建築日記第1話「やっぱりおうちたてようかな」はコチラ!!

#045 B社営業が契約を急かすウラを探れ!

どうも!八郎です!!

B社営業のセールストークにまんまとハマり、
本日中に契約していただければ
快適装備に理想のプランを、またとない値引した金額で出します!!
と言われて、

        

今日中に結論を出す約束をしてしまった、アホの施主極み八郎

       

しかし、八郎には、その見積もりの金額が、
B社営業の言う「またとない値引した金額」なのかを、
確認する術がありません。

       

家に見積書を持ち帰り、途方に暮れていたら。。。
天啓が降りてきます。

そうか、B社で建てた会社の同僚B君に聞けば何かわかるかも!?

藁にもすがる思いで、B君に電話する八郎。
果たしてB君は、八郎に何を教えてくれるのか?

それでは、続きをどうぞ!!    

まずは妥当かどうかを確認

ショッピングモールで家庭サービスをしていた会社の同僚のB君。
八郎のただならぬ気配に、時間を割いてくれることに。
B君、この時はありがとう!本当に感謝しています!!

まずは見積もりのオプションについて1個1個質問していきます。

        

八郎「例えばこの電動シャッターなんだけど、○○万ってどうなの?」

B君「うわ、それってめっちゃ安いですよ。俺、負けてもらって□□万切るくらいでしたから」

   

こんな感じで、オプションの見積もりを聞いて回る八郎。
しかし、B君の答えは、概ね「安いです!!」と言う回答。
どうやら、見積もりそのものの信憑性は高そうな気配です。

             

B君「オプションの見積もりはかなり安いですよ!自分が建てた時はそんな値段は絶対出ませんでした」

八郎「そうかぁ、じゃあB社営業が言うように、本当にお買い得なのか。。。」    

オプションは安いっ!でも、総額は。。。変わらない?

オプションの価格はかなり安い!
というB君の評価。
これは、B社営業の言っている事は、実は正しいのでしょうか?

しかし、次のB君の質問で、
八郎の心の中ににわかに盛り上がっていた

実はB社営業いい人説

はものの見事に崩れ去ります(笑)

        

B君「ちなみに、建坪と総額っていくらですか?」

八郎「えーっと、32坪で4300万だね」

B君「ん?土地っていくらですか?」

八郎「1300万だよ」

B君「てことは…外構込みで上物3000万、32坪で3000万。。。」

B君「。。。こうして見ると安くないですね」

八郎「そうなの?」

B君「自分の所は、建坪34坪、土地900万で込み込み3700万でした」

B君「外構込みで、上物は2800万になります」

B君「全館空調は入れなかったので…入れたと仮定すれば+100万…上物は2900万になりますよね」

         

頭の中で暗算をしているのか、
会話が途切れ途切れになりますが、
一生懸命考えて、話してくれています。

      

B君「僕のほうは建坪は多いのに上物の総額は安くなっていますね」

B君「他に何かオプションはついていますか?」

         

そう聞かれて、慌てて見積もり書をぱらぱらめくりますが、
目ぼしいオプションは全て伝えたつもりです。

         

 

B君「んー、となると、建物がとてもゴージャスなんでしょうか。最高クラスの商品なのか…」

八郎「でも、オプションそのものの価格は安いと」

B君「そうなんですよ、そこは間違いない。でも総額はむしろ高いくらい」

B君「という事は。。。家が相当ゴージャスなのか。。。」

B君「それとも。。。」

八郎「。。。それとも?」

B君「八郎さん。。。」

       

B君が声のトーンが変わります。    

商売の基本

f:id:hachiroublog:20190128223626j:plain

B君「我々が、商談を早くまとめたい時ってどんな時ですか?」

八郎「それは…何か、状況が変わりそうとか、今まとめれば得することがあるとか」

B君「その鉄則って、実はどの業界も変わらないんじゃないですか?」

八郎「!!!」

B君「営業のやり方の良い悪いは別として」

B君「今、B社は△△△(分譲地の名前)での契約がのどから手が出るほど欲しい」

八郎「うんうん」

B君「そこに八郎さんがやって来た」

八郎「うんうん」

B君「簡単には手放したくない、販促もすぐにかけたいから長期戦にしたくない」

B君「だから、相手をその気にさせるような話術で気持ちを囲って。。。」

B君「早く結論を出させよう、首を縦に振らせるように仕向ける」

八郎「うーん、なるほど。。。」

         

B君、いちおう先輩の八郎に気を遣って、
言葉を選んでしゃべってくれていますが、
要は「あんたカモられてるよ」と伝えたかったのでしょう(笑)

         

B君「ただ、オプションは安いけど総額は高いから。。。」

B君「よっぽどグレードの高い家なのか。。。」

八郎「。。。家なのか?」

B君「我々ではわかり辛い部分で、調整が入っていて、トータルでそんなに変わらないような見積もりになっているのか」
(次回に続く)

   

B君の相談で、オプションの価格の妥当性はわかりましたが、それにしては総額が高いと言うこと。
これは、✅家のグレードが高いのか、
それとも✅他の装備で差額調整しているのか、
と言うのがB君の読みです。

           

このB社営業の見積もりに、情弱八郎は正しい結果を見出すことは出来るのか!?

次回「B社の見積もりをセキスイハイムに持って行く?」

君は、選び抜くことができるか。

▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
▶ブックマークはコチラのページをお願いします!!◀
八郎のラジオ「はちろん!」公開中です!良かったら覗いてください!!◀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です