建築日記第1話「やっぱりおうちたてようかな」はコチラ!!

♭109 パネルヒーターのパネルが暖かくならない!と思ったら別の所から…

どうも!八郎です!!(Twitter:@eightblog_hachi)
(Twitterでも家の事やどうでもいいことを
たまーにつぶやいていますのでご笑覧下さいませ)

                  

新章
「嫁にパネルヒーターをプレゼントしたい!」
をお送りしております。

        

前回までのあらすじですが

リビングのダイニングテーブルの下の
足元が冷えると嫁や三女から
ご意見を頂戴したので
ダイニングテーブルの下に収まる
暖房機器を検討している最中です。

        

ハロゲンヒーターとカーボンヒーター
編は▼こちらから!

コンベクションヒーターと
パネルヒーター編は▼こちらから!

○○ヒーター横並び比較して
どれが一番足元冷え対策に向いているのか
検討してみた編は▼こちらから!

そして、比較検討した結果
ダイニングテーブルの下には
大きなパネルヒーターを買おう!
という結論に至り、とある商品を
購入するに至ります。

      

そしてクリスマスの25日の夜
無事パネルヒーターが到着!
まず、試運転をして見よう!
と言う事で部品を組み立てて
試運転を行う事にするんですが。。。

          

ここからまさかの(わかりきった?)
展開が待ち受けているのであります。

        

それでは、続きをどうぞ!!

デジタルが点灯したパネル部分が暖かく。。。なる?

https://a.r10.to/hua6eQ

組み立ては5分で終了。
さあ、いよいよ試運転です!

          

コンセントを指し、主電源を入れると
パチッと音がしてパネルの右上にデジタルが点灯。

        

八郎「すげえな、パネルも暖まるのに」

八郎「パネル面に液晶デジタルも搭載されているよ」

嫁「へええ、スウェーデンの技術ってすごいんだね」

       

冷静に聞けば、この感想は既に破綻している事に
気が付くはずなんですが、この時は興奮しており
事実にまだ気がついていないのであります。

        

しかし、この白いパネルの右上の
7セグの2ケタのデジタルが気になります。
「36」と言う表示は室内が36度になるような
設定の温度にパネルが暖まるのでしょうか?
まあこの辺は想像しても時間のムダなので
習うより慣れろ、考えるより使え、の精神で
「36」の7セグのまま放置してみます。

           

しかしこれだけ大きいパネル
(※幅660mm×高さ400mm)
なので、暖まったらさぞかしポカポカするんだろう
テーブル下は南国のビーチだな
そんな思いを馳せながら
パネルが暖まるのを待つ八郎です。

パネルが暖まらない。。。もしや不良品???

https://a.r10.to/hua6eQ

―5分後―

八郎「。。。」

        

電源を入れて5分が経過。
パネルから1メートル以上離れた位置に
座っている八郎。
しかし5分も経過すれば、このパネルヒーターから
「熱源」らしき暖かさを感じても
良さそうな気がするんですが。。。

        

熱源特有の暖かさの気配は全く感じられません。

         

八郎「おかしいなあ、遠いのかなあ」

        

そう思ってパネルの近くで手をかざしてみます。

            

八郎「」

       

これは。。。

全然暖かくないorz

周囲の空気と全く温度感が変わりません。
そんなバカな。。。
心の奥の底を、冷たい手で握られたような感覚に陥る八郎。
慌てて、嫁と三女の方向を見ます。
ふたりはまだ食後の話に興じているようで
コチラの異変には気がついていません。

         

早く原因を掴む必要がありそうです。

        

12セグの「36」という数字は
変わらず煌々と輝いており
その横には小さく1200wの表示
恐らく消費電力の事でしょう。
しかしこの表示が本当なのであれば
1200wとかなりの電力を消費している割に
パネルは全然温まってない事になります。

     

まさか。。。不良品の個体を引いたのか。。。

      

暗澹たる思いが八郎を包みます。

火傷を覚悟でパネルを触ってみる事に

5分経ってもパネルからは熱源らしき
暖かさを感じません。
不良品かどうかを確かめるために 
思い切ってパネルそのものを
触ってみる事にします。
(▲良い子のみんなは真似しないでね)

         

実はパネル付近はめちゃくちゃ熱くなっているかもしれませんが
一瞬さわって離脱すれば
火傷ってことにはならないでしょう。

       

意を決して、パネルを触ってみます。

         

八郎「チョン」

パネル「ひんやり」

八郎「!!!」

       

何だこれ、全然熱くなってないやん。
壊れているのか。。。
そう思い今度は警戒を解いて
パネルをベタベタ触ってみる事に。

       

八郎「ベタベタ」

パネル「ひんやり」

八郎「」

       

じぇじぇじぇ
(▲もうこれ流行ったの10年前ですよ(T_T))
これ、ハズレ個体?不良品???
どうやら運悪くとんでもない物を
つかまされてしまったようです。

          

これは。。。返品かあ。
そう思って商品の電源を切ろうとした時に
思わぬ事実を発見してしまうのです。

パネルの後ろ側が。。。熱い

https://a.r10.to/hua6eQ

電源を切ろうと思い、本体機器の上部を通った時です。

        

パネルヒーター「もああああああ」

八郎「あっつ!あっつ!ちょ、何だよコレ!!」

         

顔にものすごい熱気を感じます。
あの熱源特有の暖かさです。
え?ナニコレ?どうして上が熱いの???

        

再度本体機器の上側に手をかざしてみます。

       

パネルヒーター「もああああああ」

八郎「!!!」

         

間違いない。パネルヒーターから何か熱いものが出ています。
暖められた空気、とでも言いましょうか?
この機械から暖められた空気が出ているのは
どうやら間違いないようです。

        

じゃあ、どこから出ているのか。。。
それを冷静に見てみる事にします
すると。。。
どうやらパネルヒーターの裏から
熱せられた空気が出ている事が判明するのであります。
(次回へ続く)

       

はい、買い間違えましたねー。
読者の皆様もお察しだと思いますが
これは

パネルヒーターではありません

パネルヒーターと思ってパネル部分が
放熱される事を期待していた八郎。
しかし、放熱は本体の上部から行われているこの機器。

        

八郎はいったい、この機器をどうするのか?
返品?そのままどうにかして使う?

         

次回「買ったのはパネルヒーターではなくコンベクションヒーターだった」

情弱施主の、魂の叫びを聞け!

1万円以下のコンパクトなカーボンンヒーターで床冷え対策!


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コイズミ KKH-0961/W 電気ストーブ ホワイト
価格:9580円(税込、送料無料) (2022/1/18時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

±0 プラスマイナスゼロ XHS-Y410(C) 1000Wカーボンヒーター (…
価格:5680円(税込、送料別) (2022/1/18時点)



【★告知★】家づくりをしている方を応援するサイト「コダテル」で八郎のブログが読める!詳細はコチラをクリック!!
画像をクリックすると、最新記事へとジャンプします!

▼我が家で使用しているおうち関係の商品紹介しています!
▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
▼ブックマークはコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。