建築日記第1話「やっぱりおうちたてようかな」はコチラ!!

♭057 コストコオンラインセールでおとり広告?9万8千円の液晶テレビが4万7千円なんだけど…

どうも!八郎です!!(@eightblog_hachi)

         

「東京五輪あるしテレビ買い替えるか」
シリーズをお送りします。

        

前回までのあらすじですが、

      

普通に買い物にコストコに行った際に
入口のテレビ販売コーナーにて
立ち止まって商品を見てしまった事で

八郎家の運命が変わろうかとしています。

55型の液晶テレビの型落ちだったら
10万円を切る価格で販売しているではありませんかっ!?
突如湧き上がるテレビ買い替えたい要望!
これを我が家の将軍様でもあり
CEOでもある嫁に打診すると
何と!一発OKの回答がっ!!!!

        

しかし、ここでも八郎家名物
「家電に求めるモノ」が夫婦で
決定的に異なっている事が露呈。

       

八郎は「有機EL」だの「120fps」だの
スペック面を重視ているのに対し
嫁は「テレビの脚」だの「画面はデカい方がいい」
だの、見た目を重視した要望に終始しています。

そこから更に突拍子もない事を言い出す嫁。
早くも八郎家のテレビ探しは沼にはまり込みます。。。

      

しかし、嫁の希望の65型のテレビを採用すると
テレビボードから5cmはみ出るだけでなく
隣にある縦滑り出し窓にかかりそうな事が判明。

よって、嫁はテレビボードのサイズ内に収まる
最大の大きさの60型の液晶テレビに
候補を絞ろうとしています。

      

しかし、60型のテレビを生産しているのは
ほぼSHARPのみ。自ずと選択肢も狭まってしまいます。
そして、八郎は八郎なりに思う所があり。。。
どうしても有機ELテレビをゲットしたかったので
海外のメーカーに目を付けていたのです。

国産メーカーシャープを推す嫁に対し
海外メーカーを猛プッシュして
自分の想いの有機テレビを購入する
説得を試みる
んですが。。。

嫁は「液晶と有機EL、どっちの画質が良いのかよくわからんっ!」

とけんもほろろな態度。
結局その日はテレビは買わずに退散。
アマゾンのタイムセール祭りを待ちつつ
お気に入りリストに八郎の気になる
液晶テレビや有機ELテレビをぶち込んで
ゲリラタイムセールを待ちますが。。。
オリンピックが終わっても
テレビを買い替えるには至りません。

そんな中、コストコオンラインのメールマガジンが
八郎家のテレビ選びに大旋風を巻き起こすのでありますが。。。
果たして、どんな旋風を巻き起こすのか!?

      

あ、今日のブログの題名を見て
「お前『おとり広告』の意味わかってる?」
と言われそうですが(笑)
最後に意味がつながるようにお話ししたいと思います。

        

ちなみに余談ですが、テレビの基礎の基礎の情報を
まとめた回
もありますので
良かったらご覧になってください。

それでは、続きをどうぞ!!

コストコオンラインのメールの衝撃

結局東京オリンピックが終わるまでに
テレビを買い替える事も出来ず
空しく1日1日経過し、八郎もだんだん
テレビの買い替えに対する熱意が冷めつつあった
そんなある日、八郎のGmailのメールボックスを
すさまじいメールマガジンが襲います。

        

基本的に企業からのメールマガジンの類は
殆ど見ることなくメールボックスに溜まっていくんですが
たまたま、とある日、仕事を終えてGmailをチェック。
(と言っても題名だけ確認して中身は殆ど読まない)
そんな中に、普段1回も開いた事も無いメールが目に留まります。

          

【Costco Online】今週の特別価格アイテムを今すぐチェック!

       

八郎は、一応コストコオンラインの会員登録もしています。
何のことはない、オンラインの会員登録を店頭で実施すると
コストコのデカトートバックが無料でもらえる
という撒き餌に飛びついただけの話であって
オンラインは1度も利用したことがありません。
(でも、モノによってはそこそこ安いのもある)

         

そのコストコのメールの題名が目に触れて
メールをクリックする事で
我が家のテレビ買い替えに
新たな突風が吹き荒れるのであります。

         

八郎「どれどれ。。。」

         

スワイプしながらお買得商品を見ていくと
中段辺りにテレビが掲載されているではありませんか。
ほうほう、どれどれ。。。

        

な、なんだとぉ。。。

       

目を疑う内容が飛び込んできます。

55型液晶テレビが9万7777円が4万6777円?

※オンラインセールのメールの画面をそのまま切りぬき

中段の頃合いに掲載されている55型テレビ。
何気に目を走らせてみると
まずはその価格にびっくり!

\97,777 ▶ \46,777

※上の画像は、オンラインセールのメールの切り抜きです。

         

八郎「工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工」

       

何とお値段半額強!
驚異の5万1000円引き!!
これは何かの間違いではないのでしょうか!?

        

しかも驚くべきはこの商品の型番とスペックです。
最近ハイセンスやLGの液晶・有機ELテレビを
ちょこちょこ調べていたのでピンと来たのですが
この「U8F」シリーズ。

ハイセンスU8F55型液晶テレビ 引用:https://amzn.to/3zfNzVj

スペックは何と現行(2021年8月時点)では最新スペックなんです。

てっきり価格の割り切り方から
2-3年落ちくらいのイメージでしたが
何と液晶テレビ現行最新スペック!!
(▲ちなみにその左側は有機ELテレビのスペック)

       

簡単に言えば

ハイセンス55型最新スペック液晶テレビ半額(約5万円引き)

なわけです。これは転売ヤーもこぞって買いかねない価格です。

メールの配信時間は16:01、今の時間は17:40…

メールの配信時間を見ると16:01。
今の時間は17:40。。。
既に1時間40分が経過しています。

       

果たしてまだ残っているのか?

      

そんな思いが頭をよぎります。
メールの見出しには限定数量は
具体的には表示されていませんが

「数量には限りがあります」

という文言が。
しかし、これくらい過激な価格の場合
それなりの数量を準備しないと
「おとり広告」
ともとられかねない程の内容です。

       

簡単に言えば

       

チラシには掲載されており
めちゃくちゃ安いので
いざ開店5分後のお店に行ってみれば
もう既にチラシ商品が無かった。

       

なんて場合はどれだけ数量を準備していたのか
が問題になってきます。(これはリアル店舗の例ですが)
例えば、この10万近くするテレビを5万円で販売します!
と表示しながらも、お店が用意したテレビは
わずか2台しかなかったりすると。。。

(2)取引の申出に係る商品・サービスの供給量が著しく限定されているにもかかわらず、その限定の内容が明りょうに記載されていない場合のその商品・サービスについての表示

引用:「おとり広告に関する表示」(平成5年公正取引委員会告示第17号)

という項目に該当する事になります。

       

ちなみにに「住宅業界あるある」の
「不動産おとり広告」
がありましたね。
こちらの方がイメージは湧きやすいかもしれないので
八郎の説明じゃよくわからん!と言う方は
コチラをお読みになってください。
こちらはそもそも物件(土地)なんて存在しないか
存在はしているけど販売は出来ない(する意思がない)ため

④ 広告、ビラ等において写真等により表示した品揃えの全部又は一部について取引
に応じることができない場合

引用:「おとり広告に関する表示」等の運用基準

に当たると思われます。

       

さて、1時間40分後のネットの会場に
55型液晶テレビ最新スペックは
まだ残っているのか!?

      

換気と不安に気持ちを挟まれつつ
リンク先をクリックする八郎。

          

運命のクリック先の結果は!?
(次回へ続く)

      

という事で、明日はリアルタイムだと
日曜日ですので日曜の20時を
心待ちにしていただければ幸いです(笑)

        

ただ、昔からこのブログをお読みの方は
ご存じかと思うんですが
だいたい次回予告を読んじゃうと
次の展開がもろバレなのか
当ブログの難点なんですよね(笑)

       

なので、結果を知りたくない方は
この辺でブラウザを閉じることを
オススメします。。。

      

さて、リンク先に待ち受ける結果は?
そして、八郎家には最新スペック液晶テレビが
半額でテレビボードの上に鎮座するのか!?

        

次回「激怒!コストコカスタマーサポートの返答になっていない返答」

情弱施主の、魂の叫びを聞け!

【★告知★】家づくりをしている方を応援するサイト「コダテル」で八郎のブログが読める!詳細はコチラをクリック!!
画像をクリックすると、最新記事へとジャンプします!

▼我が家で使用しているおうち関係の商品紹介しています!
▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
▼ブックマークはコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です