建築日記第1話「やっぱりおうちたてようかな」はコチラ!!

#531 セキスイハイムの磁器タイル外壁は鳥のフンも簡単に洗い流せるスグレモノだった!

どうも!八郎です!!(@eightblog_hachi)

         

「分譲地のハトポッポの糞害に憤慨(# ゚Д゚)」
をお送りしています。

        

ちなみに以前のシリーズで
分譲地の家庭から出る生ごみを
つけ狙う鳥獣の話をさせていただきました。

まだご覧になられていない方は
是非こちらの方もご覧ください。

       

まず、ハトポッポの糞害に悩まされるのには
理由がありまして、八郎が住んでいる分譲地の近くの
ガソリンスタンドがリニューアルオープンしたのが
直接の原因となる訳なんですが。

リニューアルした洗車待避所に、洗車ユーザー待望の
「屋根付きの待避所」
が出来た事が、この混乱の始まりとなります。

       

この屋根裏にハトポッポが集まり出したのです。
最初見た時はポツポツくらいだったハトポッポが
1週間後には大量発生するという悪夢が。

       

そこでガソリンスタンドは屋根裏が
ハトポッポの住処にならないように
対策を施してきます。

すると行き場を失ったハトポッポが
八郎が住む分譲地に大挙して
押し掛けてくるのであります。

       

早朝からの
「ポーポーッ、ポッポー♪」の大合唱
しかも輪唱付き(笑)
そして、激しい絨毯「フン」撃。。。

        

視覚(汚い)・聴覚(ポッポー♪)・嗅覚(異臭)を襲う
激しいハトポッポの攻撃に立ち向かうべく
早朝5時過ぎ、八郎が決起。
これから、ハトポッポ対策へと向かうんですが。。。

        

果たして何らかの有効な手段を
持ち合わせているのか?

       

それでは、続きをどうぞ!!

ハトポッポを撃て!

時間はまだ早朝の5時。
しかし、早くハトポッポのフン害も確認され
ポッポー♪の大合唱をこのまま看過する訳には行きません。
八郎、フン起します。
あ、ここのフンは違う、奮起します。

        

八郎「嫁ちゃん!」

嫁「ありがとう!」

八郎「へ?」

嫁「ハトポッポ対策してくれるんでしょ!?」

八郎「あ、ああ、まあ、そうだけど。。。」

嫁「頑張ってね♪」

八郎「え?ひとり???」

嫁「家の中から応援しているから!」

八郎「」

嫁「何かあったら呼んでね!」

八郎「お、おう」

嫁「行けるかどうか、わからないけどw」

八郎「」

       

かくして、分譲地の危急存亡の秋。
早朝のハトポッポ対策が始まります。

       

とりあえず玄関の外へ出てみる事に。
控えめに言っても
ポッポー♪ポッポー♪うるさいです(笑)
会話をしているのかわかりませんが
至る所でポッポー♪ポッポー♪言ってます。
まずは、これを黙らせたい所。

        

日本に銃刀法など無ければ
ウージサブマシンガンをハトポッポにぶっ放し
追い払いを掛けるんですが
残念ながらここは日本。
そんな映画や漫画の世界でやるような事は出来ません。

       

とりあえず上を見上げると
陸屋根の桟にのうのうと居座るハトポッポを発見。
他の家も屋根のてっぺんやその付近
また電線に多くのハトポッポが止まっています。
今までの分譲地の様相とは全く違います。
これまで、電線にはよく止まっていましたが
屋根の上に止まっているハトポッポは
ほとんどいませんでした。

      

僅か1日で、ここまで様相が変わるとは。。。

       

そして、気を引き締めなければいけないのは
ガソリンスタンドの前例です。
わずか1週間で、数羽だったハトポッポが
一気に増殖して、手が付けられなくなった
事例をこの目で確認しているのです。
もし、このまま放置したら、この分譲地は

        

ハトポッポのフンだらけの分譲地になりかねない

       

と言う事です。
本日の積雪ならぬ
積フン予想は2cmの見込みです
なんて言われかねません。
大雪警報ならぬ「大フン警報」が出たりするかもしれないし
暴風雪警報ならぬ「暴風「フン」警報」なんぞ出ようものなら
外を歩いたらクソまみれです。
それは、何が何でも避けないといけません。

      

しかし。。。何か有効な手立てはあるのでしょうか?

放水っ!

ポッポー♪ポッポー♪と
大合唱が鳴り響いている中
必死で考えていると
視界の端に、草木に水やりする
ホースが視界に入ります。

       

そうか、これでハトポッポを撃退すれば。。。

          

普段はシャワーモードで庭の草花に水遣りをしている
ホースですが、ノズルを捻って、細くて勢いのある
放水モードにすれば、2階まで届きそうな気がします。

           

そうと決まれば即実行!
庭には2カ所の蛇口がほぼ対角線上に設置しているので
これでほぼ全域をカバーできます。

        

隣近所に放水しないように気をつけないといけませんが
ハトポッポを撃退するのには
これが手っ取り早そうです。

          

八郎「くそう、ハトポッポめえ、見とけよ。。。」

       

ノズルを構えてハトポッポをロックオンします。
ハトポッポ、なんのこっちゃい
と言う感じでガン無視。
ふふふ、ここから水が出るなんて、よもや思うまい。。。
よし、一気に行くぞ!放水っ!!

         

ホース「ジョジョジョジョジョーッ」

             

ほぼ真上に放水したことが無いので
どんな状況になるのかいまひとつ想像できなかったんですが
意外に真上には放水が勢い良く行かない事がわかります。
屋上の桟に居座っているハトポッポに僅かですが
届きません。。。

       

ハトポッポも最初、羽をばたつかせて
飛び立とうかとする様子を見せましたが
水が届かない事を知るや否や
居座りを決め込む始末。
何とも小生をイラつかせてくれます。

       

何とかハトポッポに届くようにと
真上に放水しようとすると
放水が落下するともれなく自分に降りかかってくることを発見。
これではドリフのコントよろしく

       

「だめだ、こりゃ♪」

     

と言うしかなくなります。。。

         

くそう、かくなる上は。。。

           

倉庫から脚立を持ち出して
それなりの所まで登って再度放水(笑)
今度は屋根上までしっかり放水が出来て
ハトポッポも仕方なしに飛び立っていきます。

        

しばらく、飛んで行っては別のハトポッポが止まり
放水しては飛んでいき、また別のハトポッポが止まり。。。
と30分程格闘した結果。
とりあえず、我が家の屋上にハトポッポの姿は無くなりました(笑)

タイル外壁は水洗いでフンが落ちるスグレモノ

次はフン害の後始末です。
昨日の嫁のレポートにもあったように
駐車場の土間コンクリートにも
複数の爆撃を確認。
これは最後にデッキブラシでこするとしましょう。

        

周囲を見渡すと。。。
結構タイル外壁の側面もやられています。
乾燥して干からびる前に
放水して洗い落としておきましょう。

         

八郎「おりゃあっ!フンよ、さらばっ!」

ホース「ジョジョジョジョジョーッ」

八郎「!!!」

       

これはすごいっ!
一気に洗い流れます。
洗い残しが出来たらどうしようとか
ちょっと不安に思っていたんですが
全くそんな心配なく、すいすい流せます。
さすが、セルフクリーニングに近い機能
持っているだけの事はあります。

        

嗚呼-っ、お金かけてタイル外壁つけといてよかったあ!
と、ガチで思った瞬間でした。
その後も、タイル外壁にこびりついたフンは
放水でもきれいに洗い流せるんですが
何と!雨でもきれいに洗い流してくれ事が判明!!
外壁のメンテナンスは本当に超楽であることが
この、ハトポッポ襲来で明らかになりました。

        

車や駐車場の土間コンに爆撃されたフンを落とすのは
なかなか骨が折れる仕事でしたが
この後、他の家でも様々なハトポッポ対策が取られた結果
居座ハトポッポの数もどんどん減っていき
3か月後にはいつもの平和な分譲地に
戻ることが出来ましたとさ。
(次回へ続く)

       

という事で、ハトポッポの糞害に憤慨シリーズ
これにて終了です。
1軒家のごみ出し対策や
外壁のメンテナンスが浮き彫りになった事件でした。
もし、これから家を建てる方
入居寸前の方は参考にしていただけると幸いです。

       

さて、入居して半年。
少しずついろいろと落ち着いてきた八郎家に
今まで見えなかったものが見えるようになってきました。

       

いや、あえて見ないようにしていたものが
イヤでも見えるようになってきたのかもしれません。

         

果たして、それは何なのか?
そして、夫婦で一念発起して
とある大改造計画が始まるのであります。

         

次回「分譲地でもワースト3に入るショボい外構の我が家」

情弱施主の、魂の叫びを聞け!

【★告知★】家づくりをしている方を応援するサイト「コダテル」で八郎のブログが読める!詳細はコチラをクリック!!
画像をクリックすると、最新記事へとジャンプします!

▼我が家で使用しているおうち関係の商品紹介しています!
▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
▼ブックマークはコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です