建築日記第1話「やっぱりおうちたてようかな」はコチラ!!

#544 デザインやおしゃれ度はパナソニックの空気清浄機がリードする

どうも!八郎です!!(@eightblog_hachi)

         

家電検討編、新章
「空気清浄機対決、ダイソンvsパナソニック」
をお送りしております(笑)

       

空気清浄機なんて
セキスイハイムには
快適エアリーがアルジャーノンに花束を?
と言われそうですが
お金が無くて買えなかったので
「快適エアリーイラネ(・ω・)ノ」
という負け惜しみ記事を書いてみました。
あったらあったで快適な日々なんでしょうけどね(笑)

で、快適エアリーを設置していない我が家は
空気清浄機能が付いていないので
後付けで空気清浄機を買おう!
と言う事で、プラズマクラスターやら
ナノイーやら、ストリーマやら
お前らいったいなんやねんっ!?
という記事を前回書かせて頂きました。

さて、具体的に空気清浄機を選ぶ話に入る訳ですが
購入には我が家の将軍様であり、CEOである
「ヨメ・ジョンイル」
の許可を得ないと話は始まりません。

       

と言う事で、嫁に空気清浄機の購入を打診すると。。。

やはり嫁は、色目がダークブラウンでデザイン性の高い
空気清浄機の購入を要求してきます。
まあ、ここまではある意味
いつも通りの展開、想定通りです。
今回はお互いがある程度妥協できるよう
家電量販店で実機を見て
その場で購入するか、ネットの価格が安ければ
ネットで購入する事でお互いが同意。
嫁が家電量販店に参戦する事になりました。

          

果たして、我が家の空気清浄機は
どんなヤツがやってくるのか?

      

それでは、続きをどうぞ!!

ネットでの購入をやんわり拒んだ理由

最近は家電もネットで買ってしまう事が多い八郎家。
しかし、今回の空気清浄機については
リアル店舗で実機を見て購入する事を提案した時
嫁はかなり驚いていました。

        

もちろん、実機をリアル店舗で見て確認したい
というのも理由のひとうなんですが
実はもうひとつリアル店舗で
購入したい理由がありました。

      

それは。。。

         

デザインだけの怪しい空気清浄機は買いたくなかった

      

と言う事です(笑)
ネットを徘徊すると、たまーにかっちょええんですが
これ、本当に空気清浄機の機能あるの?
的なスペック厨からすると怪しさ満載の
空気清浄機が転がっている事があるんです。

        

デザインは秀逸
でも、空気清浄機の機能はない。。。

       

そんなものは

空気清浄機ではない

たたのハコです(笑)
なんぼデザインが秀逸でも
なんちゃって空気清浄機では意味がありません。
小生が欲しているのは
クリーンエアー
もっと言えば
花粉の無い室内なんです。

        

デザインだけのバッタものを買うわけにはいかない

       

そういう意味では家電量販店は
機能の差はあれで、そもそも素性の怪しい
家電は販売していないはず。

         

家電量販店の販売モデルしか
選択肢が無いように印象操作するのが
今回の家電量販店に赴く
真の目的です(笑)

そもそも、ダークブラウンの空気清浄機はあるのか?

さて、ここでひとつ
大きな問題が持ち上がります。
それは。。。

       

ダークブラウンの空気清浄機は
そもそも存在するのか?

      

という問題です。
空気清浄機と言えば、基本は白。
たまーに黒っぽいヤツも見かけなくはないですが
ほぼ「白」のイメージしかない八郎。
ギリギリ黒はあっても
ダークブラウンなんて無いんジャマイカ。。。

        

そんな絶望にも似た想いが
八郎を支配します。
しかし、まずは調べるしかありません。
本命のダイキンの空気清浄機
ページを検索すると。。。
(※2年前の話なので現在のラインナップとは多少異なります)

         

八郎「おっ、無くはないな。。。」

          

上位グレードに「ホワイト」「ダークグレー」の他に
「ビターブラウン」という色目が存在します。
何だかチョコレートみたいな名前ですが
色目は嫁のどストライクのように感じます。

       

しかしデザイン的にはよく言えばシンプル。
悪く言えば「凡」。
どこにでもある、ありきたりのデザインです。
飽きが来ないと言えば聞こえは良いですが
コンサバな感じは否めません。

        

ダイキンは以前の記事でも歌っている様に
「八郎の本命のメーカー」
なんです。

引用:https://www.daikinaircon.com/ca/index.html

吸引3方向とHEPAフィルターの上位互換?
(静電気を帯びさせ、電気を帯びさせた花粉などを吸着する)
とも言えるTAFUフィルターを搭載した
ダイキンの空気清浄機は
八郎のファーストプライオリティーです。

引用:https://www.daikinaircon.com/ca/index.html

またTAFUフィルターが活きるストリーマにプラスして
アクティブプラズマイオンなるイオンを活用した
ダブル方式で、花粉やウイルスを分解・吸着させる機能も
これまたダイキンならではです。

       

スペック的には申し分ないダイキンの空気清浄機。
それだけに、嫁のデザインの要求に応えられるのか。。。
ここが購入の分かれ道になりそうな予感です。

デザインが秀逸過ぎるパナソニックの空気清浄機

本命を確認したので
次は対抗馬を確認です。
パナソニックの空気清浄機を見て見ます。
そして、絶句する八郎。

       

八郎「な、なんだとぉ。。。」

       

まずパナソニックの空気清浄機のカラーバリエーション。
何と、「木目調ダークブラウン」なる
色目を所有しているではありませんか!?

        

周囲のダークブラウンの建具とも違和感なく溶け込みます。
これはとんでもない対抗馬です。
否、嫁の中ではこれが圧倒的本命になるはずです。

        

しかもデザインも秀逸です。
ダイキンの空気清浄機はカクカクしていて
良くも悪くもハコ。
パナソニックの空気清浄機は
曲線も用いたモダンなデザインになっています。
(※実は2019年のモデルを最後に曲線は廃止されパナソニックもダイキンみたくハコ型になります)

        

これは困りました(笑)
完全に色目とデザイン重視の嫁は
パナソニックの空気清浄機を
指名するに違いありません。

       

機能が悪い訳ではありませんが
ダイキンに魅力を感じる八郎にとっては
完全に逆風が吹き荒れています。

        

果たして、我が家の空気清浄機選びは
どうなってしまうのか!?
(次回へ続く)

         

お約束の「スペック」vs「色目・デザイン」なんですが
今回も完全に八郎が「ダイキン派」
嫁が「パナソニック派」に割れそうで
空気清浄機選びは難航しそうです。

        

しかし、ダイキンのスペックの良さを
嫁にアピールした所で
デザイン重視の嫁がなびくはずもなく。。。
そんなダイキン購入の決定打を欠いたまま
空気清浄機選び当日を迎えるのであります。

       

そして、今回も八郎にとっては
この向かい風は、最後の最後まで
吹き荒れるのでありました(笑)

            

次回「家電量販店に派遣されたパナソニック空気清浄機の販売員」

情弱施主の、魂の叫びを聞け!

【★告知★】家づくりをしている方を応援するサイト「コダテル」で八郎のブログが読める!詳細はコチラをクリック!!
画像をクリックすると、最新記事へとジャンプします!

▼我が家で使用しているおうち関係の商品紹介しています!
▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
▼ブックマークはコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です