建築日記第1話「やっぱりおうちたてようかな」はコチラ!!

#508 自社商品の物置を強烈にプッシュしてくる店員

どうも!八郎です!!(@eightblog_hachi)

         

収納が無いから、物置を買おう!シリーズです。
前回までのあらすじは。。。

        

収納が少ないので物置を買おう
と言う事になった八郎家。
現品限りのお買得な物置を購入するために
ホームセンターを巡る事にします。

      

すると。。。3店舗目の大型店にて
現品限り
✅売り尽くしセール

と名の打った、物置在庫一掃セールを
実施しているホムセンに偶然遭遇。

我々物置を探している夫婦にとって
願ったり叶ったりのセールなんですが。。。

       

八郎はその物置の現品が沢山陳列してある
隣の建物「エクステリア別館」が
非常に気になって仕方がなくて
物置を物色する前に先に入ってしまいます。

       

しかし、先にエクステリア別館に入ったのは
結果的に大正解。
渡哲也似の激シブ店員に
中古物置の選び方を教えてもらう事に。

これは物置初心者の八郎夫妻にとっては
非常に大きな援護射撃です。

       

この渡哲也似の店員の教えに導かれて
現品限りの物置の選び方を教わった八郎家。

しかし渡哲也似の店員が所属するB店には
そそる現品限りの物置は無かったので
他店も探索してみよう、と言う事になります。

       

そして全国区のおされなホームセンターD店で
ヨド物置の現品限りを発見!
しかし、色目が「エバーグリーン(笑)」

我々が出来れば避けたいと思っていた
物置の色目が現品限り。。。

        

嫁が大いに悩んでいる所に
D店の店員が八郎家に忍び寄ります。。。

        

それでは、続きをどうぞ!!

忍び寄る店員

ヨド物置の現品限りの物置
色は残念なエバーグリーン(笑)
気になる価格は。。。
定価128,000円の商品が
現品限りで98,000円!(工賃別)
かなり安い!そんな気がします。

         

八郎「棚もしっかりしてるし」

八郎「奥行きがまずまずあるから、人も入れるし」

八郎「機能的には申し分ないし」

八郎「何と言っても天下のヨド物置だし」

八郎「色以外は申し分ないと思うけど」

嫁「ううううん。。。」

          

頭を垂れて考え込んでしまう嫁。
そうなんです、色目以外は
申し分ない物置だったのです。
嫁が頭を垂れて考えているのは
「色目」を我慢して
このお買得な物置の購入に踏み切るか
それても否か。。。
その1点に焦点が注ぎ込まれています。

           

そして、この物置売場で熟考している夫婦に
忍び寄る店員の影が。。。

         

店員「こんにちは!物置をお探しですか?」

八郎「!!!」

嫁「!!!」

        

物置探しに没頭していて
店員の接近に気が付かなかった八郎夫妻。
しかし、店員は遅かれ早かれ
呼ばなければならなかったので
これは好都合です。

だから、現品限りなんです

八郎「そうですね。。。屋内の収納がちょっと狭くてですね。。。」

       

物置を探していますアピールをすると
店員、目を輝かせたような感じが。。。
テンションが1段上がったように感じます。

         

店員「このヨド物置商品、昨日から現品限りにしたんですよ」

店員「さすがお客さま、お目が高いですね」

      

そんな店員の接客を無視するかのように
自分の意見をぶつける嫁(笑)

        

嫁「これの「ダークブラウン」の現品限りは無いんですか!?」

八郎「」

店員「」

      

いきなり訳の分からない事を言い始める嫁。
色が選べる現品限りなんて
聞いたことがありません(笑)

        

店員「奥さま、コチラしか無いから現品限りなんですよ~」

店員「申し訳ございません」

嫁「ブー」

        

嫁は明らかにむすくれた顔をしていますが
これはどう考えてもD店の店員がセイロンティーです。

      

嫁「嗚呼ーやっぱり色も兼ね備えた現品限りなんて無いよなあ。。。」

      

そんな盛大な愚痴をつぶやいた次の瞬間。
この店員が待ってましたとばかりに
こんな情報をぶっ込んできます。

コチラの商品も現品限りです

店員「これくらいのサイズの物置をお探しですか?」

        

店員が営業スマイルを貼り付かせながら聞いてきます。
何やら好機と捉えているようです。

        

八郎「そうですね、もう少し大きくてもいいんですけど」

店員「左様でございますか!!」

八郎「?」

嫁「???」

        

何やら店員のテンションが更に上がっています。
これは。。。何か他に商品があるのでしょうか?

         

店員「実は、只今セールをしておりまして。。。」

八郎「はあ。。。」

嫁「。。。」

店員「コチラの商品でよければ現品限りで」

店員「定価¥99,800の所を」

店員「¥79,800でお渡しできます、あ、工賃は別ですけどね」

八郎「!!!」

嫁「。。。」

          

おおおっ、何と何と、これなら工賃込みで
10万に収まるかもしれない感じの物置が出てきましたよ!
これは聞くしかないでしょう。

       

八郎「どれですか?」

店員「コチラになります」

       

そう言って10秒も歩かない所に案内されます。

なんとなんとの「自社商品」

そこに置いてあったのは。。。
淡いピンク色とも言える微妙な色合いの物置。
嫁の顔も曇っています。
物置の右上には、筆記体らしき英語で
商品名らしきものが記載されています。

       

八郎「グ。。。グレイス?」

店員「グラッセでございます」

八郎「ああ、グラッセなんですね。。。」

嫁「どこのメーカーなんですか?」

        

おお、さすが嫁。
その情報は非常に重要です。
しかしグラッセなんて商品名
3大メーカーには無かったと思うんですが。。。

       

しかし、店員は次の瞬間
衝撃の事実を口外します。

       

店員「はい、弊社の商品でございます」

嫁「えっ。。。」

八郎「弊社の商品。。。ってことはPBなの?」

店員「左様でございます」

嫁「」

八郎「」

       

でた、自社製品。。。
あのB店の渡哲也似の店員のレクチャーが
フラッシュバックします。。。

店員「徹底的にコストを抑えた結果、お安く出来た商品なんですが」

店員「まあ正直、大手メーカーに比べると見劣りしますよね」

店員「なんかあまり使わない様なシーズンの商品を」

店員「少量しまい込むくらいならいいんでしょうけど」

店員「物置の中身を頻繁に出し入れするとかの場合は」

店員「あまりおススメしませんねえ。。。」

B店の渡哲也似の店員の会話を引用

こんな事を言われた後で
自社製品を買えと言われても
おお、いいですね!
とはなかなか口に出来ないのが心情です。

         

嫁「自社製品って、なんかよくないイメージがあるんですよね」

八郎「」

       

嫁が心に思う事を全部口にするので
ちょっとヒヤヒヤするんですが
しかし言っていることは最もなので
店員の様子をうかがう事に。

       

店員「それ、良く言われるんですけど。。。」

店員「わが社の商品はそんな事はありません!」

店員「この商品のアピールポイントをお話させてもらっても良いですかぁ?」
(次回に続く)

          

現品限りの物置をめぐる話も
いよいよクライマックス!
そろそろ決まりそうな気配が漂います。

     

しかし、物置の設置をめぐってこの店員
ちょっと怖いことを言うんですよね。。。
これって、物置購入のデフォルトなんでしょうか?

       

次回「現地調査はしませんので、正直に申告してください!」

【★告知★】家づくりをしている方を応援するサイト「コダテル」で八郎のブログが読める!詳細はコチラをクリック!!
画像をクリックすると、最新記事へとジャンプします!

▼我が家で使用しているおうち関係の商品紹介しています!
▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
▼ブックマークはコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です