイテム大好きでしょ?こどもだもんね~(笑)」

八郎「」

 

まだ、期待を捨てられない

嫁の言う事は8割当たっていました。
あの工場見学で、快適エアリーのポテンシャルを見せつけられてから、

#063 値引きに釣られセキスイハイムの工場見学に行く話

ずっと快適エアリーの購入に前向きでした。
と言うか、ほぼ買おうと思っていました。

       

しかし、ただのエアコンと比べ30万近く高いのに納得がいかず、
値引交渉をすることに。

#108 快適エアリーの値引き交渉に挑む!

これまでも我々が価格面でゴネると、
何かと便宜を図ってくれたハイム営業。

#051 ハイム営業の「プラン・見積もり」提案返し炸裂!!

そんな、ゴネると何とかしてくれるハイム営業を見て、八郎家は勘違い。
「(ハイム営業は)我々を贔屓してくれてるんだ」
と壮大な思い込みをするわけであります。

         

しかし、快適エアリーの値引き交渉はけんもほろろな結果に。
こうして、八郎は勘違いから目が「やや」覚める訳ですが。
今度は変にこじらせてしまい、
今現在、快適エアリーの購買意欲が大きく低下してしまっている訳です。

           

しかし、実は今回の打ち合わせでは、
ハイム営業「今回は八郎さまのために、特別に~」と、

         

値引提案をしてくれるのではないか?

        

と、まーだ夢見心地な甘ーい期待が無いわけではない自分もいたりして。

             

ハイム営業が広げる、快適エアリー導入の図面を眺めつつ、
昨夜、嫁と交わした会話を思い出しつつ、
今の自分が抱く、淡ーい期待を胸に懐きつつ、
全く結論が出ない八郎は、
留守録を頼まれたサルのように困惑し固まったまま、
ぼんやりと家の将来を考え続けていたのでした。
(次回へ続く)

 

一向に結論が出ない快適エアリー設置の是非。
つける・つけない2択では、このオプションは一番悩みましたね。。。
快適エアリー、こんな思いで、今日中に結論は出るのか!?

         

そして、 嫁が言う所の「近未来アイテム大好き」八郎は、
とんでもないオプションに食指を動かします。

次回「玄関を簡単にロック・アンロック出来る!?」

君は、選び抜くことができるか。

▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
▶ブックマークはコチラのページをお願いします!!◀
八郎のラジオ「はちろん!」公開中です!良かったら覗いてください!!◀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です