建築日記第1話「やっぱりおうちたてようかな」はコチラ!!

#255 玄関ポーチの手すりは必要なのか?

どうも!八郎です!!
いよいよ外構最終確認が始まりました!

           

まずは手堅い所から決めていくことに。
思いの強かった玄関タイルは
屋内はグレー
屋外の踊り場はマルチカラーで決定。

#155 家の外観の雰囲気とアプローチの色づかい

決まった内容は文字の色を「赤」から「青」へと変更していきます。
。。。何話費やせば全部青になるのでしょうか(笑)
今回は、玄関ポーチの手すりについて考えます。

       

たかが手すり。
されど手すり。

         

手すりの奥深き世界へようこそ!
それでは、続きをどうぞ!!

手すりが無い家も増えてきている

八郎「玄関タイルが決まったので、手すりを決めましょうか?」

外構担当「かしこまりました、手すりは。。。現状黒を提案させてもらってますが」

八郎・嫁「(コクコク)」

外構担当「お色のお好みとかございますか?」

嫁「その前に。。。」

外構担当「はい、なんでしょうか?」

嫁「『手すり』ってそもそも要りますか?」

    

種類を決める前に、そもそも論を嫁がぶっこんできました。
それもそのはず。
この分譲地には「手すりが無い」家が少なからず存在するのです。
バリアフリーではありません。
段差があるのにも関わらず、です。
この件は、嫁もボソッと漏らしていたので
突っ込みがあるのでは、とドキドキしていました。

    

外構担当「しかし、手すりはご主人の強いご希望ではありませんでしたか?」

#155 家の外観の雰囲気とアプローチの色づかい

八郎「そ、そうなんですよー。て。手すりは要りますよねー、大事ですよぉ(^-^;」

嫁「ええー、要るぅ?ココこそ重要な節約ポイントだと思うんだけどなあぁ」    

老後、家に入れないかもしれない件

確かに、手すりを外せば費用削減になります。
だがしかしっ!
八郎には不安がありました。
それは。。。っ

         

“八郎が老後、階段を登れず家に入れないかもしれない問題”

         

ですっ(笑)
やっぱり40代のおっさんともなると
考えることが若い頃と変わってくるもので。
なんか将来の老いた自分を柄にもなく心配してしまいます。
自分の体重もひとの平均よりはるかに重く
色々と老後を心配してしまう事が大いにあります。

閑話休題

そういう意味では手すりは必須なんです。
付けない訳には行きません。
しかし、自分の老後のために要るんだ!と懇願しても

   

嫁「じゃあ痩せろ、デブっ!」

   

で全てが終わってしまいます( ;∀;)
ここはゲストの力を使わざるを得ませんね。。。
それは。。。俺の親父です。
最近めっきり弱って、要介護となり
車いすの移動も増えてきました。
親父の力を借りましょう。   

手すりのメリット

八郎「いや、あー、あっ、オヤジっ!」

嫁「???」

八郎「親父がさあ、家見に行くわ、ってなったら、手すりあった方がいいんジャマイカ(◀理由の5%)

嫁「あっ、そうかあ、それはそうかも。。。」

八郎「それに、老後の事を考えると。。。俺らもどうなるかわかんないし、手すりはつけておこうよ(◀理由の95%)

嫁「うーん、そうねえ、それはそうかもしれないけど。。。」

    

うーん、イマイチ決定打に欠けますな。
ここは外構担当も巻き込みましょう。
お金がかかる方に加担してくれ、と言ってるので
きっとそれらしいメリットを授けてくれるはずです。

    

八郎「外構担当!手すりのメリットを教えてください」

外構担当「わかりましたっ!メリットは何と言ってもですね。。。」

八郎・嫁「(コクコク)」

外構担当「転落防止ですっ!」

八郎・嫁「」

     

。。。嘘やろ。
これには嫁だけでなく、俺も開いた口がふさがりません。
ここから落ちる?そんなやつおるんかーい!ルネッサーンス!!
全然援護射撃になっていません。

     

外構担当「その空気は全然信じていない感じですね。。。でも本当に転落防止につけられる方が多いんですよ」

    

いや、家で銃撃戦でもやってて
全力でドアを開けて全力で転がり込むようなシーンがあるならわかるんですが。
幸いにして八郎家はそんなワイルドな家ではないので、そういうシーンは皆無です。
しかし、折角の外構担当の援護射撃です。
これを何とか活用しましょう。

    

八郎「ま、まあ手すりが付くことで、歩行の援助と転落防止に一役買ってくれるみたいだしさ」

嫁「ジーッ」

八郎「将来のためにも(そして俺のためにも)ここは付けておこう、悪くないよ」

嫁「。。。」

現場監督「。。。。」

嫁「。。。ん、わかった。将来への投資だよね?ここはケチったらダメだよね」

八郎「そ、そうそう!そうだよ、付けとこう!」

現場監督「(ホッ)かしこまりました」    

手すりの色はどうする?

出典:リクシルHP

現場監督「お色はどうなさいますか?」

八郎「現状の黒以外に何か提案できるものはありますか?」

現場監督「それ程多くは無いんですが…現状の雰囲気から合わせると」

八郎・嫁「(コクコク)」

現場監督「明るく『シルバー』なんてどうですか!?」

出典:リクシルHP

八郎・嫁「」

し、シルバーだとぉ。
バックのダーク系の色に、シルバーを合わせると。。。
間違いなく、手すりが浮いて、自己主張が激しくなりそうです。
手すりが目立ってもしょうがないですよね。

    

八郎「。。。他にはどんなのがありますか?」

現場監督「他だと。。。こんな感じですかね」    

出典:リクシルHP

うーん。これだと黒が無難に見えます。
大人しく背景に溶け込みつつ、必要な時に、歩行や転落防止に一役買ってくれる。
黒の手すりがしっくり行きそうです。

    

八郎「黒の手すりにしようか?」

嫁「(コクン)」

八郎「じゃあ、色は黒で」

外構担当「かしこまりました」
(次回へ続く)

    

家を買ったのが40過ぎだったからでしょうか?
所々におっさんを通り越してじじいの発想が入っております(笑)
まあ、人生半分を過ぎると
何となくそんな先の事も考えるかもしれません。

         

因みに、今から車いす使用の段差無しスロープに出来るか聞いたら。
もうここまで進んだら無理
もっと最初の打ち合わせで言ってくれ、と言われました。
(▲こんな乱暴な言い方ではありませんが、意訳するとこんな感じでした)

          

もし、段差無しスロープや完全バリアフリーを望んでいる場合は。
打ち合わせの初期段階で申し出ておく事をオススメします。
いまは、スロープは段差ではなく坂に。
玄関も完全バリアフリー(段差無し)の家もあるみたいですよ。

         

しかし、この手すり。
八郎ひとつ大きな失敗をやらかしました。
写真を見て気づかれた方もいるかもしれません。
それは、またの機会にお話ししたいと思います。

              

それでは次の打ち合わせです。
ここからは、外観、見た目重視の話になってきます。
前面はブラックのラスティックタイルを貼った八郎家。
重たい雰囲気になりがちの外観を
外構でどううまくまとめるのか?
て言うか、予算も無いのに出来るのか?

           

しかし、外構担当の提案が
混乱に拍車をかけようとは。。。

        

次回「手を抜く外構担当」

君は、選び抜くことができるか?

▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
▶ブックマークはコチラのページをお願いします!!◀
八郎のラジオ「はちろん!」公開中です!良かったら覗いてください!!◀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です