建築日記第1話「やっぱりおうちたてようかな」はコチラ!!

#504 「物置一掃セール!」なるものをしているホームセンターに偶然遭遇する

どうも!八郎です!!(@eightblog_hachi)

         

収納が無いから、物置を買おう!シリーズです。
前回までのあらすじは。。。

        

住んで分かった、我が家のいびつな収納状況。

不便な収納に怒りを嫁にぶちまげると
何と「物置を買おう」と言い始めます。

嫁の物置購入号令に基づき
商品リサーチを始める八郎に
「な、なんじゃこりゃあああああああっ!」
と八郎優作が登場するような商品を発見!

その商品は。。。
八郎家の入居後の後悔ポイント2つを
一気に解消してくれる
画期的な商品なんですが!

      

しかしこの商品なぜか嫁は
購入に前向きでない様な空気を醸し出しています。

その理由は
・自転車を奥まで引き込むのが現実的ではない
と言う事と、自転車置き場代わりに何と
・○○○○○
を設置しようと提案する嫁。
その嫁にしては画期的な提案を了承し
ノーマルだけど理想的な物置を購入するために
ホームセンターを巡る事にします。

        

果たして、理想の物置に
めぐり合う事は出来たのか!?

       

それでは、続きをどうぞ!!

小型店にはそもそも物置の絶対数が無い

八郎「(物置の)予算はいかほどまでいけますでしょうか?」

嫁「う~ん、諭吉さん10人までかな」

八郎「おお、結構いい物置が来そうだよ」

嫁「収納多めでお願いします(#^.^#)」

八郎「開き方は、片側開きで良い?それとも両開き?」

嫁「別に拘らないかな」

八郎「お色は?(愚問かな)」

嫁「ダークブラウンで!」

八郎「」

嫁「うそうそ(笑)でも、物置!って色は避けたいなあ」

八郎「え?どんな感じの色かね?」

嫁「クリーム色とベージュみたいな色のやつとか」

八郎「なるほど、古典的な色合いの物置ね」

嫁「そうそう(笑)じゃ無ければこだわり無いよ」

八郎「おけ!じゃ後日、休みの逢う日に」

八郎「ホムセンに行って理想の物置を探しに行きますか!?」

嫁「Go!Go!!」

       

と言う事で、日を改めて
ふたりの休みが合う日に
理想の物置を探しにホムセン巡りをする事にします。

        

―ホムセン巡り当日―

八郎「じゃ、近場のホムセンからガンガン回って、数をこなそう!」

嫁「オーっ!」

       

と言う事で、ホムセン巡り当日。
店舗しては

超地元ホムセンA 小型店
✅そこそこ地域ホムセンB 小型・中型・大型店
✅全国区質実剛健ホムセンC 大型店
✅全国区オサレホムセンD 大型店

の4店舗を見に行くことに。
ちなみにホムセンB店は半径10km四方に
3店舗存在し、店舗も小・中・大の2店舗あるので
3店舗とも見て回るつもりです。
A・B・C・D店がどこの店舗なのかは
皆さまの想像にお任せします。

      

まずは、超地元の小型ホムセンA店に到着。
しかし、駐車場から、展示されている物置が
あっさり見渡せます。その点数4点。

       

八郎「アカン。。。4点しかない」

嫁「物置って、あんまり売れないのかな。。。」

      

のっけから不安な立ち上がりです。
ちなみに誰も物置に近寄っていません(笑)
これ、俺らが行ったら即店員に捕まるかなあ。。。
とちょっと不安に思いながら1分ほど物置を物色するも
人が飛んでくるどころか、虫すら飛んでこない
非常に閑散とした状況が続きます。

物置、売る気なし!       

嫁「誰も。。。来ないね(笑)」

八郎「数が少ないのもあるけど、物置自体が放置されてるのか」

八郎「なんか汚いから、次に行こう」

嫁「うん。。。」

        

小型店はダメだと悟り
B店の小型店はスルーし中型店へ。
ここに来ると、物置コーナーが固まって存在しており
10点前半の物置を見ることが出来ました。

       

しかし、相変わらずお客さんはいません。
物置を10分ほどアレコレ見て回りましたが
やはり店員が来る気配はなし(笑)

        

八郎「うーん。。。10分見て回って店員が来ないとか」

八郎「どんだけこの店は商売っ気が無いんだよ(笑)」

嫁「八郎ちゃん。。。」

八郎「ん?」

嫁「ひょっとしたら、物置を買う『場所』を間違っているのかもよ」

八郎「えっ?どういう事???」

嫁「物置地域1番店みたいなのがあって」

嫁「そこが圧倒的に売ってたりするのかも」

八郎「ふうむ、なるほど。。。」

      

確かに我々は最近初めて倉庫について調べ始めた
倉庫「若葉マーク」のふたり。
地域の倉庫販売事情など、知る由もありません。
とりあえず、大型店に行ってみれば
何らか答えが分かるかもしれない。。。
そう思い、B店の大型店舗へとハンドルを切ります。

エクステリア別館なる「館(やかた)」を擁するB店大型店舗

引用:https://sankyo-j.jp/enishi/showroom_07

その嫁の予想は当たっていました。
B店の大型店舗に車を入れると
今までとは状況が全く異なっていました。

      

ホームセンターの建物が非常に大きい事は
以前から知っていましたが、今回初めて
その大きなホームセンターの建物以外にも
別棟が存在する事を発見します。
そして、その別棟の近くには
物置が沢山設置してあります。

       

八郎「えっ。。。あんな建物があるなんて知らなかった(;´Д`)」

嫁「私も(^-^;」

         

それまで何度となく行ったことのある
ホームセンターだったんですが
別棟があるなんて。。。
全く気付かなかったしその別棟の入り口付近には
沢山の物置が。。。

       

ゴキブリホイホイに吸い込まれる
ゴキブリの様に別棟の近くに車を停め
物置に駆け寄る夫婦。
そこで、雄たけびをあげるバカ夫婦。

       

八郎「うおおおおおおおおおおっ!」

嫁「わああああああああああっ!」


POPに踊る
「売り尽くしセール」
✅「現品限り」
のハデハデしい文字。
物置を心底から欲する夫婦にとって
この文字は大量のアドレナリンと
ドーパミンを脳から噴出させています。

         

お客さんも今までの物置コーナーの事情がウソみたいに
この店には平日にも関わらず10組以上のお客さんが。
何だかこの地域の物置購入希望のお客さんが
一挙に押し寄せているような感じです。

       

店員も今までは全く見かけなかったのに
この店舗だけは珍しく2名も外に出て
しっかり接客・販売しています。

       

まさに嫁の予見が的中しているような様相です。

       

嫁「ここなら、物置見つかるかもね!」

八郎「うん。。。そうなんだけど。。。」

          

嫁は別棟の外に設置してある物置に目を奪われていましたが
八郎は、その現品限りの物置よりも
気になっている物がありました。
それは。。。その
「エクステリア別館」
なる別棟の存在です。
この大きさもそこそこある館から
何とも言えないオーラを感じるんです。
まずは。。。ここに入らないといけない様な
空気をさっきからずーっと感じるんです。

       

八郎「嫁ちゃん。。。ごめん」

嫁「え?どうしたの???」

八郎「この、『エクステリア別館』に先に入ってもいい?」

嫁「えっ。。。物置見ないの?」

八郎「いや、ちゃんと見るんだけど、どうしても気になって。。。」

嫁「うん。。。わかった、いいよ」

八郎「ごめんねm(__)m」

        

やや賑わっている物置の現品限りのセール会場を横目に
初の「エクステリア別館」に足を踏み入れる八郎夫妻。
そして、そこで目にした物は。。。
(次回へ続く)

      

何と嫁の見立てが当たったのか!?
物置一掃セールが開催されている
B店に偶然遭遇することが出来た八郎夫妻。
しかし、その現品限りの倉庫よりも
「エクステリア別館」が気になって仕方がない
八郎は、気持ちの赴くままに
別館に足を踏み入れます。

      

そこで出会った店員に。。。

      

次回「お買得な物置の探し方 色褪せていない、程度の良い現品限りの商品!」

【★告知★】家づくりをしている方を応援するサイト「コダテル」で八郎のブログが読める!詳細はコチラをクリック!!
画像をクリックすると、最新記事へとジャンプします!

▼我が家で使用しているおうち関係の商品紹介しています!
▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
▼ブックマークはコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です