建築日記第1話「やっぱりおうちたてようかな」はコチラ!!

#420 町内会(自治会)入らない問題(10) サイコパス班長と口先男の壮絶な舌戦

どうも!八郎です!!(@eightblog_hachi)

          

新居における、「町内会(自治会)入るか・入らないか」問題。
セキスイハイムの現場監督に引き渡し時に
町内会について案内を受けていた八郎ですが、
面倒臭くて班長に連絡することをほたくります。

#418 町内会(自治会)入らない問題(8) 班長は2度、インターフォンを押す

すると、流石に入居してから1か月後、
班長が自ら我が家に訪問してくる事態に。
まあ、当然っちゃあ当然ですよね。

#419 町内会(自治会)入らない問題(9) サイコパス班長、入会を迫る

しかし、礼節わきまえない八郎家は
八郎が在宅する夜に来るように追い返す暴挙(笑)
そして、律義にその夜にやってくる班長(笑)

        

見立ては、かつてゴールデンタイムのお茶の間を和ませた
「ムツゴロウとゆかいな仲間たち」の
ムツゴロウさんこと、畑 正憲さんを若くしたような感じの
虫をも殺さないような優しそうな方ですが。。。       

あんまり使うとクレーム来そう(笑)

口を開いたら飛んでもないお方でした(笑)

        

町内会に引き込みたい、サイコパスムツゴロウと
町内会に入りたくない口先ブタ男。
ムツゴロウとブタの、ハブvsマングースをもしのぐ
舌戦の行方や如何に?

      

夜八時過ぎにムツゴロウとブタが軒先で舌戦を繰り広げ
周囲の住民はさぞかし迷惑だったことでしょう。。。

        

それでは、続きをどうぞ!!

舌戦始まる

ついにムツゴロウ班長が、
町内会に八郎を引き込むべく、
口火を切ります。

        

ムツゴロウ「で、町内会の件なんですけど」

ムツゴロウ「以前お住まいの地域では入られてましたか?」

       

そう来たか。。。
まっすぐに町内会に入れ、と言わず、
回りくどく聞いてくる辺りもかなりウザいです。
ちょっと笑顔がイラっとするので、煽ってみましょう。

       

八郎「いいえ、必要無いんで入っていませんでした」ドヤア

       

するといきなり信じられない事を言い出す
ムツゴロウ班長。

          

ムツゴロウ「ふーむ。。。いらっしゃるんですよね~」

八郎「えっ?」

ムツゴロウ必要無いから入らないって言われる方が

八郎「」

       

うおっふぉおおおぅ、
ニコニコしながら言うことはかなりエグいですねぇ。
うちの職場の上司に、こんな人がひとりいますけど
間違いなく同じ人種です。
自分のためなら         

人を平気で笑顔で刺せる

人種です。まさしくサイコパス。
こんなところにサイコパスがいようとは。。。
これは言葉を間違うと一気にやられます。
否定的な姿勢は崩さず、だが、
言葉選びだけは慎重に、です。

襲い掛かるサイコパス

とりあえず、相手をイラつかせながら
入りたくない意思を明確に打ち出す方針で行きます。
ただしNGワードを放り込んでしまうと、
間違いなくそこを突いてくるので、
言葉選びだけは慎重に、です。

       

八郎「自分だけよければ。。。と言うよりは」

八郎「周りに気を配れる余裕が無いんだと思います」

ムツゴロウ「。。。」

八郎「以前の地域も実は半年だけ、町内会に加入していました」

#412 町内会(自治会)入らない問題(2) 鮮烈の町内会デビューが仇になり

八郎「しかし、私の職場は日曜も普通に仕事の職場でして」

八郎「日曜日の清掃活動やゴミ分別になかなか参加できず」

八郎「いろいろご迷惑をおかけしました」

八郎「今回も同様の事になるのが目に見えておりまして」

八郎「参加してもお役に立てないんで、参加しない方向で考えています」

         

八郎がそこまでしゃべると、
サイコパスムツゴロウ、反撃に転じます。

        

ムツゴロウ「日曜日が全部仕事ってのはウソでしょう?」

八郎「。。。(うっ、厳しいところ突いてきたな)」

ムツゴロウ「2-3か月に1回は希望取れば休めるでしょう」

八郎「いやー、どうでしょう。いちおうこれでも管理職なんで」

八郎「部下の希望休を叶えるのでいっぱいいっぱいですね~(汗)」

ムツゴロウ「いいんですよ、出れるときだけ出ていただければ」

      

あ゛あ゛あ゛ーーーーっ!
ああ言えば〇祐。
某教団の外報部長みたいな言い様に、
こちらがイライラしてきました。
少し遠慮も入り、語気を柔らかくしていましたが、
ここは遠慮を解いて、失礼にならない程度に語気を強めることに。

            

八郎「ですから、職場が休めないんで」

八郎「我が家が貢献できることはないんで、加入する意味は無いかと思います!」

サイコパス+老害=手が付けられない?

しかし、サイコパスムツゴロウ、どこかで聞いた言葉を繰り出します。

        

ムツゴロウ「極論、活動に参加できなくても、町内会には加入してもらっていいんですよ」

八郎「!!!」

      

コ、コイツもそんな事言うのか。。。
15年前にも聞いたことあるようなデジャヴ感満載。

#413 町内会(自治会)入らない問題(3) 必死に脱会を引き留める班長

そのデジャヴにあっけにとられたスキを
サイコパスムツゴロウは見逃しません。

         

ムツゴロウ「ゴミだって、瀬戸物・陶器類は町内会に加入しないと捨てられないんですよ」

ムツゴロウ「だったら、加入だけでもして、ゴミは捨てられるようにしておくべきでしょうねぇ」

            

しかし、このツッコミは反撃の準備をしていました。
15年前に経験済みですからね。
こちらの口撃も火を吹かさせてもらますよ!

#414 町内会(自治会)入らない問題(4) ゴミ捨て出来なくなるデメリットを提示してくる班長

  

八郎「瀬戸物・陶器は、違う自治体に住んでいる仲のいい友達に」

八郎「捨てるのを頼みますので、間に合っていますぅ~(^ω^)ペロペロッ

班長「(# ゚Д゚)」

      

今まで笑顔でズケズケ物を言っていたサイコパスムツゴロウ。
八郎の返しに怒りの表情を露にします。
この反撃は想定していなかったのでしょう。
実際問題、瀬戸物を捨てれる自治体に住んでいる知り合いに
菓子折りでももって年に1回頼めばいいだけの話です。
燃えるごみは個別回収+車で15分のところにごみ焼却施設もあり。。。
瀬戸物を捨てるためだけに町内会に加入する必要は1ミリも無い訳で。

     

まあ、実際問題、小生にはそんな事を頼めるような
仲の良い友達はひとりもいませんが(笑)

       

しかしついに笑いの仮面を取った
サイコパスムツゴロウ。
ここでついに本性を現します。

       

ムツゴロウ「活動に参加できないというのなら、尚更じゃないですか?」

八郎「え?何がですか???」

ムツゴロウ「ゴミの分別作業もしない、清掃活動にも参加しない」

八郎「。。。」

ムツゴロウ「町内会の会員さんは、町のために会費を払って懸命に奉仕してもらって」

ムツゴロウ「あなたは一銭も払わず、自分が良ければそれでよし」

八郎「。。。」

ムツゴロウ「そもそも、人としてどうなんですかね?」

八郎「」

ムツゴロウ「それでいいんですか?それが許されるんですか?」
(次回へ続く)

       

ついに、虫をも殺さないような顔をした「畑 正憲」の仮面を外し、
(ムツゴロウさんゴメンナサイ(笑))
町内会へ加入しない事への非難の集中砲火を浴びせる
サイコパスムツゴロウ。
「人としてどうなんですかね?」
って言ってますけど、自分どうなの>?
ブーメランなんじゃね?という気がしますが、
ムツゴロウサイコパスの言っている事も
あながちおかしい訳でもない所があり
ちょっと、詰まってしまいます。

      

しかし。。。
よーく考えたら、サイコパスムツゴロウの言っている事、
おかしいですよね?
こんな状況になってしまったので、
穏やかな幕引きにはならないでしょうが、
自分の言いたいことは言い通して、
この喧騒に線を引くことを決心します。

       

長かった町内会問題、次回完結!(たぶん(笑))

       

次回「町内会(自治会)入らない問題(終) 町内会に入らないといけない「義務」はない」

【★告知★】家づくりをしている方を応援するサイト「コダテル」で八郎のブログが読める!詳細はコチラをクリック!!

▼我が家で使用しているおうち関係の商品紹介しています!
▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
▶ブックマークはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です