#207 なかなか着工しない我が家

どうも!八郎です!!

           

地鎮祭もどうにかこうにか終了。
その後、地縄(家を建てる場所をビニールの紐で囲われているスペース)を確認して
見た目の狭さが半端なく、不安な気持ちに。。。
しかし、ハイム営業、現場監督共に
「素敵な家が建ちます」
と説得力の無い言葉かけに不審な気持ちは拭えないまま。

                  

しかし、もう賽は投げられています。
後は家が建つのを見守っていくしかありません。
地鎮祭の最後にこれからの説明を受けて、いよいよ着工!

             

のはずなんですが。。。

          

それでは、続きをどうぞ!!

これからは現場監督とのやり取りになる

ハイム営業「家を建てる位置も確認させていただきました。それでは、今後の事なのですが。。。」

   

地鎮祭も終わり、地縄の位置も確認し、
ハイム営業から、今後の事について説明があるようです。

    

ハイム営業「この後、いよいよ着工になるわけですが、今のところ着工は2月の頭になる予定です
(※以前の説明で、消費増税前の駆け込み需要がすごく、トラブルもあってスケジュールが立ちいかなくなって、工程表とは別日程になる説明が事前にあった)

八郎「おお、そうなんですね」

ハイム営業「工事に関するご連絡は今後現場監督から入るようにしております」

現場監督「着工の日程が正式に決まったらご連絡しますね」

八郎「(八郎の)電話番号はご存知ですか?」

現場監督「はい、伺っておりますので大丈夫です」

八郎「それでは、ご連絡をお待ちしております」

ハイム営業「今のお住まいからここまで、近いとお伺いしておりますので」

八郎「(コクコク)」

ハイム営業「現場を見に来られるといいかもしれません」

八郎「そうですね!(ブログのためにも)見に行くことにしますね!!」

現場監督「現地をご覧になって、何か気になる点がありましたらいつでもご連絡ください」   

実はびっくり経歴の持ち主だった現場監督

さあ、地鎮祭もお開きの空気が漂ってきた中。
そう言えば、現場監督の名刺を頂いたときの
あの疑問をぶつけてみる事にします。

現場監督

#203 いよいよ地鎮祭直前!そして「現場監督」登場っ!!

    

八郎「そう言えば現場監督、名刺を拝見した時、とても珍しいお名前だったように感じたんですが」

現場監督「…」

ハイム営業「…」

   

現場監督がチラっとハイム営業の顔を見ますが
ハイム営業は素知らぬ顔をしています。
思えば、この時からもう既におかしかったと言えば
おかしかったのかもしれません。。。

    

現場監督「。。。実は自分、クオーターなんです」

八郎・嫁「ええええええ」

     

何と、地鎮祭の最後にすごいオチが待っていました(笑)
体型が体型なので全然そんな風に見えなかったんですが
よくよく目を見てみると。。。
目の色も日本人のそれとは確かに違います。
カラーコンタクトをしているように見えなくもありません。

    

現場監督「父親が自分の国で名前をつけるようなイメージで名前を付けたんですよ」

八郎「へえー、セカンドネームみたいな感じでしょうか?」

現場監督「ちょっと違うんですけど…まあそんなところでしょうか」

ハイム営業「…」

    

。。。確かに。
サッカー選手で有名なブラジル人のネイマール選手。
我々はネイマールと呼んでいますが、
正式なお名前は

              

ネイマール・ダ・シウバ・サントス・ジュニオール
(Neymar da Silva Santos Júnior)

              

です。どこが1st/2nd/3rdネームなのか
八郎は学が無いのでわかりませんが
恐らくそんなイメージで付けられているのかもしれません。
南米の国のハーフであり
名前のイメージも近いのでそんな感じがしてしまい
勝手に解釈しています。

   

八郎「いやー、それは国際色豊かな家が建ちそうで楽しみですね!」

現場監督「それはちょっと…というか、全く関係ないと思います(笑)」

ハイム営業「…」

    

和やかな会話を一歩引いた立ち位置で黙って見守るハイム営業。
後々、このハイム営業が一歩引いていた理由が明らかになります。。。

              

そんな後半の波乱を知る由もなく、地鎮祭はお開きに。
いよいよ着工の連絡を待ちます。
が。。。    

待てど暮らせど連絡はなく

その後、いつもの日常生活に戻り
普段の業務をこなしつつ
待ち時間に個人のスマホをチラっと見やります。
しかし。。。
何の音沙汰もなく、1月は終わってしまい。

          

気が付けば、早くも2月に入ってしまいました。
(ちなみに地鎮祭が終わったのが1月19日)

うーん。。。おかしい。

  

ハイム営業「この後、いよいよ着工になるわけですが、今のところ着工は2月頭になる予定です」

ハイム営業「工事に関するご連絡は今後現場監督から入るようにしております」

現場監督「着工の日程が正式に決まったらご連絡しますね」

    

と言っていたはず。
現場監督から連絡があるはずなんですが。。。

連絡がないのはおかしいぞ。。。
2月に入り、とりあえず現地を見に行ってみます。

しかし、寒空の下、相変わらず枯草と地縄しか確認できない我が土地(ローン返済中(笑))。
いったいどうなっているんでしょうか。。。

そんなもやもやした思いを抱いた2月4日の昼下がり。
個人のスマホに届く1通のLINE。

    

LINE「〇〇〇(嫁の名前)が写真を送信しました」
(次回へ続く)

    

皆さんは、着工日の連絡はありましたか?
結論から言うと八郎にはありませんでした。
頂いた工程表には「2月4日」と記載されていましたが、
「変更になりますので決まり次第連絡します」
という言葉を頂いてました。

                

ただ、気になるなら受け身にならず自分から電話して確認すべきだったな、
と言うのが今思うと反省です。
たっかいお金払ってんだから、連絡くらいしてくれるだろう
とふんぞり返ってしまっていたような気がします。
当然、連絡がないのはどうかと思うんですが。

            

受け身ではいけない、と感じたのもこの時です。
皆さんも、おかしい、と思ったらバンバン連絡して確認をとる事をお勧めします
(当たり前?失礼しました)

                

さて、着工が無い事に不安を感じ、土地を見に行くもそのまま。
いつまで放置されるのか、
と不安になっていたところに、嫁のLINEが届きます。
その写真に、ついに待ちに待った映像が収まっていました。

次回「ついに着工!地盤改良【我が家が出来るまで(1)】」

君は、選び抜くことができるか。

    

▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です