建築日記第1話「やっぱりおうちたてようかな」はコチラ!!

♭111 コンベクションヒーターをテーブルの下に置くと足元は暖まるのか?

どうも!八郎です!!(Twitter:@eightblog_hachi)
(Twitterでも家の事やどうでもいいことを
たまーにつぶやいていますのでご笑覧下さいませ)

                  

新章
「嫁にパネルヒーターをプレゼントしたい!」
をお送りしております。

        

前回までのあらすじですが

リビングのダイニングテーブルの下の
足元が冷えると嫁や三女から
ご意見を頂戴したので
ダイニングテーブルの下に収まる
暖房機器を検討している最中です。

        

ハロゲンヒーターとカーボンヒーター
編は▼こちらから!

コンベクションヒーターと
パネルヒーター編は▼こちらから!

○○ヒーター横並び比較して
どれが一番足元冷え対策に向いているのか
検討してみた編は▼こちらから!

そして、比較検討した結果
ダイニングテーブルの下には
大きなパネルヒーターを買おう!
という結論に至り、とある商品を
購入するに至ります。

      

そしてクリスマスの25日の夜
無事パネルヒーターが到着!
まず、試運転をして見よう!
と言う事で部品を組み立てて
試運転を行う事にするんですが。。。
なんとパネル部分は一向に温かくならず
背面の上部から暖められた空気が
排出されていることに気がつきます。

慌てて商品ページをみると商品名が
「パネルコンベクションヒーター」になっています。
八郎は「パネルヒーター」を購入したつもり
これは明らかに「うっかり八兵衛」案件です。
嫁も八郎の挙動不審から異変に気付いたようで
八郎も嫁に過ちを謝罪する事に。

しかし、嫁は渋い反応をするかと思ったら
意外にも。。。

      

それでは、続きをどうぞ!!

コンベクションヒーターに前向き?の嫁

嫁が八郎の肩を持ってくれるような発言に
やや救われますが、だからと言って買ったものが
替わる訳ではありません。
正直に過ちを告白します。

        

八郎「どうやらコンベクションヒーターと言う商品らしい」

        

しかしこの後の嫁の発言に
更に驚くのであります。

        

嫁「あら、いいじゃない♪」

八郎「ええっ?」

         

何と、嫁はコンベクションヒーターに
超前向きな対応じゃないですか?
これは嫁は何かしら
コンベクションヒーターについて
知っているのかもしれません。

        

八郎「嫁ちゃん、コンベクションヒーターについて」

八郎「何か知っていたりするの?」

嫁「いや、全然っ(#^.^#)」

八郎「ヽ(・ω・)/ズコーッ」

        

何という気の持たせよう(笑)
しかし「あら、いいじゃない♪」という
会話の意味は何だったのでしょうか?

         

八郎「でも嫁ちゃん『あら、いいじゃない♪』って言ったもんだから」

八郎「何か知っているのかなあって思って」

嫁「コンベクションヒーターは知らないけど」

嫁「コンベクションオーブンならわかるよ」

八郎「コンベクション。。。オーブン???」

嫁「そうそう、対流で加熱するからね」

嫁「焼きムラも少なくて、ノンフライ調理も出来るんだよ」

八郎「なるほど。。。」

       

コンベクションオーブンは
対流方式で加熱する、と言う事は
コンベクションヒーターも
対流方式で部屋を暖める事になりそうです。
やはりパネルヒーターの本来の役割である
パネルから直線的な熱を出す事は
期待できない事がわかりました。

      

って、これじゃあ期待できないではないかっ!
あら、いいじゃない♪どころか
全然良くないっ!

ダイニングテーブルの下に置いてみたら?

八郎「嫁ちゃん、コンベクションヒーターだから」

八郎「ダイニングテーブルの下においても」

八郎「暖かい空気は天板の下に溜まって」

八郎「足元は暖かくならないと思うよ」

        

わかりきった事を自分自身に言い聞かせているようで
喋っている側から辛くなります。
自分でやった事なので誰に文句を言える訳もなく。。。
自己都合とは言え返品しようかしら
そう思っていた矢先。
嫁が、とんでもない事を言い出します。

       

嫁「いや、案外暖まるんじゃないの?」

八郎「は?え?え?」

        

嫁の言っている事がよくわかりません。
八郎予想では、天板の上に暖かい空気が集まって
天板の横から逃げていくんだろう
そう予想していました。
って言うかそれ一択なはず。

       

しかし、嫁には違う空気の流れ方が
見えているかもしれません。
嫁の仮説を聞いてみましょう。

        

八郎「嫁ちゃんは、ダイニングテーブルの下に」

八郎「コンベクションヒーターを置いたら」

八郎「良い感じに足元も暖まると思う?」

嫁「うん、私は結構イイ感じになるんじゃないかと思うんだよね」

コンベクションヒーターをキッチンの壁に沿って置く

嫁「コンベクションヒーターをね」

嫁「キッチンの壁沿うように置いたらね」

嫁「案外うまくいくんじゃないかって思うんだ」

我が家はダイニングテーブルを
キッチンに隣接する様に置いています。
その隣接する壁際に置いてみたらどうか?
と言うのが嫁の提案です。

https://a.r10.to/hua6eQ

こんな感じですかね。
嫁の仮説は続きます。

        

嫁「もちろん、熱せられた空気は」

嫁「天板の横をすり抜けてダイニングに抜けていくのもあると思うけど」

嫁「この対流の画像のように、ダイニングテーブルの下で」

嫁「対流してくれる空気もあるんじゃないかな」

嫁「って思うんだ(#^.^#)」

八郎「えええー。そんなうまい話あるかな?」

         

すごい嫁の仮説です。
もし、ダイニングテーブルの下で熱せられた空気の
対流が嫁の仮説通りに起こったならば
それは怪我の功名。
終わりよければ全てヨシの展開です。
しかし、そんなにうまい話は
本当にあるのでしょうか?

       

嫁「ここで、ある、ないを論じてもしょうがないからさ」

嫁「とりあえずやってみようよ?」

八郎「う、うーん。。。」

嫁「それでもダメなら返品したら?」
(次回へ続く)

        

なんと嫁のとんでも?
仮説が急浮上。
コンベクションヒーターでも
ダイニングテーブルの下が暖まる
と言うのですが、果たして本当なのでしょうか?
やってもないのにあーでもないこーでもない
と言うのは違うので、とりあえず
やってみようと言う事に。

        

果たしてコンベクションヒーターを
ダイニングテーブルの下に置いて
足元の冷え対策は無事完了するのか?
それとも、ふりだしに戻るのか!?

       

次回「コンベクションヒーターでテーブルの下の寒さ対策は出来る!」

情弱施主の、魂の叫びを聞け!

1万円以下のコンパクトなカーボンンヒーターで床冷え対策!


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コイズミ KKH-0961/W 電気ストーブ ホワイト
価格:9580円(税込、送料無料) (2022/1/18時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

±0 プラスマイナスゼロ XHS-Y410(C) 1000Wカーボンヒーター (…
価格:5680円(税込、送料別) (2022/1/18時点)



【★告知★】家づくりをしている方を応援するサイト「コダテル」で八郎のブログが読める!詳細はコチラをクリック!!
画像をクリックすると、最新記事へとジャンプします!

▼我が家で使用しているおうち関係の商品紹介しています!
▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
▼ブックマークはコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。