建築日記第1話「やっぱりおうちたてようかな」はコチラ!!

#168 失敗しない?注文住宅の最終仕様確認チェック項目

どうも!八郎です!!

           

しくじり話第3段(笑)
どれだけしくじれば気が済むねんっ!て話ですが、
しくじり八郎がお送りする、今回のお話は、

            

最終仕様確認のチェック項目

        

です。
家の全てを決める、と言っても過言ではない、
最終仕様確認において、
大事な確認すべきポイントを抑えたいと思います。

           
と大袈裟にぶち上げましたが、
実は大した内容ではありませんが、
八郎の実際の失敗談も交えて
さらさらっと話が出来たらと思います。
少しでも、皆さまのプラスになれば幸いです。

        

それでは、早速始めましょう!

しっかり人の話が聞ける体制を整える

何を当たり前の事を…
と言われそうですが、
そのアタリ前のクラッカーな事が出来ずに、
失敗した人はここにいます(笑)

        

実際に八郎がやらかした失敗は、

オプションの決定を最終仕様確認当日まで持ち越していた
✅そのオプションを決めかねて夜な夜な情報収集し、寝不足に

です。
絵にかいたような優柔不断と、
注意力散漫のコンボで、
個人的には結構後悔する「しくじり」をしてしまいます。

            

これを回避出来たであろう方法は…

最終仕様確認までにすべて決めてしまい、当日は聞くだけにする
(簡単なことでは無いと思いますが)
しっかり寝て、英気を養う

そんなのわかっとるわい!と言われそうですが、
何せ数千人の諭吉さんの命と、
その後のマイホームライフが快適かどうかを決めてしまう、
大事な1日です。
それくらい、大袈裟に備えておくことに
越したことは無いでしょう。

            

最終仕様確認後に変えられる箇所を確認する

基本、最終仕様確認と言えば、
今まで打ち合わせして決めてきた、
全ての事象を確認する場です。
確認後の変更は、基本不可です。

        

しかし、ここからはハイム(八郎個人?)の場合なんですが、
実は最終仕様確認後も、変更できる箇所がありました。
それは、クロスやカーテンです。
もし、そのような「仕様確認後」に変更できるものがあるか、
事前に確認しましょう。

         

当然、全てをこの場で決めてしまうに越したことはありません。
しかし、もしその後に決められる事象があるのであれば、
その部分は少し緩んでもOK。
その代わり、本当に決めてしまわなければならない事象に、
全精力を傾けましょう。

           

全ての仕様やオプションを1~100まで聞き取り、
確認することは思った以上に重労働です。
もし、少しでも気を抜けるところがあるのであれば、
そこは小休止もやむを得ないと思っています。
(ちゃんと聞くことが望ましいですが)
それくらい、当日決めてしまわないといけない事象に、
力を注いでください。

自分が命を懸けている箇所は死ぬ気で聞く

家に採用したオプションの中でも、
自分の肝入り、家族の肝入りオプションはあったりしませんか?
極論、これを採用したいがために家を建てた!的なヤツですね。

         

そういう肝心なオプションは、
耳の穴をかっぽじってよく聞きましょう。
なぜなら、そういうあなたが絶対に譲れないような、
マニアックな要望は、
パートナーにとってはどうでもよいオプションです(笑)
まさに、自分の身は自分で守る(笑)
こだわりが強い所は、心して耳を傾けてください。

          

「家づくりノート」を活用する

「失敗しない?プラン打ち合わせ」の時に提案した「家づくりノート」。

#166 失敗しない?注文住宅のプラン打ち合わせ方法【前編】

これを作られた方は、最終仕様確認時に活用してください。
特に、営業と口約束的な話をもらっていたにも関わらず、
最終仕様確認時に、その内容が反映されていない場合。
そう言う場合は、家づくりノートをパンパカパーンと披露して、

             

You「はい、あなたは○月○日○時○分、こうこうこう言って頂いたので、それを反映させてください」

         

と言い寄ってOKです。
営業も人の子です。
これまで話してくれた事全部覚えているのが、
職業的には当たり前なんですが、
施主は自分だけではありません。
多くの施主の打ち合わせに揉まれ、
うっかり忘れている事もあるかもしれません。

          

言った言わないの不毛な言い争いを避けるためにも、
「家づくりノート」の作成をオススメします。
最終仕様確認時にその真価を発揮してください。           

値引き交渉が出来る最後の場

あまり私は値引の話は好きでは無いんですが…(◀は?)
値引をお願いする最後の場になる可能性が高いです(笑)
最終仕様確認を過ぎると、値引きを引き出せる可能性は、
HMにミスでもない限り、非常に難しいでしょう。

         

その値引交渉ですが、
ただ、やみくもに値引きをお願いしても、
なかなかOKしてくれないと思います。

           

。。。まあ、
頭を下げて大きな声で値引をお願いして、
OKもらった人もここにいますが(笑)

#143 値引して下さい!お願いします!!と言ったら値引する?

しかし、それは稀なパターンだと思います。
ここで、色々な人から聞いた、値引き交渉術をご紹介します。

総額でジャスト○○○○万円にして下さい!

固有のオプションの値引きに固執しても、なかなか応じてもらえない可能性が高いです。
でも、他の商品やオプションなら、まだ引ける余裕があるかもしれません。
そう言う可能性をしっかりつかむには、
金額だけ具体的に出して、これなら心置きなく決めれます!
と言ってみましょう。
ダメもとで言うべし。言うのはタダですから(笑)

これをつけて総額○○○○万円にして下さい!

どうしてもつけたいオプションがあるけど、まともに払うのはちょっと。。。
と思っている方に試してもらいたい交渉です。
もちろん、オプションの内容によっては交渉の余地が無い物もあります。

しかし、オプションは沢山付けた方が値引もしやすいと聞きます。
(こればっかりは、オプションの内容にもよりますが)
ちょっと無理かもな、くらいのハードルの高い値引をお願いすれば、
思いの外、妥協点での値引きが入った金額を引き出せるかもしれません。

           

最終仕様確認時の書類に印鑑を押してしまうと、
そこからの値引き交渉は、HM側に不備でもない限り、
まず不可能です。
まさに「最終仕様確認」ならぬ、
「最終値引様確認」(笑)
しっかり交渉して、値引きを勝ち取ってください。

         

あ、でも値引の交渉はあくまでもスマートに。
どこかの誰かさんは、夫婦で芝居をうって値引を勝ち取ろうとしていましたが…

#141 夫婦で芝居を打ち、最後の値引交渉を成功させたい

そんな事をして、HMや営業との関係を壊しては元も子もありません。
そういう姑息な手を使うのはやめましょう
(▲どの口が言ってんだか。。。)              

まとめ 最終仕様確認チェック項目

エラソーに言える程のモノではありませんが、
いちおうまとめておきます(笑)

しっかり人の話が聞ける体制を整える
✅最終仕様確認後に変えられる箇所を確認する
✅自分が命を懸けている箇所は死ぬ気で聞く
✅「家づくりノート」を活用する
✅値引き交渉が出来る最後の場

ごく当たり前の事をウダウダ書きやがって…
と思われるかもしれませんが、
本当にここで全てが決まってしまう最終仕様確認。
悔いの残らない最終確認にしてもらうべく、
八郎の失敗談を中心にお話させてもらいました。

            

今更ですが、当然核となるポイントは、

          

自分が選んだ仕様になっているかどうかの確認

          

です(笑)
ただ、その当たり前の確認が出来なくて、悔やまれている人が、
私以外にもいらっしゃるようなので、
色々考えて思いつくことを書いてみました。
参考にして頂ければ、幸いです。

         

それでは、次回より「建築日記」再開です。
いよいよ新章突入。
2018年年末に、最終仕様確認を終え、
新年2019年1月19日の地鎮祭のその時まで、
ゆっくりその日が来るのを待つ八郎家…

           

な、訳ないですよねぇ~(笑)
いよいよ、あのお方が本領発揮。
新年早々、腕をまくって行動を開始するのであります…

           

次回「嫁氏、新居に必要な家具をリストアップする」

君は、選び抜くことができるか?

▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
▶ブックマークはコチラのページをお願いします!!◀
八郎のラジオ「はちろん!」公開中です!良かったら覗いてください!!◀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です