建築日記第1話「やっぱりおうちたてようかな」はコチラ!!

#036 絶対我が社で家を建てさせようと画策するB社営業

どうも!八郎です!!

△△△(分譲地の名前)の土地の希望を伝えると、
なぜか全力でうなだれるB社営業。
そこに見え隠れるB社営業の「思惑」とは?

         

注文住宅とは、施主ありきではないのか?
そんな疑問がもたげてくる出来事が、この後、すぐっ!(笑)

         

では続きをどうぞ!!    

表向き施主の意見は聞いてはいるが…

営業「それで…気になった土地はありますか?」

八郎「はい、検討した結果土地④と⑤になりました!」

営業「。。。そうですか。。。」

   

聞かれたままに、我々の希望を伝えたら。
思いっきりうなだれて、テンションが下がるB社営業。
なんだか、言っちゃいけないことを口にしてしまったような雰囲気に。

   

注文住宅って、ある程度自分たちの言いたいこと、言ってイインジャナイノ?
と思ってしまっていた矢先、
この後、B社営業から、更に信じられない言葉がっ!?
(▲何かの影響を多分に受けています、ご了承ください(笑))

            

B社営業「実は、私から、八郎さまに提案がございます」

八郎「はあ。。。」

B社営業「実は、おすすめの土地がありまして、ご紹介させてください」

八郎「えっ?」

嫁「えっ?」

   

おすすめの土地?何だそれは???
そんな逆提案、聞いたことないんだが。。。

   

八郎「それは…どこですか?」

営業「⑥番の土地です」    

有り得ない提案

⑥番の土地?
全く気にもしていなかった土地です。
慌てて区画表を見直します。

            

場所は分譲地の入口すぐの所に座し、なかなかの広さ。
土地は東向きです。 
しかし。。。

土地価格は1600万オーバー

          

1600万では予算オーバーも甚だしく、我が家の予算では到底無理。
話になりません。
土地にはお金をかけたくないのは、
営業にも伝えたはず。
なぜ、このような我々の要望を無視したような土地を

       

オススメと言えるのか?

        

全く解せません。
晴れ渡っていた心に、黒い雲がかかり始めた気分になります。

   

八郎「ここは高すぎます、予算オーバーです」

       

ここはハッキリ自分の意思を伝えます。
しかし、B社営業。
この反応は想定していたかのように、即座に切り返しが。

            

営業「土地に関してのお値引きは直接は出来ませんが、上物(家本体のこと)で値引き処理させて頂きます

       

。。。なんか言ってることが曖昧過ぎます。
ここはきっちり詰めないと。

        

八郎「じゃあ、土地総額が1200万相当になりますか?」

営業「それは。。。」

八郎「具体的には、いくら位なら値引きできそうなんですか?」

営業「頑張って100万です」

八郎「」

   

これは有り得ません。
我々の予算は伝えているはずです。

場所もさることながら、
予算すら無視するB社のありえない提案に、
言葉を失います。

    

「画策」するB社営業

9b03785404034981d6575d79b47ce5cb_s.jpg

しかし、なぜこの⑥番の土地執拗に勧めるのでしょうか?

   

八郎「教えてください」

営業「何でしょうか?」

八郎「なぜ、⑥番の土地をオススメするのですか?」

営業「それは、八郎様にプレミアムオーナーになっていただきたいからです」

嫁「」

八郎「はあ?」

   

八郎家の困惑を他所に、
営業の得意げな説明は続きます。

   

B社営業「⑥番は分譲地の入口程無いところに位置し、分譲地の一等地でありながら、広さも充分な土地です」

八郎「(だから価格が高いことくらい、素人の俺でもわかるわ(# ゚Д゚))」

B社営業「この土地なら、色々なプランも可能です」

B社営業「それこそ、この前の分譲地で見て頂いた、最後の家のプランの良いところをそのまま持ってきながら。。。」

B社営業「駐車場3台、いや4台でも可能でしょう」

    

なるほど。
この前の建売のプランをそのまま持ってきながらの、
駐車場4台作れる土地ですよ。

と、我々を釣っておきながら。

その実は、どうやら、
分譲地の一等地でどこからでも目立つ場所に位置しているので、
広告塔として、わりかし豪華な建物を作って、
一般客にアピろう、と言う魂胆でしょうか?

         

真意はわかりませんが、
どちらにしても我々の意思を無視した、
こんな提案を到底呑むことは出来ません。   

提案を突っぱねる

八郎「すみませんが、⑥番の土地は受け入れられません。予算をこちらに近づけてくれるなら考えますが、土地だけで予算オーバーです、これでは厳しい」

B社営業「この土地を選んでいただければ、絶対後悔しない住まいの提案を約束します。考えて頂けませんか」

   

客の意見を蔑ろにして話を進めようとする、
B社の営業のペースに付き合うのは抵抗がありました。

   

八郎「。。。すみません、やはり土地は当初の希望の④番か⑤番にして下さい」

B社営業「。。。そうですか、わかりました。でしたら出来れば④番でお願いします」

八郎「④番を勧める理由はなんですか?」

B社営業「④番の土地は、その両隣の家が既に建築済です。これは、後から建築できる我々にとっては非常に有利でもあるんです

八郎「ほうほう、と言いますと」

B社営業「既に、出来上がっているから回りの環境に変化がありません」

B社営業「よってどういう風に建てようか、と言うシミュレーションが綿密に出来ます

八郎「そうか!既に出来上がっているから、この環境でシミュレーションできるんですね」

営業「そうです。逆に周りに物件が建っていない状態というのは、結構ギャンブルです。後発の物件の建て方次第では、厳しい環境に変わる可能性があります

営業「ちなみに、④番の土地の南側の家は、南東の角地で道路が北側にしか面していないため、建物を南側に寄せて、北側に駐車場を確保しています」

八郎・嫁「(コクコク)」

営業「④番の土地は、南側に駐車場を取りますので、大きく建物と建物の間にスペースが確保出来、採光は十二分に取れます。明るさいっぱいのLDKになりますよ!」

八郎「うーん成程、これは良いですね!」

   

とまあ、条件も良いので④番の土地を仮押さえすることにしたんですが、
これも今考えれば、B社の広告塔として考えた場合、
高圧線下の⑤番より④番の方が絶対に見てくれも良かったんだと思います。

        

⑤番に関しては高圧線の話以外、
いっさい触れられませんでした。

           

採光のメリットに推されて④番を選択しましたが、
今考えれば、このB社の話の進め方はどう考えてもおかしかったです。
客を蔑ろにし過ぎです。

        

まあ、裏を返せばそれだけ八郎は舐められていた、
ということでしょうか。。。
皆さん、勉強不足はカモられますよ…ご注意ください(笑)

      

と、言うことでB社との打ち合わせは土地④番に絞り、
次回プラン作成・披露ということになりました。   

希望を伝える

営業「次回は前回のモデルハウスを見た分譲地でお会いしましょう。張り切ってプラン作成してきますよ!!」

八郎「あ、すみません。この前のプランに、これも追加してもらえませんか?」

サニタリールームの設置(B社プラン)
✅○パントリーの設置(B社プラン)
玄関は広くする。出来れば白系でまとめる(セキスイハイムプラン)
キッチンかダイニングは「ペンダントライト」を採用する(セキスイハイムプラン)
ダイニングテーブルの後ろに「勉強&仕事用机(PCデスク)」を設置する(セキスイハイムプラン)
○磁器タイル外壁は貼りたいね(セキスイハイムプラン)

と言う内容を伝えました。

   

B社営業「かしこまりました。タイル外壁は微妙ですが。。。プランに反映させますね」

    

こうしてB社との2回目の打ち合わせも終了。
次回、セキスイハイム・B社両者のプランが合間見えます。
またしても、打ち合わせは午前セキスイハイム、
午後B社のダブルヘッダーです(笑)
果たして、我々をうならせるプランは提示されるのか?

。。。別の意味で「うなる」事になるとも知らずに、
次の打ち合わせはやってくるのであります。

(次回に続く)

   

いよいよ、各営業にプラン作成を依頼し、
次回セキスイハイムとB社のプランが合間見えます。
2大HMの知恵と技術を絞った、プランや如何に?

次回「セキスイハイムの「プラン①」と「プラン③」」

君は、選び抜くことができるか。

▼我が家で使用しているおうち関係の商品紹介しています!
▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
▶ブックマークはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です