建築日記第1話「やっぱりおうちたてようかな」はコチラ!!

#503 理想の物置を探せ!>>>ホームセンターを徘徊!(笑)

どうも!八郎です!!(@eightblog_hachi)

         

収納が無いから、物置を買おう!シリーズです。
前回までのあらすじは。。。

        

住んでみてわかった、我が家の収納のイビツさ。

フリーで使える収納は上の図の3つ。
①シューズボックス
②玄関収納
③和室の収納

なんですが。
八郎の趣味の車の工具や洗車道具を
シューズボックスに入れる提案をするも
嫁は秒で拒否(笑)

          

玄関収納には、アウターやカバンやダイソンが
収まる事が決まっておりキャパいっぱいいっぱい。

         

と言う事で③の和室の収納に
小生の趣味道具をしまう事に。
その他にも、ハイムで施工したあまりの
クロス類や、読まなくなったマンガ類が
ダンボールに入ったまま和室の収納に収まる有り様。

         

季節労働者の扇風機や石油ファンヒーターは
2階の納戸
に収めざるを得ない状況に。。。

      

そして、秋が色濃くなり始める10月中旬。
タワーファンを2階の納戸に直そうとした時に
タワーファンを2階に上げる途中に落としてしまい
フローリングに傷をつけてしまう八郎。

不便な収納に怒りを嫁にぶちまげると
何と「物置を買おう」と言い始めます。
嫁の物置購入号令に基づき
商品リサーチを始める八郎に
「な、なんじゃこりゃあああああああっ!」
と八郎優作が登場するような商品を発見!

その商品は。。。
八郎家の入居後の後悔ポイント2つを
一気に解消してくれる
画期的な商品なんですが!

      

しかしこの商品なぜか嫁は
購入に前向きでない様な空気を醸し出しています。

その理由はいったい何なのか?
果たして、八郎家が買う物置は
どんなタイプの物なのか???

       

それでは、続きをどうぞ!!

現実的ではない、自転車の引き込み

後は買うか買わないかを選択するだけです。

。。
。。。
もうこのブログを長くお読みの方は
お気づきかと思いますが、購入する気がある場合
もう雰囲気が購入まっしぐらなんですよね(笑)

      

―購入する気満々の場合のやり取り―

八郎「買おうか?」

嫁「うん、買う買う!」

八郎「おっしゃあああああ、購入じゃあああ!」

―糸冬―

となるはずなんでが、今回は前のめり感がありません。
どうも慎重なのです。
将軍さま、何か考えがあるのかもしれません。

         

八郎「どうする?買う?」

嫁「ううううううううううーん。。。。”(-“”-)”」

八郎「あれ、かわないの?嫁ちゃん、即決かと思ったよ」

嫁「うーん、これねえ。。。ちょっと現実的じゃないと思うんだよねえ」

八郎「えっ?何が???」

          

自転車置き場が無くてプリプリ言っていた嫁が
いざ自転車置き場付物置を購入するとなると
「現実的ではない」という。。。
いったいどういう事なのでしょうか?

        

嫁「八郎ちゃん、もう自転車乗らないからわからないと思うんだけど」

八郎「。。。」

嫁「あの場所まで自転車を引き込む事が現実的ではないと思うんだよね」

八郎「ん、( ,,`・ω・´)ンンン?そうかな?」

嫁「車が止まっていると、自転車通すのも結構気を遣うと思うよ」

八郎「自転車引き込むってなったら、止め方も注意するよ」

嫁「それに奥まで毎日引き込むの、結構めんどいと思うよ」

八郎「そんな、身も蓋も無い話を。。。」

嫁「夜とか意外に感覚がつかめずに、車にぶつけたりするかも」

八郎「ええっ、そんな事ある?」

嫁「ほら、うちには車にうるさい人が若干1名いますからねえ。。。」

八郎「」

自転車を引き込まずに、しかも雨にさらさずに済む方法

嫁「実はね。。。」

八郎「なにさ?(ちょっと不貞腐れ気味)」

嫁「物置を購入するのとは別に」

嫁「ひとつ構想があってね」

八郎「。。。何の構想?」

嫁「んー、自転車を引き込むことなく雨ざらしから救う方法♪」

八郎「えっ、そんな方法ある?」

嫁「あー、もちろんそれなりにお金はかかるよ」

         

嫁からかなり意外な意見が飛び交います。
普段、この領域は全く興味の無い分野のはず。
しかし今日に限っては活発な意見が
どんどん提出されます。
金銭面は置いておいて、結構真剣に
色々な選択肢を検討していたようです。

        

八郎「それって、どんな方法?」

嫁「うん、○○○○○♪」

八郎「ええええええええええ(;゚Д゚)」

         

またしても意外な提案。
これは八郎が入居前にダメ元で
嫁に要望を出して、秒で否定された案です(笑)

          

八郎「嫁ちゃん、それ俺入居前に提案したよね?」

嫁「八郎ちゃん、時代は止まることなく進んでいるんだよ」

嫁「間違ってた!と思ったら軌道修正も必要だよね♪(#^.^#)」

八郎「」

        

さすが!その辺は女性の方がバランス感覚に長けています。
都合よく理由をつけて軌道修正する方法も
八郎では出来ない感覚です。

        

嫁「だから、○○○○○になる可能性有るから」

嫁「自転車置き場付の物置を買うのはやめよう」

八郎「お、おう、わかった」

        

嫁の思わぬ提案で、自転車置き場付物置をやめ
○○○○○設置の方向で。
意外な展開で自転車置き場付物置が
却下された瞬間でした。
小生は80%買うつもりでいたので
人生って、どうなるか本当にわかりませんね(笑)

理想の物置を探しにホームセンターへ(笑)

八郎「じゃあ、物置はシンプルな物置でいいかな?」

嫁「うんっ!o(^o^)o」

八郎「予算はいかほどまでいけますでしょうか?」

嫁「う~ん、諭吉さん10人までかな」

八郎「おお、結構いい物置が来そうだよ」

嫁「収納多めでお願いします(#^.^#)」

八郎「開き方は、片側開きで良い?それとも両開き?」

嫁「別に拘らないかな」

八郎「お色は?(愚問かな)」

嫁「ダークブラウンで!」

八郎「」

嫁「うそうそ(笑)でも、物置!って色は避けたいなあ」

八郎「え?どんな感じの色かね?」

嫁「クリーム色とベージュみたいな色のやつとか」

八郎「なるほど、古典的な色合いの物置ね」

嫁「そうそう(笑)じゃ無ければこだわり無いよ」

八郎「おけ!じゃ後日、休みの逢う日に」

八郎「ホムセンに行って理想の物置を探しに行きますか!?」

嫁「Go!Go!!」
(次回へ続く)

        

と言う事でまさかの
自転車置き場付物置が流れて
普通の物置を買う事になった八郎家でした。

       

しかし、まさか嫁の口から秒で否定されたはずの
○○○○○の名前が出ようとは。。。
本当にビックリしました。
このネタはまた後日やりたいと思います。

       

さて、日を改めホームセンターを巡る事になった八郎家。
そこで理想の物置を探す事はできるのか!?

       

次回「「物置一掃セール!」なるものをしているホームセンターに偶然遭遇する」

【★告知★】家づくりをしている方を応援するサイト「コダテル」で八郎のブログが読める!詳細はコチラをクリック!!
画像をクリックすると、最新記事へとジャンプします!


▼我が家で使用しているおうち関係の商品紹介しています!
▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
▼ブックマークはコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です