#046 B社の見積もりをセキスイハイムに持って行く

どうも!八郎です!!

B社との契約を本日中に決めなくてはいけない八郎家。
B社で家を建てたB君に見積もりを急きょ見てもらう事に。

     

B君の見立ては、
✅オプションは確かに安い
けど、
✅総額では普通、
という判断。

          

この見積もりの真意はいったい。。。

            

そして、閉塞感漂う八郎は、
ついに有り得ない暴挙に出ます。。。

         

では続きをどうぞ!!    

この見積もりは本物かそれとも、ハリボテか

B君「オプションは安いけど、総額は高いから。。。」

B君「よっぽどグレードの高い家なのか、」

B君「それとも、我々のわからない部分で調整が入っていて、トータルではそんなに変わらないのか」

八郎「え?他で調整?」

B君「わからないです。これは、あくまで想像の域です」

B君「八郎さん、家のグレードは高いのを要望したんですか?」

      

B君にそう聞かれて、思い当たる節があります。
B社営業は、この家をモデルハウスとして、一定期間公開したがっていたことを!

       

八郎「そう言えば、値引きの条件に新築完成後、一定期間モデルハウスとして公開させてほしい、的な事を言われたな」

B君「あーなるほど。じゃあそれで家のグレードが高い=坪単価が高いのかもしれないですね」

B君「でも。。。ひょっとすると」

八郎「ひょっとすると?」

B君「素人にはわからないような、見えない所に値引き分を転嫁して」

八郎「(コクコク)」

B君「総額はあまり変わらないようにしているのかもしれない。。。」

八郎「マジか。。。でも、それって、何でやる意味あるの?」

B君「これも憶測ですけど」

B君「もしこれで、八郎さんが納得してハンコ押したら」

B君「B社はオプションバリバリ値引してるけど、他の商品の価格に値引き分を転嫁してるから」

B君「ぶっちゃけ、殆ど値引することなく販売出来たことになりますよね」

八郎「(コクコク)」

B君「だったらラッキー♪だし」

B君「もし、八郎さんが『あと少し値引したら買います!』って言って来たら」

B君「他の商品に転嫁した金額を少しずつ下げて『もうこれ以上は無理です!』ってやって契約させる。。。」

八郎「」

B君「なーんて可能性も、ゼロじゃないかもしれません。。。」

推理は袋小路へ

B君も、注文住宅の経験者としては大先輩ですが、HMの営業ではありません。
推測の域でしかないため、
その憶測が事実かどうか、ウラを取る術もなく。。。
この推測を最後に、B君との会話は袋小路へと入っていきます。

    

B君「不安にさせてすみません。ただですね。。。」

B君「一生に一度の買い物を今日中に決めろ、というのは尋常じゃないですよ

八郎「だよねえ、絶対おかしいよなあ」

B君「やはり、「今日中に決めろ」の裏に隠されているかもしれないものが」

B君「なんなのかが、非常に気になりますよね」

八郎「うーん。。。普通じゃないよねぇ」

B君「冷静に考えるとそうですね」

         

B社推しのB君も流石に慎重です。
それだけ尋常では状況なのでしょう。
休日で家族サービス中のB君をあまり引き止める訳にも行きません。

        

八郎「ごめん、家族サービスの貴重な時間にありがとう!今度飯おごるよ!!」

B君「飯はいいですから、家完成したら見せてください!」

八郎「貴重なアドバイスサンキュ!」

B君「いえいえ、難しい決断だと思いますけど。。。後悔の無いように」

   

後悔の無いように。。。
それが出来れば、
どれだけ楽なことか。。。

         

って貴重な時間を削ってアドバイスをくれたB君に毒づいていたらバチが当たります。
電話を切って、もう一度自分なりに状況を整理してみます。

B社見積もり良さそうな点
○オプションの見積もりは安い
○グレードの高いモデルの可能性がある
B社見積もり悪そうな点
×坪単価トータルで見るとそうでもない
×実は他の装備で差額を調整されている可能性がある

うーん、どうなんだろう。。。

。。
。。。
ダメだ、これを判断できるのは、HMの人じゃないと出来るわけないや。
はあぁぁぁ、知り合いにHMの人でもいればなぁ。。。

キュピーンっ!!   

HMの知り合い?そう言えば。。。

f:id:hachiroublog:20190129212320j:plain

ん?知り合い?
そうか、知り合いではないけど。
最近知り合った、と言えば知り合ったか。

         

いや、この見積もりを持って行けば、
B社の事は全否定されそうだけど。。。
でも聞ける人は、今はこの人しかいない。

          

おしっ!

         

腹を括り、スマホをイジイジ、電話帳アプリを開きます。

        

八郎「今から、電話する」

嫁「え?八郎ちゃんHMに知り合いとかいたの?もー、早く言ってよー」

八郎「知り合い、と言うか、知り合った、と言うか」

嫁「???」

八郎「ハイム営業に電話する

嫁「工工エエェェ((゚д゚; ))ェェエエ工工」
(次回に続く)

   

この時は、もう頭が湯だって、レッドゾーンを越えてましたね(笑)
もう、どう考えても、全然いい案が思い浮かばず、
結果、八郎が出した結論は「ハイム営業」に教えを請うことでした。

       

当然、商売敵(がたき)の見積もりです。
躍起になって否定してくることは目に見えています。
しかし、それでもここしか頼るところが無かった八郎。
おかしな事だとわかりながらも、ハイム営業に電話をかける事にする八郎。

皆さん、家づくりで、計画も無く1日に2回も打ち合わせする事ありましたか?

       

次回「セキスイハイムと本日2回目の打ち合わせ」

君は、選び抜くことができるか。

▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です