建築日記第1話「やっぱりおうちたてようかな」はコチラ!!

#169 嫁氏、新居に必要な家具を嬉々としてリストアップする

タブレットを触る女性

どうも!八郎です!!

            

2018年の暮れに最終仕様確認を終了。
指定の金額をセキスイハイム振り込み、
いよいよ、マイホーム着工に向けての一歩を踏み出しました。

                 

しかし、この後しばらく打ち合わせは無い事を、
ハイム営業に告げられる八郎家。

#163 プラン打ち合わせの無い「平穏な?」「寂しい?」日常へ

それでは、2019年の地鎮祭が執り行われる1月19日まで、
八郎家は、じっとその時を待ち。。。
なーんてそんなはずはないですよね。

            

2019年、平成の最後の月になる4月に、
新居の引き渡しが予定されている八郎家。
残された期限は4ヶ月。

           

八郎家CEOのあのお方が、
ついに始動されます(笑)

          

それでは続きをどうぞ!!

2019年が明けて、最初にした事とは

2018年の暮れに、いつもの住宅展示場で、
最終確認の修正部分の確認・押印の後の話。
日常はあわただしく過ぎていきます。
クリスマス・年末と、
ウサインボルトも真っ青のスピードで駆け抜けゆき、
あっという間に明けて2019年。
お正月気分に浸る間もなく、松の内が終了。
浮足立った感じも徐々に抜けて、
漸く、通常の雰囲気に戻りつつある頃。。。

     

嫁「はーちろうちゃんっ♪」

     

あーこの嫁のテンション。
なんかヤな予感がします。
ていうか、ヤな予感しかしません(笑)

            

このパターンは、1日お抱え運転手と化し、
どこそこを車で回る任務に就かされれる事が多かったような。。。

    

嫁「そろそろー、家の内装も決まったことだしー、インテリア見てみたいなぁー♪」

八郎「…ゴメン、俺1月休みないわ(スットボケー)」

嫁「ほらー、最近、色々お店も出来たみたいだし、価格調査も兼ねて行ってみたいなぁー♪」

八郎「いやだから1月休みないってば…」

嫁「ふーん…夕飯これから毎日ふりかけご飯で良いんだ、そのお金で家具奮発しようかなぁーっチラー」

八郎「ゲフンゲフン、来週の土曜日が休みです」

嫁「やった♪私も休みー、じゃあ来週の土曜日に家具見に行こうっ!けってーい♪」

    

…世の旦那さんって、みんなこんな感じで、
人権なんて無い物なんでしょうか?(T_T)
我が家のCEOは自由気ままです。。。

インテリアって、何買うの?

インテリア

そうと決まれば、まずやる事は…ネット検索(笑)
新居の家具を見て回るときの心得を調べます。
すると、どうやら…

✅新居の図面(寸法が記入されているもの)
✅メジャー(長いとなお良い)

を準備しておくと、良さそうです。
また

何を購入するのか
✅色の好み、候補は

を決めておく必要がありそうです。
これは嫁にどう考えているのか聞いてみる事にします。

    

–インテリア巡り前日–

八郎「明日、インテリア見に行くじゃん」

嫁「うん」

八郎「具体的に何を買う、とか決めてたりする?」

嫁「フフフ、えーっとね…LINE送るね」

    

そう言うや否や、嫁は素早くスマホを操作し、
リストをLINEで送りつけます。
。。。どうやらかなり前から、
周到に作戦を練っているようです。

   

八郎「(どれどれ。。。ええええええええええええええ…)」

    

LINEに送られてきたリストを見て驚愕。

            

嫁氏 買い物家具リスト
✅ベッド4台
✅カウチソファ
✅ダイニングテーブル
✅TVボード
✅センターテーブル
✅キッチンの照明(ペンダントライト)
✅ラグ
✅掛け時計
✅オーブンレンジ
✅外庭の物置

   

これはなかなかパンチが効いてます。
しかも、別に買い替えなくて良さそうなものまで、
ちゃっかり含まれています。
これはまともに買うと、
大変な金額になりそうです。。。    

取り敢えず取捨選択を提案するも

八郎「嫁ちゃん、ダイニングテーブルとか今ので良いんじゃないの?まだ使えるよ」

嫁「ダメダメ!家の雰囲気に合わないよ。だって床ダークだよ、メープルのダイニングテーブルとか有り得ない!」

                 

。。。ちょっと何言っているのかよくわからないんですが、
否定してくる勢いがすごい事だけはわかるので次に行ってみます(笑)

    

八郎「TVボードも今のままでよくね?」

嫁「ええ?今のはあれTVボードじゃないんだよ。スチールラックだよ、もういい加減TVボード買わないと」

八郎「掛時計は?今のディズニーのやつでいいじゃん、時間ちゃんと見れるよ」

嫁「あれは長女家にあげる約束したの、うちのがなくなるの」

            


。。
。。。
万事こんな調子で、
買う理由がもれなくついてきます。

            

ちょっと強引な気もしなくもありませんが。
珍しく嫁が頭脳プレーに出ています。

          

これはもしや…

           

気に入らないものは全部新調するつもりでは    

明確に予算化し歯止めをかける作戦に

八郎「わかった!必要なのはよーくわかった!」

嫁「でしょ!だからぜんb」

八郎「ルールを決めよう」

嫁「えーっ、何よー、Boooo-」

八郎「まず、予算を決めよう

嫁「えぇ予算…」

八郎「そう、予算!これから色々物入りになっていくと思うんだ、それにこの他にも絶対に必要なものが出てくると思うんだ」

嫁「…うん」

八郎「だから、そういうここに入っていないものも込みで、トータルが諭吉さん100名になるように抑えよう、OK?」

嫁「うん!わかった!!」

八郎「じゃあ、予算内に賢く収めるために」

嫁「???」

八郎「中古家具屋さんから回ろう!

嫁「工エエェェ(´д`)ェェエエ工」

八郎「ほら、お買得商品が、破格の値段で眠ってるって言うよ!」

嫁「Boo!Boo!!」

八郎「中古市場の価格見てさ、新品見てさ」

嫁「ブー!ブー!!」

八郎「これだけの価格差あるなら、中古でもいいよね!ってなるかもいれないじゃん、ね?」

嫁「うーん…わかった」

八郎「おし、けってーい!!」

嫁「(絶対中古で購入とかしないけどね)」

八郎「え?何か言った???」

嫁「ううん、何でもない、行こうーGO!GO!」

             

嫁の前向きな返事に安心しきっていた八郎。
嫁の本音の小声は耳に入っていません。

            

ここから更に必要なものが加速度的に増えていくことを、
八郎はまだ知りません。
そして「予算を決める」よりも更に上の発想を持っていた、
嫁の用意周到な作戦もこの時はまだ知る由もありませんでした。
(次回へ続く)

           

という事で、新章「インテリア探索編」がスタートです。
何分、「インテリア?なにそれ?美味しいの?」
くらいなノリしかない男がインテリアの事を書きます。        

               

うっすいうっすい内容になるかと思いますが、
お付き合いの程、よろしくお願いいたします。

             

さて、いよいよインテリアを求め、町に繰り出します。
果たして嫁の意中のインテリアはそこにあるのか?
しかし、際限なく金額が上がりそうな金額を憂慮し、
八郎は嫁にある注文をつけます。

           

次回「俺氏、嫁の新居の家具選定に注文をつける」

君は、選び抜くことができるか。

▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
▶ブックマークはコチラのページをお願いします!!◀
八郎のラジオ「はちろん!」公開中です!良かったら覗いてください!!◀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です