建築日記第1話「やっぱりおうちたてようかな」はコチラ!!

#031 迷える土地

どうも!八郎です!!

B社・セキスイハイムとも営業と初顔合わせを実施し、
D社を含め、△△△分譲地のHM3社とのファーストコンタクトが終わりました。

現状の進捗状況はこういった感じです。

B社 土地:残10区画(販売ゼロ!) 次回打ち合わせ:分譲地で土地選び
✅D社 土地:残ゼロ(キャンセル待ち!) 次回打ち合わせ:未定(キャンセル次第)
✅セキスイハイム 土地:残6区画 次回打ち合わせ:土地の候補を絞っておいてください

好感度では、1位D社→2位セキスイハイム→3位B社の順。
これは、完全に営業とのフィーリングだけです。
HMの商品や特徴は全く考慮されていない(笑)

      

さて、この序列が、2回目以降の打ち合わせで、
どのように変わっていくのか!?

それでは、続きをどうぞ!!

自分で探すか、HMに探してもらうか

突然ですが皆さん!
土地はどのように探されましたか?

        

自分の足で歩いて探されましたか?
近所の不動産屋さんに依頼しましたか?
昔からお持ちの土地ですか?
それともHMに依頼しましたか?

           

八郎のように、分譲地の「建築条件付」土地で探した方も、
結構いらっしゃるんじゃないでしょうか?
分譲地も色々ありますよね。

        

10区画程度の、小規模の分譲地もあれば、
100区画を越す大規模分譲地もあります。
△△△(八郎が検討している分譲地の名前)は40件程度の、
中規模?の分譲地でしょうか。

         

そこには、4社のHMが入ってくじ引きで土地を割り当てられ、
そのHMの「建築条件付」土地として販売しています。
大規模分譲地ともなれば10社以上のHMが入ることも珍しくありませんし、
1社のHMが全ての土地を販売することも珍しくありません。    

絶対に譲れない土地の条件

前置きが長くなりましたが、
今回は、いよいよ分譲地の土地選びです。

おさらい的な話で恐縮ですが、八郎家には、明確な土地選びのポイントがありました。

「八郎家」土地選びのポイント
①車が3台止められる
②なるべく安い
③娘が転校しない

③に関しては、この分譲地を選べば無条件でクリアできますので、
実質①・②が焦点となります。
割とシンプルな条件そうですが、
この分譲地で、希望の土地を探すことは出来るのでしょうか?   

理想の土地とは?

セキスイハイムとB社の1回目の打ち合わせが終わった夜、
土地に関しての検討会を夫婦で実施。
議題は「理想の土地の選択」。
今回は対立意見ではなく、意見の交換が主です。

   

八郎「土地はなるべく車が止めやすい場所が良いよね」

嫁「んー、でも陽あたりは大事だよ。洗濯物乾かないよ」

八郎「…後、なるべく安価に越したことは無いよね」

嫁「でも、少しでも広いほうがおうちも広くなるよね♪」

八郎「」

    

もうお分かりかと思いますが、
八郎と嫁が言っている事は、
既に相反する内容です(笑)

       

当然、陽あたりが良い土地=南向きの土地は、
間違いなく価格が高いです。

    

八郎「嫁ちゃんが言っている、陽あたりの良さそうな土地は例外なく価格が高いよ」

嫁「うーん、高いのはちょっとねぇ。。。」

八郎「広いおうちなんて、絶対持て余すよ。掃除大変だよ」

嫁「それもそうだけど。。。」

八郎「広いほうが、色々な制約は受けにくくなるけど、やはり価格が上がるから、土地に関してはなるべく安価な土地を選ぼう」

八郎「その分…家には可能な限りお金をかけよう!!住む家にお金をかけたほうが絶対満足するよ!!

嫁「そうだね!そうする!!」

      

ふふっ、チョロいな。
。。。って言うか、うちの予算だと、
土地に金かけれないどころか、
家にも金かけれないんだけど、
この内情を嫁はわかっているのだろうか。。。

        

と言うことで、土地に関しては、お金をかけない方向で行けそう。
しかし、土地選びの本題はここからです。

車がゆっくり止められる家

八郎の居住地域は、間違いなく「車社会」。
常時、車が稼動している生活です。
よって、最低車が3台止められるような土地は確保しなければなりません。

         

①八郎通勤用コンパクト
②次女通勤用軽自動車
③家族移動用(兼嫁買い物・レジャー用)ミニバン

       

あと欲を言えば、長女夫婦や、
嫁の友達が遊びに来る可能性も考えると、
車は4台止められるのがベスト。

        

とすると…

駐車場1.JPG
パターン(1)

こんな感じで止められるのがベストですね。もしくは

駐車場②.JPG
パターン(2)

このようなパターンも悪くは無いですが、
ちょっと後の車の自由度が低いので、
やはり最初のパターン(1)がベスト、
このパターン(2)は次善手、と考えましょう。

          

この感じで車が止められて、
しかも土地の価格が安そうな場所。
そして、現地に足を運んで候補を絞った土地は。。。

セキスイハイム
土地①:南側道路だが、電柱あり、駐車2台まで?停難、広い、金額1.35千マソ
(①は最初の分譲地見学で出てきた、陽あたりよく、土地代は広さの割りに安いが車の出し入れが難しそうな土地)
土地②:北側道路、歩道なく駐車4台可で停易、広さ普通、金額1.28千マソ ハイム第1候補
土地③:北側道路、駐車4台出来そうだが歩道で停難、広さ普通、金額1.24千マソ
B社
土地④:西側道路、歩道なく駐車4台可、土地パターン(2)、広さ普通、停易、陽あたり良好、金額1.32マソ
土地⑤:北西角地、西側道路、歩道無いが土地狭い、4台可能?、停難?、金額1.15千マソ激安、B社第1候補

土地の広さ55~67坪、金額は1100~1300万円台
となりました。
しかし、B社の土地⑤はこの5件の中で最安値です。
北西の角地で、ロケーションは悪く無さそうですが、
突き抜けて安いのが気になります。
この辺は、次回の打ち合わせで、
営業で質問してみることにします。

     

と言うことで、土地の絞り込みも完了!
次回の打ち合わせの準備は整いましたよ!!

(次回に続く)

   

土地の候補も絞り込み、次回への打ち合わせの準備を整えた八郎家。
2回目のセキスイハイムとB社の打ち合わせを迎えます。
ハイム営業との待ち合わせは、巨大な分譲地での待ち合わせ。
そこで、八郎家の家づくりはどのように進展するのか?

次回「セキスイハイムのモデルハウスを視察する

君は、選び抜くことができるか。

▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
▶ブックマークはコチラのページをお願いします!!◀
八郎のラジオ「はちろん!」公開中です!良かったら覗いてください!!◀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です