建築日記第1話「やっぱりおうちたてようかな」はコチラ!!

#041 他社HMをディスる営業はサイテーだっ!!

どうも!八郎です!!(@eightblog_hachi)

          

B社の高い見積もりを少しでも下げれないか
要ら無さそうなオプションを
削るようB社営業に提案する八郎。
しかし、なんだかんだと理由をつけて
オプションを削る申し出を断るB社営業。

      

交渉しても閉塞感しか感じられない八郎は
この後、またしても
セキスイハイムを引き合いに出す行動に出ます。
そこから、この打ち合わせは
予想だにしない展開へ進んでいきます。。。

        

それでは続きをどうぞ!    

こちらの提案を交わす営業

コストダウンとして
全館空調とシャッターの取り外しを提案しましたが
あれこれ理由をつけて外すのを渋るB社営業。
いったい誰が建てる家なんだっ!と憤慨しつつ
コストダウンのための他の提案もしてみることに。

   

八郎「屋根を平らにしたらどうですか?」

B社営業「やっても構いませんが、夏は地獄ですよ」

B社営業「そこをご了承いただければ結構ですが」

    

ああ言えばこう言う、とはよく言ったもので
コストダウンの提案は全て上から被せて否定してきます。
かなりむかついてきたので
ちょっと例の「煽り文句」をチラつかせてみる事に。

    

八郎「でも、セキスイハイムは問題ないって言ってましたよ」

    

しかし、これは逆効果。
B社営業に、燃料を投入することになってしまいます。    

他社HMをディスる営業

B社営業「あー、ハイムさん、絶対そう言うんですよねー」

B社営業「そう言われて陸屋根にして、多くの人が後悔されてますよ」

    

ついにB社営業。
露骨にセキスイハイムの批判を始めます。
煽りを入れたのは八郎なので
そこは自己責任なんですが。。。
他社の事を悪く言う営業に良い感じはしません。

    

八郎「でも太陽光発電には、平らの屋根が良いって。。。」

B社営業「えっ、太陽光をご検討されてるんですか。。。」

f:id:hachiroublog:20190120205116j:plain

そう言うと営業は大げさに顔をしかめ、続けます。    

不確定要素満載の太陽光発電

B社営業「あんなものはやめたほうが良い。まず採算は絶対に合いません」

B社営業「言葉巧みに取り付けさせようと誘導しますが、導入費とメンテナンス代は10年ではペイできませんよ」

八郎「え?そうなんですか?」

B社営業「はい、まずハイムさんで頼むと、中間マージン取られるから初期費用が嵩みます」

B社営業「またメンテナンス代や、不慮の故障などの不安要素を考えれば、太陽光なんかつけずに普通に電気代を払った用がよっぽど良い」

八郎「…そうなんですか…」

B社営業「私が御案内しているお客さまには太陽光は自分から勧めません」

B社営業「聞かれたり要望があれば対応しますが。あんな不安定なものはとても薦められない」

八郎「」

               

B社営業は「はやぶさの剣」を装備したかのように
口数多く畳み掛けてきます。
えっそうなのか?
B社営業の言う事が本当で
ハイム営業が言ったことはウソなのか。。。
そう思い始めた八郎。
ハイム営業から聞いた話に不信感が募ります。

         

更にB社営業は、
✅「ステンレス屋根とかそこまで金かけてやる意味はない」
とか
✅「陸屋根(平らな屋根のこと)は雨漏りのリスクが高まる」 
等、散々否定して回ります。
まあ、ウソでは無いんですが。
しかし悪意のある否定の仕方です(笑)

          

こういう時、自分でサイトを読み漁ったり
施主のブログを時間をかけて読み込んでいれば
営業の言う信憑性がどこまでどうなのか
ある程度判断できたと思います。

      

しかし、八郎の場合は運転免許の講習で言えば
仮免許も取らずに
いきなり路上講習に突入!
(▲リアルでは絶対に出来ませんがそれくらいの無知、と言う表現です)
右も左も、標識も法律もわからなくて
自信をなくして路肩にハザード出して
停まりたくなるような心境です。

セキスイハイムは施主の事を考えていない          

B社営業「と、言うことは壁もタイルを勧められましたか?」

           

B社営業は畳み掛けるように攻めて来ます。

              

八郎「。。。はい。て言うか、自分は是非つけたいと思っています」

B社営業「弊社は、タイルを外壁に貼らなくても30年は塗り替え不要の壁を用意しています」

B社営業「タイルに100万かけるなんてありえません」

B社営業「ハイムさんも、結構余計な提案が多いんじゃないですか?」

B社営業「八郎様のことを、どれだけ考えられて提案されているんですかねえ。。。」
(次回へ続く)

   

セキスイハイムで聞いてきたことを
悉く否定して攻勢を強めるB社営業。
八郎の心がセキスイハイムに
疑心暗鬼になりつつあるところ。
B社営業が待ち構えたかのように
伝家の宝刀を繰り出してきます。

       

またしても、HMの営業がよく使う「あれ」
この言葉に、この夫婦は何回翻弄されるのでしょうか。。。 

               

次回「この契約、本日中に決めてください」

        

君は、選び抜くことができるか。

【★告知★】家づくりをしている方を応援するサイト「コダテル」で八郎のブログが読める!詳細はコチラをクリック!!
画像をクリックすると、最新記事へとジャンプします!

▼我が家で使用しているおうち関係の商品紹介しています!
▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
▶ブックマークはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です