建築日記第1話「やっぱりおうちたてようかな」はコチラ!!

♭121 消えたジュリアンを追っかけたらとんでもない物に遭遇した

どうも!八郎です!!(Twitter:@eightblog_hachi)
(Twitterでも家の事やどうでもいいことを
たまーにつぶやいていますのでご笑覧下さいませ)

                  

新章
「消えたジュリアンを追え!」
をお届けしております。

    

前回までのあらすじですが
我が家は入居3年間の間に
これだけ外構いじりました
という外構の変遷を
写真付きで振り返りました。

       

また3年間の我が家の
ガーデニングの失敗例

ご紹介させて頂きました。

        

結果、入居して3年経過した我が家には
どのような植物が植わっているのかを
ご紹介したのがこの記事。

       

そして、蛇足の上に更に蛇足ではございますが
「初心者でも出来る」秋植えガーデニング!!
と題して、秋植えで
冬から春先にかけて花が楽しめる
オススメの花苗三選

✅パンジー
✅ジュリアン
✅デイジー
についてご紹介しました。

       

いよいよこの章の本編に入ります。
まずは秋に向かえた花苗
ジュリアン
デイジー
ノースポール
の内、ジュリアンとデイジーは
順調に花を咲かせる中
ノースポールは草勢は良い物の
花付きが悪い状態でのスタートと
なるのでありますが。。。

 

実はこの時既に、事件が始まっていた事を
八郎はまだ気がついていないのでした。

     

そしていよいよ事件が明るみになります。
3鉢あるジュリアンの内の1鉢
ピンク色の鉢だけ
異様に元気がないのに気づきます。

とりあえず気のせいかと思って
様子見していると。。。
状況はますます悪化するばかり。

       

ここで迷探偵ヨメナンが
元気が無いジュリアンをみて
「何かに花を食べられているのでは?」
と推理。よってジュリアンの鉢を
玄関内にいったん全部引き上げることに。

しかし、嫁は玄関に引き上げたジュリアンを
尚も執拗に観察。
そして、葉っぱと花びらについている
「キラキラ」を発見する事になるんですが。。。

      

そのキラキラは何かを示唆するものなのか!?

       

それでは、続きをどうぞ!!

キラキラの正体

嫁「うん。。。このジュリアンのキラキラした部分なんだけどね」

八郎「あああー、それか!」

         

嫁が気にしている部分がわかりました。
小生も一時期気になっていたんですが
これは水やりした後の水が
ジュリアンの花の中心に溜まって
それが「キラキラ」したように
見える現象です。それを嫁は
気にしていたのでしょう。。。
と思っていた八郎。
得意げにそう説明します。

         

八郎「それはね、水やりした時の水が」

八郎「花の中心に溜まって、それが光の加減で」

八郎「キラキラしているように見えるんだよね」

       

しかし、嫁は納得してない様子でこう言います。

       

嫁「でもね、このキラキラ」

嫁「花びらにも葉っぱにも筋みたいについてるよ」

八郎「えっ?」

      

嫁の予想外の答えにうろたえます。
八郎がイメージしていた「キラキラ」とは
全くの別物っぽい感じです。

                     

八郎「どれどれ。。。」

         

嫁が見ていた箇所を八郎も凝視します
すると。。。そこには
キラキラした道みたいな筋が
葉っぱから花にかけてついています。

         

八郎「うーん。。。」

        

このキラキラしたヤツ
今までにも見た事あった様な気がします。
何ならつい最近も見たような気がします。
しかし、それが何なのかを。。。
思い出す事が出来ません。

ネットで検索したら、驚きの結果が

こうなるとネット検索です。
嫁が唱えている
「ジュリアンの花が虫に食べられている」
この説があり得るのかを
ネットで調べる事にします。

        

「ジュリアン 花 食べられる」

      

で検索した結果、一番上に来た結果は
お馴染みの「某大手サイト系知恵袋」
失礼な言い方ですが役に立つ時もあれば
全くかすりもしない答えの時もある
何とも言えないヤツです(笑)

       

その答えは。。。「ハト、ヒヨドリ、ムクドリ」

        

うーん、これは違うと小生の
当てにならない直感が告げています。
鳥が玄関近くに降臨している姿を見た事がありません。

       

検索方法を変えましょう。
嫁が犯人を虫に絞り込んでいるので。。。

       

「ジュリアン 虫 食べる」

       

で検索します。
ふむふむ。。。

       

「『ヨトウガ(夜盗虫の類)
ハスモンヨトウ(夜盗虫の類)
キンケクチブトゾウムシ』」
※リンク先はちょっとキツイいもむし画像もありますので閲覧注意です

         

なんだそりゃ、聞いたことないものばかりだぞ。。。
しかもよく読んでみたら全部活動期間は夏前からだし
こいつらは特に葉っぱを食うから違うしなあ。。。

       

しかし、先ほどのムクドリよりは
近いセンになったと
直感が告げています。
このセンで掘り下げれば
真実に近づくのではないか?と。

思い当たる節があり過ぎて

検索記事を我慢強く2記事、3記事と
読み進めます。
そして、遂にほぼ核心とも言えるべき
ひとつの結論に辿り着きます。

ナメクジがジュリアンの花を食べる

八郎「!!!」

        

八郎の当てにならない直感が
コレだ!と強く主張しています。
しかも、この結論を後押しする
ひとつの出来事に八郎は遭遇していたのです。

         

それは約1週間前の事。
とても寒い冬のある日の夕方。
八郎が家に帰宅しようとした時。
玄関タイルにナメクジが
這っていたのに遭遇したのです。

        

こんな寒い時でもナメクジって
活動するんだなあって
その時はのんきに思っていたのですが。。。
まさか!
あれはひょっとしたら
ジュリアンの花を襲撃しに
移動していたのかもしれない!?

       

そして、キラキラの正体は
ナメクジが通った後!
そう考えると全部辻妻があってしまいます。

       

もう思い当たる節があり過ぎて
犯人を現認していないとはいえ
状況証拠でほぼ、ナメクジで確定と思われます。
だとすれば!
屋内への避難は的確な処置。
これでとりあえずは
ナメクジからジュリアンの花を
守った形となります。
この事を嫁に報告する事に。

        

嫁「工エエェェ(´д`)ェェエエ工」

嫁「ナメクジがジュリアンの花を食べてたの。。。?」

八郎「まあ、調べた結果とナメクジが1週間前に」

八郎「玄関スロープのタイルを移動していたのを見ると」

八郎「ほぼ、間違いないと思われる」

嫁「そうなんだあ。。。じゃあとりあえずはこれで」

嫁「ナメクジに食べられなくて済む、と」

八郎「そうだね、玄関にかくまって暫く受けたダメージを」

八郎「回復してもらう事にしよう」

嫁「ただ、根本の解決には至ってないから」

嫁「ナメクジの駆除も考えないといけないよね(;´Д`)」

八郎「おっしゃる通り、もう少し調べてみるよ」

         

こうして、我が家のジュリアンの花を
むさぼっていたのはナメクジだった。
後は、ナメクジを駆除して
この事件は一件落着。
夫婦はそう思っていたのですが。。。

        

犯人は一枚上手だったのです。
(次回へ続く)

          

状況証拠から、ジュリアンの花を食べた犯人は
ナメクジであると断定。 
家の中に暫くジュリアンをかくまって
ダメージを回復してもらいつつ
ナメクジ駆除を実施して
この事件は一件落着かと思われました。

        

しかし、ついに真の悲劇に遭遇する事になろうとは。。。
この時八郎夫婦は知る由もなく。
その瞬間は刻一刻と近づいているのでありました。。。
次回はマジで【※閲覧注意】です!!

       

次回「惨劇!ナメクジが寄ってたかってジュリアンの花を食べ尽くす」

情弱施主の、魂の叫びを聞け!

【★告知★】家づくりをしている方を応援するサイト「コダテル」で八郎のブログが読める!詳細はコチラをクリック!!
画像をクリックすると、最新記事へとジャンプします!

▼我が家で使用しているおうち関係の商品紹介しています!
▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
▼ブックマークはコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。