建築日記第1話「やっぱりおうちたてようかな」はコチラ!!

#032 セキスイハイムのモデルハウスを視察する

どうも!八郎です!!(@eightblog_hachi)

         

セキスイハイムとB社の打ち合わせも2回目に突入。
午前中は、セキスイハイムと約束です。
超巨大分譲地のモデルハウス兼建売で
ハイム営業と待ち合わせることになっています。

          

HMとの2回目の打ち合わせで
家づくりの話はどこまで進展するのか?

     

それでは続きをどうぞ!    

突如誕生した、超巨大分譲地

そこは、600以上の区画に20以上のHMが林立する
非常に大きな分譲地です。
20のHMは耳にしたことのある超有名HMから
聞いたこと無い(失礼)地場HMまで
多数のHMが入り乱れています。
区画も、ほぼくじ引き形式での割り振りのようで、
各HM見事にバラバラに分散しています。

        

新しい分譲地故、カーナビでは出てこないので、
グーグルMAPのグーグル先生に案内してもらいます。
ちなみにここで、同僚A君がセキスイハイムで家を建てています。

記事を取得できませんでした。記事IDをご確認ください。

   

同僚A「セキスイハイム、いいっすよー。セキスイハイム、いいっすよー」

同僚A「八郎さんも思い切って、建てたらどうですか!?セキスイハイムなら、僕紹介しますよ!!

    

その時は、話半分、と言うか
殆ど聞いていませんでした。
家を建てるつもりなんてありませんでしたので。
「A君金持ちやのう。。。」くらいな感じです。

       

その自分が、今、家を建てようとしている…
しかもA君が建てた分譲地の
セキスイハイムを参考にしようとしている…
何とも不思議な感じがします。

       

その超巨大分譲地。
未だ建設中の物件も多く
分譲地は建設ラッシュに沸いています。
6割ほど完成しているようですが
残り3割は建築中。
1割は土地のまま、といった感じでしょうか。
建築関連の人や車の行き交いも活発です。

       

そんな工事関係者の車両を掻き分けて
分譲地の地図を頼りに
待ち合わせのオープンハウスに到着。
この物件は分譲地での商談や
土地の契約時に主に使用されるそうです。

記事を取得できませんでした。記事IDをご確認ください。

南側の土地に建っており、採光抜群
スマートパワーステーションの建売です。    

色々なハウスメーカーひしめく「巨大見本市」

この超巨大分譲地
注文住宅を検討している人々には
ちょっとした話題のスポットになっています。
それは。。。

        

沢山のHMの建売(外観だけだが)をひと目で見ることが出来る

       

からです。
色々なHMの家が一堂に会しているので
外観のデザインや色使いや外構が非常に参考になる。
しかも、お高い「高値の花」系の豪華な佇まいではなく
リアルな予算でリアルな佇まいなのも
とてもだったよう好評です。

        

連日、近場遠場から多くの、注文住宅検討者が
この巨大分譲地を訪れては、デザインや外構などを
ガン見している姿が散見された
と言われている分譲地です。

        

朝9時。
指定のモデルハウスに到着。
ハイム営業は既に車を降りて
我々を待っています。

            

ハイム営業「おはようございます、今日も宜しくお願い致します!!」

八郎・嫁「宜しくお願い致します!!」

ハイム営業「早速ですが、建売を見に行きましょうか?ここから徒歩で2-3分で着きますので」

八郎・嫁「はいお願いします!!」

           

徒歩で建売の場所に向かいます。
その徒歩の道中に
様々な建築中の物件を見ました。

         

シャレオツな北欧風の「スウェーデンハウス」
家電メーカーの本気を見てみたい「パナソニックホームズ」
かっちょええデザインの木の家「住友林業」
そしてセキスイハイムと似たような名前ながら商品は全く違う「積水ハウス」

         

しかし、そんな中で八郎がひときわ印象に残ったのは…

        

「家は、性能。」

          

と言うイタリア国旗の赤と緑と白のカラーの垂れ幕を掲げ
トンカントンカン建築している。。。
そう、もう皆さん御存知の。。。

       

「一条工務店」

        

です。   

実は。。。八郎はHMを一条工務店に変更しちゃったんですっ!!

この分譲地で、八郎は、一条工務店との運命的な出会いを果たすのであります。

       

八郎は、この後

「家は、性能。」

に引き込まれていくことになります。。。
読者の皆さま、誠に申し訳ありません。
次回から、このブログは、

【改題】一条工務店 i-smartで家を建てたブログ

–このブログはセキスイハイムで家を建てようとしていたけど、
とある分譲地の「家は、性能。」のセールスコピーにに魅せられて、
一条工務店に移り気していった情弱40代おっさんの建築日記です–

       

に変更になります。
セキスイハイムファンの皆さん、ごめんなさい…













        

なんてことはありません(笑)
(ちなみにエイプリルフールは昨日でしたね、失礼しました)
正直、一条工務店さんとは話もしていなければ
勉強もしていません(笑)

         

ただ、ちょっと調べてみると
何ともユニークなHMですね。
トヨタホームで建てた同僚B君が最後まで迷ったのが
一条工務店だったらしいので…
そこでピンと思い出しました。

しかし、
「家は、性能。」
この4文字の間に句読点を2つもぶっこんで来るこのセンス…

       

気になって気になって、
時間があれば色々な施主さまの
ブログを読んでいる次第であります。。。

       

閑話休題。
いよいよセキスイハイムのモデルハウスに到着です。    

セキスイハイムのモデルハウスを見学

4件のモデルハウスが近場にまとまって建っています。
立地は、ありがたいことに
八郎家が検討している
北側道路のモデルハウスです。

これは。。。      

良いと思われる物は全部パクる

しかありません(笑)

建売は4種類。
木増のグランツーユーが2棟と
bj(現在のパルフェbjスタイル)と
スマートパワーステーションです。

          

装備は、全館太陽光発電と鉄骨は快適エアリー
グランツーユ―は空気工房を完備しています。

八郎「うおおおおおおおっ、すげええええええええぇっ」

嫁「わああああああ、おしゃれー」

       

バカ夫婦、揃いに揃って
ふたりでスマホで写真撮りまくり。
気分は林家ぺー・パー子状態です(笑)
お前らは、家を見に来たのか?
それとも写真を撮りに来たのか?
と言われそうなくらい
血眼になりながら必死に
写真撮影を敢行するバカ夫婦。

        

しかし、建売でありながら
そこは巨大分譲地の広告塔。
なかなかシャレオツな造りになってます。
内装は造作が所々入り
おしゃれと使いやすさが
両立されています。

かっちょええけどメチャクチャ高い「造作」家具      

出典:静岡セキスイハイムインテリア

八郎「ハイム営業、この柱まわりのの収納の造作はいくらくらいするんですか?」

ハイム営業「えーと、それは多分10万くらいですね」

八郎「」

嫁「ハイム営業、造作のテレビボードステキですね、いくらくらいするんですか?」

ハイム営業「はい、それは確か20万行くか行かないくらいじゃなかったでしょうか?」

嫁「」

       

造作ってオサレで使いやすそうだけど、
凶悪なまでに高いのを知ったのもこの時です(笑)
家のスペースに効率よくジャストフィットするので
見た目にも無駄が無く美しく
非常にありがたいんですが
なんせ「高い」(笑)
とても、勉強になりました。
ありがとうございました。。。

セキスイハイムの建売を見て、我が家にパクろうとした部分

モデルハウス4棟
それぞれに違いがあって色々と面白かったんですが
我が家にも採用しようとしたプランは、下記の通りです。

        

✅玄関は広くする。出来れば白系でまとめる
キッチンかダイニングは「ペンダントライト」を採用する
和室には「琉球畳(正方形の畳)
ダイニングテーブルの後ろに「勉強&仕事用机(PCデスク)」を設置する

    

。。。何か、どうでも良い感じな内容ですね。
ペンダントライト(笑)家のプランとは全然関係ないし。
しかし、こんなクソみたいな内容を
堂々と、しかも真面目に

「家づくりノート(笑)」

          

に書き殴った跡があるからホント怖いです(笑)
どうでもいいんですが
家づくりノートって
皆さん作られました?

            

八郎は、打ち合わせの時に決めた事や気になった事
自分が家について、思ったこと、閃いたことを
殴り書きしていたノートがあるんです。

        

この前出てきて、読み返したら

戦慄しました(;’∀’)

とても40代のおっさんが書いたとは思えない
稚拙で酷過ぎる内容でした。
小学校低学年の自由帳の方がまだ読めそうな感じ。
こんなのが後世に残ったら末代までの恥。。。
と思い、速攻で捨てました。
思い出にすらならない恥の遺産でした。。。

    

その恥の家づくりノートに書いていた懸案事項として

       

✅快適エアリーの床の吹き出し口が気になる(「ガラリ」と言うらしいです)
ダウンライトが暗く感じる

    

と書いてありました。
この辺がどうなのか
後の打ち合わせで聞いてみたいところです。

          

という事で
既に巨大分譲地に住んでいらっしゃる
セキスイハイムの家の外観や外構も見て回り
1時間30分も滞在した施主見習の八郎夫妻。

        

そしてここからは
展示場に戻り、具体的な土地選びに入るのであります。
(次回に続く)

    

分譲地のモデルハウスや、既に建てられた人の、
外壁の配色や外構を見させてもらったことで、
自分の家のイメージを、何となくではありますが、
掴むことが出来た八郎夫妻。
これから、展示場に戻って△△△(分譲地の名前)の土地選びに入ります。

         

さあ、土地も決まった!
B社と競合させて
D社の土地の状況を確認して。。。
と、とんとん拍子に打ちあわせが進むのかと思いきや。。。

         

そうは問屋が卸さない。
家づくりって
そんな簡単には進みませんよね。。。

            

次回「第一希望の土地はまさかの完売!」

君は、選び抜くことができるか。

【★告知★】家づくりをしている方を応援するサイト「コダテル」で八郎のブログが読める!詳細はコチラをクリック!!
画像をクリックすると、最新記事へとジャンプします!

▼我が家で使用しているおうち関係の商品紹介しています!
▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
▼ブックマークはコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です