建築日記第1話「やっぱりおうちたてようかな」はコチラ!!

♭052 新しいテレビへの要望 スペック重視の俺とデカけりゃいい嫁とのせめぎ合い

どうも!八郎です!!(@eightblog_hachi)

         

新章「東京五輪あるしテレビ買い替えるか」
をお送りします。

        

前回までのあらすじですが、

       

テレビが全然壊れていない、バリバリ映る状態なのに
ただただ画面が小さい、という理由だけで
買い替えようかなあ。。。

とか思ってしまう情弱旦那、八郎。

しかし、よくよく考えてみれば
我が家のテレビ稼働率は
1週間稼働ナシがザラ(笑)
そんな全く似ていないテレビに
お金をつぎ込むのもねえ。。。
という感じで立ち消えになっていました。

      

。。。なっていたんですがっ!
コストコ入口のテレビ販売コーナーにて
立ち止まって商品を見てしまったのが運の尽き?

55型の液晶テレビの型落ちだったら
10万円を切る価格で販売しているではありませんかっ!?
突如湧き上がるテレビ買い替えたい要望!
これを我が家の将軍様でもあり
CEOでもある嫁に打診すると
何と!一発OKの回答がっ!!!!

        

こうして八郎家のテレビ買い替え大作戦が
始まるのであります。。。

       

ちなみに、テレビの基礎の基礎の情報を
まとめた回
もありますので
良かったらご覧になってください。

そんな事誰でも知ってるよ!
と言う話で恐縮ですが。。。

       

それでは、いよいよ本格的に
テレビ探しが始まるんですが。。。
早くも「沼」にはまり込んでしまいそうな
八郎夫妻であります。。。

       

それでは、続きをどうぞ!!

約10年選手の我が家の液晶テレビの不満点

八郎家が最後にテレビを購入したのは2012年。
約9年前になります。
裏の型番を見れば2011年制3月製造でした。
製品的には10年選手になります。

      

メーカーはSHARP。
記憶が定かではありませんが
昔はSHARPの液晶や
「世界の亀山モデル」といった文言が
もてはやされていたんですが
その辺がどうも下火になってきたような気がする
そんな時代だったように思えます。
あくまでも私見、ですが。。。

      

型番はLC-40V5 40型(インチ)のようです。
画素数は1920×1080なので
当時はフルハイビジョンと言われた
2Kのテレビであることがわかります。

      

そんな10年前の液晶テレビなんですが
10年経ったから不満なのか
性能的なものがわかって不満なのか
定かではないんですが(笑)
ちょっとした不満が出てきました。

      

それはF1やサッカーなどの
スポーツシーンのように画面が高速で変わるときの
画面のチラつきや残像です。
テレビの性能が上がれは改善されるのかわかりませんが
そこは結構気になっていました。
それが液晶テレビの限界なのかもしれませんが
次回、テレビを買うなら、その問題は
クリアできたテレビを買いたいと思っています。

有機ELテレビか120fpsに対応した液晶テレビ

引用:https://www.lg.com/jp/tv/lg-oled65g1pja
左が有機ELの画像、右が液晶の画像(イメージ)

昔は「有機ELパネル」を用いたテレビが出た当初は
値段が信じられないくらい高く

       

八郎「たっか!クソたっか!!」

     

としか感じられませんでした。
記憶が間違っていなければ液晶の2倍近くしたような気がします。
正に、高値の花子さん。

       

そして、同時にこう思った記憶もあります

      

八郎「量産され、技術が進めばコストも下がるからそれまで待ってみよう。高いままの状態が続けばテレビへの導入は諦められ商品が消えるはず。。。」

       

そして、10年後の八郎のヨミは前者に傾いたようです。
まだ、液晶に比べて有機ELが高いですが
2倍とかいう価格は無くなりました。
どうかすれば1.2倍程度で買えるもの出てきました。
有機ELテレビが買いやすい時代がやってきたのです。

      

有機ELテレビの特徴は何と言っても
「黒色」の表現です。
液晶はどうしても常時点灯しっぱなしの中で
黒色を表現しないといけないので
この黒を表現した後他の色を表現したときに
残像的に見えてしまう事があります。

     

しかし有機ELの場合は発光をしないで
つまり画面を1部消灯させることで
「黒色」を表現する事が可能です。
色が必要な部分のみ発光させればよいので
明暗のメリハリがつくので
より鮮明な画像を楽しむことが出来ます。

      

液晶テレビを購入する場合は
120fpsのフレームレートに対応した
商品を欲しいと密かに思っています。
これはいわゆる「倍速機能」という
60fpsのレートを疑似的に機械処理して120fpsに
変換する機能ではなく、最初から120fpsの
フレームレートに対応したテレビです。

      

ただ、これはあくまで有機ELテレビの夢が絶たれた時の
最後の手段ですので、あくまで第一希望の
有機ELを全面的に推していきますよ!!

      

自分の中ではこんな感じで要望をまとめてましたが
嫁の希望もあるだろうし
価格の上限もあるだろうし
この辺は嫁と相談しながら決めないといけない所でしょう。

嫁のテレビへの希望は。。。

しかし自分の希望だけでテレビが変えないのは
十分に分かっています。
ここは、我が家の将軍様でありCEOでもある
嫁に、どのようなテレビがいいのか聞いてみる事に。

        

今の間に、嫁も自分の思い思いのテレビを
見て回っているようです。
漸く嫁の姿を見つけたので
質問をしてみる事に。

      

八郎「嫁ちゃん!」

嫁「なーにー?」

八郎「嫁ちゃんが欲しいテレビって、どんなヤツ?」

嫁「うーん。。。」

        

嫁が欲しいテレビの条件って何だろう???
そんな事を考えつつ嫁の返事を待っていたら
とんでもない答えが返ってきます。

         

嫁「まず。。。脚、かな(#^.^#)」

八郎「」

      

あまりに想像からずれた返答に言葉を失う八郎。

       

嫁「カッコ悪い脚は、嫌だなあ。。。」

八郎「あ、脚ですか。。。そうですか。。。」

嫁「見た目が残念なのは×だなあ」

         

さすが「家電もインテリア」という名言?迷言?
を残している嫁。まずテレビの脚を条件として出す
はちゃめちゃぶりに、唖然としてしまいます。

          

嫁「あー、それとお。。。」 

八郎「うん。。。」

嫁「大きいテレビがいいなあ、うーんと大きいの」

八郎「なるほど」

       

これはわかる気がします。

我が家はテレビ台が大きくて
肝心のテレビが大きくないんです。
テレビもこれをきに、大きくしたい!
と言う気もちはとても良くわかります。

      

わかるんですが!
次の瞬間、嫁がまた訳の分からない希望を言い始めるのです。

       

嫁「テレビ台からはみでても良いので大きなテレビがいいっ!」

八郎「工エエェェ(´д`)ェェエエ工」
(次回へ続く)

        

八郎のテレビに対する思い
嫁のテレビに対する思い
これまでの家電検討編でも
何度なく思いの違いがあったので
何となく予想はついたのですが
まさかテレビの脚を指摘されるとは。。。

      

そして、嫁が突き付けた
「テレビ台よりデカいテレビ」
これは本当に見た目とか大丈夫なのか???
不安しかないテレビ探索は続きます。

        

次回「カッコ悪くない?テレビ台よりデカいテレビ設置したら」

情弱施主の、魂の叫びを聞け!

【★告知★】家づくりをしている方を応援するサイト「コダテル」で八郎のブログが読める!詳細はコチラをクリック!!
画像をクリックすると、最新記事へとジャンプします!

▼我が家で使用しているおうち関係の商品紹介しています!
▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
▼ブックマークはコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です