建築日記第1話「やっぱりおうちたてようかな」はコチラ!!

#379 デロンギの電気ケトルをお買い上げ?

どうも!八郎です!!(@eightblog_hachi)

          

            

不仲の妹に、新築祝いを買ってもらうため
ヨドバシカメラに来ています。

#369 不仲の妹が、新築祝いを買ってくれるという事らしいので

紆余曲折ありましたが!
諭吉さん14人分のハイスペックのオーブンレンジ
パナソニック社のビストロSE-1500を
妹に買ってもらいました!

#376 妹は新築祝いに諭吉さん十数名のオーブンレンジを買ってくれるのか?

。。。
本来ならここで買い物は終わり!
何ですが、ゲスの兄貴極み八郎は
妹が購入したオーブンレンジのヨドバシポイントを当てにして
電気ケトルを買わせようと策略を立てます。

#377 バルミューダの電気ケトルが欲しい嫁

#378 嫁は「デザイン」と「横文字」に弱かった

前回までのお話で、
嫁はバルミューダの電気ケトルを狙っていますが、
何せ「お値段」が1万2千円と高すぎます。
よって、

        

他海外メーカーの電気ケトル

       

を狙う事にする八郎。
果たして

✅バルミューダに代わる
✅海外メーカーで
✅嫁を納得させられる

電気ケトルを見つける事は出来るのか!?

        

それでは、続きをどうぞ!!

電気ケトルに照準を定める

電気ケトルはオーブンレンジと同じ調理家電。
間違いなくこのフロアに売場が存在するはずです。
でっかい箱に入ったオーブンレンジを台車で押しながら
出口に向かうフリをして、電気ケトルを探します。

        

妹「。。。アニキ、出口そっちじゃないよ」

八郎「あ、ああ、そうだったっけか(ゲス芝居)」

        

妹からド正論を突き付けられるも、ひるまず遠回りする八郎。
蝦を回収するためなら、どこまででも遠回りしますよ!

          

オーブンレンジのでっかい箱を台車で押しながら
電気ケトルの売場を探すと。。。ありました!
通路1本分、電気ケトル売場になっています。
ここに狙いを定めます。

        

八郎「お、電気ケトルみーっけ♪」

妹「。。。」

      

本当はたまたまみつけたと言うよりは
ガチで探していた部類ですが、
あまり余計な事を言うと、
引き続きスポンサー様のご機嫌を損なうかもしれません。
ここは黙ってスポンサー様の意向を損なわないようにします。

        

八郎「いや~嫁が(電気ケトル)欲しいって言ってんだよねぇ。。。」

妹「えぇ~、まだ買うの?」

       

妹はまたここで足止めを喰らうのを嫌っているようです。
個人的には、オーブンレンジの時のように
自分の興味のあるジャンルの売場に行ってもらい
小生が選んでいる間は時間をつぶしてもらう。

         

商品が決まったらLINEで召喚して
ヨドバシポイントが溜まったスマホを操作して
ポイントでお支払いをしてくれればOK!

         

。。。これが現状思い描いている青写真です。
果たして、うまくいくのでしょうか?

帰ろうとする妹

妹「。。。じゃあ、私帰るよ」

八郎「!!!」

         

いやいやいやいや、それはイカンザキ!
君には「ヨドバシポイント」を放出してもらう役目があるんだ!!
今帰られたら、目論見が破綻してしまいます。

        

八郎「それはいかん!オーブンレンジの代金全て出してもらったし」

八郎「帰りくらい車で送ってやるよ」

妹「ええー、でも、ここにいるのはつまらんよ」

八郎「なかなか市内のヨドバシ(カメラ)とか来ないでしょ?」

八郎「折角だから自分の興味のある商品でも見たら?」

        

何とか妹を繋ぎとめようと抵抗を試みるダメ兄貴。
しかし、本当に家電に興味が無いんでしょう。
妹はけんもほろろの対応をしてきます。

        

妹「それは、さっきのオーブンレンジの時に見てきたから」

八郎「」

妹「もう、ここには用が無いな」

八郎「」

#376 妹は新築祝いに諭吉さん十数名のオーブンレンジを買ってくれるのか?

これはマズい展開です。
このまま帰られたら、
ノーマネーならぬ、
ノーケトルでフィニッシュです、
と吉田栄作に言われてしまいそうです。

         

もうこうなれば、必死です。

         

八郎「いやー、オーブン全額払わせたのはマジで悪いって思ってるから」

八郎「本当に家まで送り届けてやりたいって思ってるんだ!」

妹「。。。」

八郎「だがしかし!嫁が電気ケトルに興味があるから」

八郎「市場調査もしたい!!」

八郎「ゆえにっ!!」

妹「。。。」

八郎「10分。。。あ、いや、15分、15分時間をくれっ!」

妹「わーたわーた(注:わかった、わかった、の意味)15分ね」

妹「15分経って、連絡なかったら私帰るわよ」

八郎「わかった!すまんっ!!(ホッ)」

      

そう言うと妹はフロアのどこかへと消えていきます。
さあ15分で、先ほどの、       

✅バルミューダに代わる
✅海外メーカーで
✅嫁を納得させられる

の条件を満たした電気ケトルを探しに急ぎます。

海外メーカーの電気ケトルは決して多くないが。。。

https://www.delonghi.co.jp/products/detail/id/546

さあそれでは電気ケトル探しです。
国産メーカーは名前が。。。
という理由だけで却下です。
いま思い起こしても本当に酷い話です。

       

同じ高身長イケメン容姿の男子であっても、名前が

「ジョージ:ラッセル(この前は惜しかった!)」

なら結婚できるかもしれませんが

「山田 太郎」

だと論外になるんです。
そんな世知辛い話があってもいいのか。。。
あ、また話が逸れてますね。
急いで電気ケトルを探しましょう。

        

海外メーカーで即目に付くのは

「ティファール(T-fal)」

です。


しかし、これは注ぎ口がOUT!で論外。
注ぎ口がうにょん!となってるのは。。。

       

「ラッセルホブス」


「デロンギ」でした。


ラッセルホブスについては八郎、聞いたこともなく全くの無知でしたが、
デロンギは知っています!
それは。。。

オイルヒーター!!


クリーンで燃料代のかかりにくいヒーターを
過去、ひとり暮らし時に探していた事があって
このメーカーに行きつきました。

          

実際、あまりに温まりのパワーが弱かったので
その時はデロンギのオイルヒーターを買う事は無く終わったのですが、
まさかの再会です。

       

ここで会ったがデロンギ!
(別に仇にしていたわけではないけど)         

出典:https://www.delonghi.co.jp/products/detail/id/546

✅うにょん!とした注ぎ口
✅バルミューダに代わる嫁を説得できる
✅海外メーカー

一度はオイルヒーターの時に袂を別った海外メーカーが
再びケトルに興味のない八郎と組んで
嫁を納得させることは出来るのか?

      

そして、最大の問題。
スポンサー様のポイントを使う事は出来るのか?
ハードルはまだまだあって多難です。。。
(次回へ続く)

    

さて、電気ケトルを探しはデロンギの照準を絞った八郎。
まずは、スポンサー様のポイントを放出してもらうために
妹を説得しないといけません。

        

果たして、どんな説得をすれば
妹はポイントを放出してくれるのか!?

       

次回「見え見えのお世辞でも、妹はデロンギの電気ケトルを買うのか?」

ビルド(build)スタンバイ(stundby)!

▼我が家で使用しているおうち関係の商品紹介しています!
▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
▶ブックマークはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です