建築日記第1話「やっぱりおうちたてようかな」はコチラ!!

#378 嫁は「デザイン」と「横文字」に弱かった

どうも!八郎です!!(@eightblog_hachi)

         

       

不仲の妹に、新築祝いを買ってもらうため
ヨドバシカメラに来ています。

紆余曲折ありましたが!
諭吉さん14人分のハイスペックのオーブンレンジ
パナソニック社のビストロSE-1500を
妹に買ってもらいました!

      

SNSでも
「何て優しい妹さんなんだ!」

と妹の株は爆上がり!
そして、小生の株は。。。

STOP安
の状況です。。。
(誰だ!?いいねしてるヤツは(笑))
しかし、ここから更に
八郎の株式は
上場廃止になってしまうのではないか!?
というゲスな策略を張り巡らします。

詳しい話は上に譲りますが、
3行でまとめると

①妹が買ったオーブンレンジに付いてきたヨドバシポイントで
②嫁が欲しがっている
③電気ケトルを買う

という話です。
まずは、嫁が何で新しく電気ケトルを買おうとしているのか
というお話から。
その理由は、よくわかるような、
全くわからないような。。。
何とも言えないお話でした。

       

それでは、続きをどうぞ!!

今の電気ケトルにご不満の奥さま

嫁「はーちろーちゃんっ♪」

八郎「」

      

ハイ来ました。
当ブログを最初からお読みの方はご存じと思いますが
嫁のこの呼びかけパターンは、
何かしら色々面倒になるパターンです。

タブレットを触る女性

嫁「怒らずに聞いてくれるぅ?」

八郎「。。。そんなの内容聞かないと判りかねます」

嫁「もおーぅ、いけずぅ~」

八郎「。。。恐らくブログの読者の7割はその表現わからないから」

嫁「えっ。。。そうなの。。。ワタシ、オバサン?」

八郎「で、なに?」

嫁「うん、これなんだけどね。。。」

      

そう言うと、嫁が持ち出してきたのは電気ケトル。
我が家では、コーヒー星人の嫁が、
毎日コーヒーを飲むのに多用しているヘビーユーザー代表。

      

一方の八郎は冷たい飲み物を年中飲み続ける人おこちゃま代表。
水や麦茶をこよなく愛し、猫舌でもあります。
この辺からもお互いの嗜好が
天と地くらい違うのが伺い知れるのですが。。。
なので、八郎にとって電気ケトルは
全く興味の対象から外れています。

         

嫁「ちょっと、不満があるんだよねぇ。。。」

八郎「え、どこか壊れてるの?」

嫁「いや、普通に使えるんだけど」

八郎「はいー、解散ー、終了ー、へいてーん」

嫁「ちょ、ちゃんと聞いてよ~」

        

どうせろくでもない理由なんでしょうけど
あまりにも一方的にシャットダウンすると
へそを曲げそうなので、聞いているフリをして
適当にあしらう作戦を立てます。

         

八郎「わかったわかった、何が不満なの?」

バルミューダの電気ケトルが欲しい理由

出典:https://www.balmuda.com/jp/pot/design

嫁「このねぇ、『口』の部分が不満なんだ」

       

ほほう。。。
ちょっとまともな理由かもしれません。
まあ、耳を傾けてみましょう。

        

八郎「ふーん、何が不満なの?」

嫁「うん、『液だれ』するんだ」

八郎「『液だれ』?」

嫁「まあ、液だれ、って言ってもお湯なんだけど」

嫁「電気ケトルを傾けて、お湯を注いで、傾きを元に戻す時にね」

八郎「(コクコク)」

嫁「お湯のキレが悪くて、垂れる事があるんだ」

八郎「あー、なるほど」

       

これはわかる気がします。
自分もインスタントラーメンや
粉末のスープをお湯に戻す時に使う事があるんですが
ドボドボドボーっとお湯を注いで
さっと切り上げると、ポタポタ―っとお湯が垂れる事があります。
恐らく、その事を言っているのでしょう。

      

八郎「でも、それって、使い方の問題もあるんじゃないの?」

       

その話を嫁に振ると、嫁の顔つきが「猫」に変わります。
あ、マズったな。。。
嫁の何かのスイッチを押してしまった事を悟る八郎。
これは、嫁の展開通りに事が進んでいることを示しています。

嫁「でもね。。。」

              

嫁はニコニコしながらスマホを差し出します。

        

嫁「こんなタイプの注ぎ口だと」

嫁「お湯が垂れなくて済むんだよね♪」

           

あ、直感で何かイヤな予感しかしません。
まあ、でも写真を見るくらいなら、
そう思って写真を覗いてみます。

      

嫁「ほら、いいでしょ~(#^.^#)」

出典:https://www.balmuda.com/jp/pot/design

八郎「ふーん。。。」

      

何気なく電気ケトルを眺めますが
シンプルな以外は取り立てて
問題もない電気ケトルです。

        

嫁「ほら、クロームもあるんだよ~かっこいいよね(#^.^#)」
スマホスススッ

八郎「おー、これは確かにかっちょええかも!」

嫁「バルミューダって言うんだよ~(#^.^#)」

八郎「(出たよバルミューダ。。。)」

       

バルミューダは前回の
オーブンレンジのお話でも出てきましたが
クソ高いお値段のメーカーの商品です。
デザインは素晴らしいのかもしれませんが、
デザインなどどうでもよく
スペックさえよければすべてヨシ!
の家電の考えの持ち主の八郎には
一生受け入れられそうにないメーカーです。

どうせまた、クソ高いんだろうなあ。。。
そう思って下にスクロールさせると
白と黒のシンプルなデザインで

1万2千円

もホームページが要求しているではありませんか(笑)


お湯を沸かすのにいちまんにせんえん。。。
軽くめまいを覚えながら、クロームの電気ケトルを見ると

4万円


詳しい話はこちらに譲ります(笑)

いやいやいやいや。。。
クロームの電気ケトル4万円は論外ですが、
ノーマルの1万2千円も大概です。
ここは、バルミューダに替わる代替案を提示してみましょう。

それは、お気に召さない奥さま

嫁の買い替えたいポイントは
お湯が垂れるのを防ぐ
です。ならば!

バルミューダの様な注ぎ口の電気ケトルを見つける

ればよい訳です!!

       

八郎「嫁ちゃん、ちょっと待ってね」

嫁「。。。」

        

取り敢えず電気ケトルを探してみると。。。
ありましたよ!
注ぎ口が、うにょん!とした電気ケトルが!!

         

八郎「これなんかどう?」

嫁「。。。」

       

嫁は、やや不満そうな顔をして、
八郎のスマホを覗き込みます。


八郎「安心国産!お値段6700円!!バルミューダの半額くらいだよ!!!」

嫁「」

         

嫁は明らかに不満そうです。
何が不満なのか、皆さまもお考え下さい。
取り敢えず比較画像を連続して載せます。

        

まず、バルミューダ。


そして、今回のアイリスオーヤマのヤツ。


ほら!見た目殆ど一緒じゃないですか!?
何がいけないというんでしょうか???

        

八郎「嫁ちゃん。。。何がいけないのかな?」

嫁「うーーーん。。。」

八郎「???」

嫁「な、なまえ、かな」

八郎「名前?」

嫁「。。。オオヤマ、ノアタリガ…」

八郎「」

(※八郎・注:決してアイリスオーヤマさんの商品をディスっている訳ではありません、ご了承ください(汗))

      

要はブランド志向、なんでしょうか?
簡単に言えば、バルミューダだったらかっちょええけど、
アイリスオーヤマだと、ちょっと。。。
と言う事でしょうか?

       

先ほども写真を並べましたが
見た目殆ど一緒なんです。
嫁の不満が本当なのであれば、
あのデザインで解決できるはずなんです。

      

でも、バルミューダの商品が良い、と言う事は
そう言う事なんだ、と思ってしまった八郎でした(笑)
(次回へ続く)

        

多分、デザイン入れ替えて
アイリスオーヤマの商品にバルミューダのロゴを入れて
バルミューダの商品にアイリスオーヤマのロゴを入れれば
嫁は、たぶん逆を指名すると思います。

   

やはりブランドのネームバリューは偉大ですね(汗)
さて、とは言え、希望通りバルミューダの電気ケトルは
お金がかかり過ぎるので、
違うメーカーを探しましょう。

       

バルミューダの電気ケトルより安く
でもバルミューダに近い海外メーカーで
あのデザインに酷似する商品は見つかるのか!?

         

次回「デロンギの電気ケトルをお買い上げ?」

【★告知★】家づくりをしている方を応援するサイト「コダテル」で八郎のブログが読める!詳細はコチラをクリック!!
画像をクリックすると、最新記事へとジャンプします!

▼我が家で使用しているおうち関係の商品紹介しています!
▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
▼ブックマークはコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です