建築日記第1話「やっぱりおうちたてようかな」はコチラ!!

#409 新築の光熱費をセキスイハイムに払わせた男

どうも!八郎です!!(@eightblog_hachi)

         

つまらない記事を1週間ほど書いてみました。。。
その結果、分かった事は

このブログに真面目な記事は求められていない

と言う事でしょうか(笑)
薄々気が付いていたんですが、
このブログは人が書かないような
おバカな事ばかり書いているから
何とか生き残っているんだ!
と、言う事を実感した次第であります(笑)

       

たまーにとち狂ったかのようにマジメ腐った記事を書くことが
これからもあるかもしれませんので、
その時は生温かい目で見守ってやってください。

       

さて、お待たせいたしました!
小生のクズっぷりを自慢する会です!!
読者の皆さま、存分に小生を嘲笑ってください!!!
果たして、今回もどれだけ鬼畜な施主なのか?

         

それでは、続きをどうぞ!!

水道・電気・ガスの使用停止・開始の連絡をする

八郎がまだ新居に入居する直前に、話は遡ります。
ブログで言えば、これよりちょっと前のタイミングでしょうか?

旧居の水道・電気・ガスの使用停止と
新居の水道・電気のガスの使用開始の連絡をする事に。

        

八郎の「旧居▶新居の引っ越し」は同じ市内という事もあって
水道も電気も同一管内の管理会社になります。
ガスはプロパンガスを旧居では使用していましたが
新居はオール電化になるので、
プロパンガスとのお付き合いはこれでおサラバです。

ちなみに、ライフラインの停止・開始時の手続きに関する
うんちくをチョロっと書いておきます。

入退去時の手続きの方法と立ち合いの有無

【退去時】主な手続きの方法立ち合いの有無
電気電話・インターネット不要
水道電話・インターネット必要な場合もあり
ガス電話・インターネット必要な場合もあり
【入居時】主な手続きの方法立ち合いの有無
電気電話・インターネット不要
水道電話・インターネット・郵送不要
ガス電話・インターネット必要

インターネットと電話のメリット・デメリット

【電話】
〇メリット:・喋るだけ、ラク
×デメリット:・時間か限られている・電話代がかかる

【インターネット】
〇メリット:・24時間手続きができる・お金がほぼかからない
×デメリット:・入力が手間・お客様番号等を用意しないといけない

既に契約されております

さて、新居への入居を1週間後に控え、
水光熱の取引会社に停止・開始の手続きをすることに。
インターネットで手続きが出来るのも知っているんですが、
生憎お客さま番号を持ち得てないので
全て電話で済ませることに。

プロパンガス屋

停止に関しては立ち合いが必要との事。
そして立ち合い後、最初契約の時に預かった「1万円」を
返却する旨を伝えられました。
もう、15年以上昔の話で、1万円を渡したことも
嫁が業者に渡したのか、小生が業者に渡したかも、
全く覚えがありません。

       

。。。しかし、覚えていないがゆえに、
この1万円は、こっそり、そしてしっかり
懐に入れられそうです。これはラッキーでした(笑)

       

ちなみに、立ち合いの約束の日時を完全に失念しており
プロパンガス屋の兄ちゃんが半ギレしていたのは内緒です(笑)

水道局

水道局に関しても手続きは楽でした。
同じ市町村内の水道の停止・開設だったため
立ち合いも不要、口座もそのまま、開始日もこちらの申告通りで通りました。

      

このまま、電力会社も何も問題なく進むのかと思いましたが。。。

電力会社で引っかかる

最後は地域の電力会社です。
停止については問題なく申請日に停止する旨言われたのですが。。。
新規の開設の所でひっかかります。

       

電力会社「。。。もう1度住所をお聞きしても良いですか?」

八郎「はい、〇〇市××町△△12-34ですが。。。」

電力会社「えーっと、その住所は。。。」

八郎「。。。」

電力会社「既に契約されておりますね

八郎「えっ!?」

      

予期せぬ電力会社の返答にびっくり!
八郎が1週間後に住むはずになっている新居に、
既に電気の開設の契約をした人がいようとは。。。
もしや、あの新居は実は新居ではなく、
1週間くらい、我々別の人が住んでいたりするのでは???
(▲現地には見に行っているのでそんな事は無いはずは、冷静に考えればわかるはず(笑))
いささかの動揺を隠せない八郎です。

          

ハイム営業に電話してみると。。。

電力会社「。。。新規に電力を使用されるお住まいは新築ですか?」

       

電力会社のオペレーターがズバリを聞いてきます。
住所を見ただけで、新築とわかってしまうものなのか?
電力会社のオペレーター、恐るべしです。。。
と思っていたんですが、これはちゃんとした訳が存在していました。

        

八郎「はい、そうですが。。。」

電力会社「でしたら、1度新築を建てられたハウスメーカーにご連絡してもらえますか?」

八郎「はあ。。。そうですか。。。」

電力会社「それで確認されたうえで、またご連絡いただけますか?」

八郎「。。。わかりました」

      

なんだかキツネにつままれたような気分で電話を切る八郎。
どうも釈然としません。
釈然としませんが!
セキスイハイムに聞いてみないと先に進まないのもまた事実。

         

ここはハイム営業に電話をかけないと前進できません。
とりあえず、ハイム営業に電話します。

       

プルルルル…プルルルル…ブツッ

ハイム営業「もしもし、セキスイハイムのハイム営業です」

八郎「こんにちは、八郎です。お世話になります!」

ハイム営業「。。。お世話になります」

      

やや警戒した声色で電話に出るハイム営業です。
恐らくこんな出来事があったことが
インテ担当経由で報告が上がっているのでしょう。。。

八郎「ちょっとご質問したことがあって。。。」

ハイム営業「はいなんでしょう?」

八郎「実は、新居の電気契約うんぬんかんぬん。。。」

      

と上記の話をひと通り話すと

        

ハイム営業「なるほど、新居の電気の契約の件ですね、わかりました」

八郎「えっ?何かご存じですか?」

ハイム営業「『現場監督』に折り返し電話させますので、少々お待ちいただけますか?」

八郎「あっ、そうなんですね、わかりました。。。」

       

運命は現場監督が握っているのでしょうか?
(次回へ続く)

       

ハイム営業は現場の事は現場監督に聞いてくれ
とばかりに丸投げ状態(←失礼な言い方(笑))
現場監督の電話を待ちます。

      

そして。。。
現場監督の好意を踏みにじる
クソ施主の振る舞いをご覧ください(笑)

         

次回「新築の光熱費をセキスイハイムに払わせた男(2)」

【★告知★】家づくりをしている方を応援するサイト「コダテル」で八郎のブログが読める!詳細はコチラをクリック!!
画像をクリックすると、最新記事へとジャンプします!

▼我が家で使用しているおうち関係の商品紹介しています!
▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
▼ブックマークはコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です