建築日記第1話「やっぱりおうちたてようかな」はコチラ!!

#147 セキスイハイムの外構は高いってマジ?

どうも!八郎です!!

          

いよいよ最終仕様確認も終わりプランが確定。
後は、八郎家が口座振込をして、セキスハイムが入金を確認すれば、
家の資材の発注にGO!が出ます。
いよいよ、我が家が本格的に動き出そうとしています。

         

だがしかし!
プランは確定しまたものの、
実は外構の打ち合わせが1回も、1ミリも、1秒足りとも進んでいません。

              

という事で、この後初の外構打ち合わせが入るんですが!
外構のお話に入る前に。。。
今回は、

        

セキスイハイムの外構の評判

        

についてふれたいと思います。
ちなみに、八郎家の外構に対する、
小学生の読書感想文のような思いはこちらです(笑)

#146 外構の優先順位 (1)「正面の見た目」 (2)「駐車のしやすさ」

お読みでない方はご一読ください。

           

「セキスイハイムの外構に関する評判」
…まあ、インターネッツの評判なんて、
良い事5%、悪い事95%みたいな所はありますが。
セキスイハイムの外構の評判とは、果たしてどんな感じなのか?

        

そして、この評判が、情弱八郎を、
ある想いへと導きます。
そして、それが結果的に、
外構に暗い影を落とすことになるのですが。。。

                     

それでは、続きをどうぞ!!

セキスイハイムの外構は「高い!」という評判

まず、よく目にする評判は
「セキスイハイムの外構は高い!」
というもの。

           

…ただ、この評判は正直よくわかりません。
と、言うのも、「そもそも論」ですが、
外構の標準費用がいくらなのか?
が分からないからです。

           

バーモントカレーや
牛乳や
キャベツなら 
だいたい巷でいくらくらいで売られているか、何となくわかるし、
値段を見て、高いか安いかも、何となくわかります。

         

しかし、外構フェンスや、
打ちっぱなしのコンクリートや、
シンボルツリーが、巷でいくらしているのか?
これがわかる人は、ホント、業界の人くらいじゃないでしょうか?

         

それ故、見積書を提示され、1個1個積み上げた合計金額がいくらであっても、
それが高いか安いかは、
比較する「モノ(ここでは他社の見積もり)」が無いと
判断が出来ません。

他社の見積もりを取ると、安い見積もりが来る、けれども…

ここで、外構の費用に不信感をもった施主は、
セキスイハイムとは関係のない、第三者の業者に、
ハイムが提案した内容を、そのままやってもらったらいくらになるのか?
いわゆる相見積もりを取った方が複数いらっしゃいます。

          

その結果、
ハイムより高い見積もりを出した業者はゼロ。
おおよそ、ハイムの見積もりの60~80%程度の金額で、
実施してくれる業社が多い結果となりました。

             

もし外構費用、180万円と見積もられて、
それの80%144万(諭吉さん36人救出)、
60%ならなんと112万!(諭吉さん72人救出!!)
となる訳です。
これはかなりデカい話ですよね。
そりゃあ、「高い」という悪評がたつ訳です。

          

しかし、好事魔多し、とはよく言ったもので。
金額は安く抑えられても、問題になっているケースも散見されます。
それは
「施工トラブル」
です。

          

ハイムが提示したイメージパースと、違う出来上がりになった。
施工トラブルになったけど、うまく解決できない。
等、サンプル数は多くないものの、大なり小なりトラブルが起きているケースもあるようです。

        

もし、ハイムに依頼すれば、
施工のチェックはハイムが実施するので、
施工トラブルも基本、ハイムが管理し、施工会社に何らか指示を出し、改善させます。
これは、施主からすればとても楽チンですよね。

         

しかし、業者に直接依頼するという事は、
チェックも交渉も自分で行わないといけません。
もし、何らかトラブルが出た場合は、一気に煩わしくなります。

         

他の業者に頼む場合、この辺がリスク及びネックになりそうな気配です。

謎の値引▲30万

セキスイハイムの見積もりには、外構費用もしっかり入っていました。
その費用、180万円。
この費用が、高いのか安いのかもわからないんですが、
それ以上にわからないのが

          

何をどうしてどんな感じになるから180万

          

なのかが全く見えないんです。
外構用のカラーパースは、家の外観図でチラッと見える程度。
駐車場や庭がどうなっているのか、
全く分からないまま、最初の打ち合わせを迎えようとしています。

          

更に、モヤッとさせてくれるのは、なぜか既に値引が入っている事。
既に▲30万、と記載されているのです。
つまり、元値は210万という事。

           

…その値引表示、要りますか?
最初から180万で良くないですか?
それとも、もう30万最初から値引いたから、
これ以上の値引きは出来ませんよ、的な牽制ですか?

          

この180万円のがいこうの中身が分からないのもさることながら、
いきなりお願いもしていないのに▲30万円の値引きが表示されており、
この不信感が、八郎をとある方向へと導くこととなります。

説明次第では…

そんなこんなの流れで、
八郎はこういう結論に至ります。

         

とりあえず、最初の打ち合わせでまずは、相手の出方を伺おう。
説明をとにかく聞いてみよう。
分からない事、不安な事、色々聞いてみよう。
210万の中身、30万の値引きが何なのか、も聞いてみよう。

          

でも、色々聞いても納得いかなかったら、
また価格に透明性がなかったら…

       

他業者に外構の見積もりを取ろう

        

と、いう結論に至ります。
たかだか1枚の紙きれの、概算の見積もりでしか無いんですが、
その紙切れ1枚に、透明性が感じられません。
何より、いきなり値引が記載されているのも、気に入りません。
(値引きが無いとワーワー言うのに、値引きが最初からしてあっても気に入らないクソ施主(笑))

        

こうして、事と次第では、
ハイムでの外構をやめて、他社に見積りを取る覚悟で、
最初の外構の打ち合わせに臨む、
情弱夫婦なのであります
(次回へ続く)

        

という事で、セキスイハイムの外構が不評(特に価格が高い)という事と、
見積もりが中身が全く見えないのに、金額が210万になっている事と、
頼まれてもいないの30万円のナゾの値引きへの不信感を、
漢らしくダラダラと書いてみました(笑)

          

さて、次から外構打ち合わせが始まります。
当然、新キャラクター、外構担当も登場します。

このブログの物語に出てくる登場人物

しかし、この外構担当、実はなかなかの強者でした。
この強者が、情弱八郎家の外構打ち合わせをイイ感じにかき回してくれます(笑)
八郎家の最後までバタつく事になる、外構打ち合わせがスタートします。

          

次回「セキスイハイムの外構担当登場!え、この人大丈夫?」

君は、選び抜くことができるか。

▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
▶ブックマークはコチラのページをお願いします!!◀
八郎のラジオ「はちろん!」公開中です!良かったら覗いてください!!◀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です