建築日記第1話「やっぱりおうちたてようかな」はコチラ!!

#530ガソリンスタンドが対策したら、分譲地に移動してきたハトポッポ軍団

どうも!八郎です!!(@eightblog_hachi)

         

「分譲地のハトポッポの糞害に憤慨(# ゚Д゚)」
をお送りしています。

        

ちなみに以前のシリーズで
分譲地の家庭から出る生ごみを
つけ狙う鳥獣の話をさせていただきました。

まだご覧になられていない方は
是非こちらの方もご覧ください。

       

まず、ハトポッポの糞害に悩まされるのには
理由がありまして、八郎が住んでいる分譲地の近くの
ガソリンスタンドがリニューアルオープンしたのが
直接の原因となる訳なんですが。

リニューアルした洗車待避所に、洗車ユーザー待望の
「屋根付きの待避所」
が出来た事が、この混乱の始まりとなります。

       

この屋根裏にハトポッポが集まり出したのです。
最初見た時はポツポツくらいだったハトポッポが
1週間後には。。。

       

そしてここからガソリンスタンドが
ハトポッポ対策に乗り出す訳なんですが。。。
そして、八郎が住む分譲地の運命が
変わってしまうのです。。。

        

それでは、続きをどうぞ!!

分譲地に出現し始めるハトポッポ

―とある日の夜―

八郎「ただいまー♪」

嫁「八郎ちゃん!八郎ちゃん!」

八郎「え、どうしたの???」

        

仕事から家に帰ると、お帰りー♪もなく
いきなり名前を連呼される八郎(笑)
これは今日、八郎がいない間に何かが
あったサインです。

        

嫁「今日さあ、鶏の糞が酷かったんだよぉ(T_T)」

八郎「え、鶏の糞。。。?どれくらい?」

嫁「車も2-3発被弾してたし」         

嫁「駐車場の土間コンや外壁にも結構ついてて(T_T)」

八郎「むう。。。」

        

今まで鶏の糞なんて週に1回被弾するかどうかくらいでした。
それがいきなり1日で10カ所を越えそうな勢いで被弾しています。
いったいなぜそんな事が起きるんでしょうか?
何か、環境の変化でもあったのか。。。

         

嫁「それがさあ、ハトポッポの鳴き声が頻繁にするんだよねぇ」

八郎「!!!」

嫁「なんか、一気にハトポッポが増えた感じがするんよ」

八郎「まさか。。。」

         

ここまで来て、ピンと来てしまう八郎。
まさか。。。ついに。。。
ガソリンスタンドが手を打ったのか?
だとすれば、分譲地に鳩が増えてしまうのも
合点がいきます。

          

八郎「ちょっと、給油行ってくる!」

嫁「ええ?風呂とかご飯はいいのぉ?」

八郎「うん、給油終わってからでいいよ!」

       

とりあえず、例のガソリンスタンドがどうなったのか
確認をするのが先決です。

対策を打ってきたガソリンスタンド

―スタンドに到着―

       

セルフ給油をしながら洗車場の方を一瞥すると
屋根裏のそれまで開口して場所に
グリーンのネットがかかっているのが見て取れます。
やはり対策が施されたようです。

          

給油後、洗車後の退避場へ移動。
あの何とも言えない、吸ったら絶対に
肺を悪くしそうな気しかしない異臭も消えています。
屋根裏の隙間にはグリーンネットが2重に施されており
ハトポッポが入れる隙間も余地もありません。

         

やはり、スタンドはハトポッポ対策を実施したようです。
もし、これを今日実施したのなら。。。
行き場を失ったハトポッポ達が
とりあえず分譲地にやってきた。。。

       

そう考えるのが妥当でしょう。
そこにたまたま、洗車の水滴を拭きとる
ダスターを補充しに来た若い兄ちゃんがやってきたので
とりあえず聞いてみる事に。

      

八郎「お兄ちゃんお兄ちゃん、これ、今日対策したの?」

お兄ちゃん「そうみたいっすねー」

八郎「いつやったの?」

お兄ちゃん「。。。早朝みたいっすよ、自分が来たときにはもう終わってましたから」

八郎「臭いも消えたねえ、どんな風にしたのかなあ」

お兄ちゃん「さあ。。。でも、溜まったウ○コは吸引したり」

お兄ちゃん「洗い流すって言ってましたよ」

八郎「なるほど。。。」

        

どうやら、本格的にガソリンスタンドは
ハトポッポ対策を実施したようです。

         

これで、ガソリンスタンドに溜まっていた
ハトポッポは行き場を失くし。。。
分譲地に現れた、という流れは
非常に自然に感じます。
間違いないでしょう。

         

給油から帰って、嫁に
これまでの全ての流れを報告します。
すると

       

嫁「え、じゃあ、このハトポッポの糞は」

嫁「今日だけじゃないかもしてないってこと?」

八郎「むっ。。。」

嫁「ハトポッポと一緒に生きていかないといけないの?」

八郎「いや、共生はしなくていいだろうけど。。。」

         

この嫁の会話の流れ。
まさに翌日からその通りの流れになってしまうのです。

ハトポッポの大合唱        

―翌日 5:00A.M.―

        

スマホ「~~♪~~♪(アラーム)」

八郎「画面ポチ(音消し)」

八郎「あああ、もう5j」

ハトポッポA「ポーポーッ、ポッポー♪」

ハトポッポB「ポーポーッ、ポッポー♪」

ハトポッポC「ポーポーッ、ポッポー♪」

ハトポッポD「ポーポーッ、ポッポー♪」

ハトポッポE「ポーポーッ、ポッポー♪」

ハトポッポF「ポーポーッ、ポッポー♪」

八郎「」

       

いきなり外はハトポッポの輪唱状態です(笑)
しかも声がかなり近い。
八郎家の寝室は2階なんですが
どうやら屋根上で、ハトポッポが
鳴きまくっている状態です。

       

隣を見ると既に嫁はもぬけの殻になっています。
どうやら先に起きているようです。

           

階段を下りてリビングに行くと
明らかに寝不足で、安眠を妨害されたかのような表情で
リビングのソファーに沈んでいる嫁を発見。

        

嫁「八郎ちゃん、よく寝れるよね。。。」

八郎「え、ハトポッポの合唱?」

嫁「そうよー、もう4時過ぎには目が覚めちゃった」

八郎「。。。俺も実はそうなんよ」

嫁「ウソやん、スマホのアラームしばらく鳴ってたし」

八郎「。。。バレたwww」

       

しかし、これが毎日に続くのであれば
冗談では済まされません。
何らか対策を打たないとまずいような気がしてきました。

ハトポッポの糞害に悩まされる

リビングから向かいの家の様子を見て
思わず目が点になります。
なんと。。。窓枠が早くも爆撃されています。

          

八郎「うわっ。。。」

嫁「え、どうしたの???」

八郎「向かいの家、もうハトポッポの糞にやられている」

嫁「ええええっ(;´Д`)」

        

黒い窓枠に白い飛沫が確認できます。
他人の家の状況なのにすごくブルーな気持ちになります。。。
ちょっと気にして、他の場所も見て見ると。。。

至る所で爆撃が始まっています。
しかも結構広範囲なのに、集中度合いもなかなかの物です。
これは、我が家も他人事ではありません。

         

八郎「嫁ちゃん!」

嫁「ありがとう!」

八郎「へ?」

嫁「ハトポッポ対策してくれるんでしょ!?」

八郎「あ、ああ、まあ、そうだけど。。。」

嫁「頑張ってね♪」

八郎「え?ひとり???」

嫁「家の中から応援しているから!」

八郎「」

嫁「何かあったら呼んでね!」

八郎「お、おう」

嫁「行けるかどうか、わからないけどw」

八郎「」

       

かくして、早朝のハトポッポ対策が
始まろうとしているのであります。
(次回へ続く) 

      

ガソリンスタンドの対策後
ハトポッポ集団は分譲地にターゲットを定めつつあります。
このまま放置していたら。今度は分譲地に
ハトポッポ集団が住み着きかねません。
何らかの対策が必要です。

       

そう感じた八郎。
早朝5時に家を飛び出すんですが。。。
果たして有効な鳩対策はあるのか?

          

次回「セキスイハイムの磁器タイル外壁は鶏の糞も簡単に洗い流せるスグレモノ!」

情弱施主の、魂の叫びを聞け!

【★告知★】家づくりをしている方を応援するサイト「コダテル」で八郎のブログが読める!詳細はコチラをクリック!!
画像をクリックすると、最新記事へとジャンプします!

▼我が家で使用しているおうち関係の商品紹介しています!
▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
▼ブックマークはコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です