建築日記第1話「やっぱりおうちたてようかな」はコチラ!!

#507 出た!大手メーカー現品限りの物置!だがしかし色が。。。orz

どうも!八郎です!!(@eightblog_hachi)

         

収納が無いから、物置を買おう!シリーズです。
前回までのあらすじは。。。

        

収納が少ないので物置を買おう
と言う事になった八郎家。
最初は我が家の後悔ポイント2つを
同時に解消する
自転車置き場付物置を検討。

しかしこの商品なぜか嫁は
購入に前向きでない様な
空気を醸し出しています。

その理由は
・自転車を奥まで引き込むのが現実的ではない
と言う事と、自転車置き場代わりに何と
・○○○○○
を設置しようと提案する嫁。
その嫁にしては画期的な提案を了承し
ノーマルだけど
理想的な物置を購入するために
ホームセンターを巡る事にします。

      

すると。。。3店舗目の大型店にて
✅現品限り
✅売り尽くしセール
と名の打った、物置在庫一掃セールを
実施しているホムセンに偶然遭遇。

我々物置を探している夫婦にとって
願ったり叶ったりのセールなんですが。。。

       

八郎はその物置の現品が沢山陳列してある
隣の建物「エクステリア別館」が
非常に気になって仕方がなくて
物置を物色する前に先に入ってしまいます。

       

しかし、先にエクステリア別館に入ったのは
結果的に大正解。
渡哲也似の激シブ店員に
中古物置の選び方を教えてもらう事に。

これは物置初心者の八郎夫妻にとっては
非常に大きな援護射撃です。

       

この渡哲也似の店員の教えに導かれて
現品限りの物置の選び方を教わった八郎家。

しかし渡哲也似の店員が所属するB店には
そそる現品限りの物置は無かったので
他店も探索してみよう、と言う事になります。

        

物語もちょっと間延び気味。
そろそろ物置も見つかって良さそうな物ですが。。。

       

それでは、続きをどうぞ!

質実剛健 硬派全国区ホームセンターC店

八郎「よし、河岸を変えよう」

嫁「えっ?あれだけ店員に色々聞いておいて」

嫁「別の店に行くの?(笑)」

八郎「だって、あの渡哲也似の店員さんも」

店員「ホームセンターはココだけじゃないので

店員納得いくまで回られてみるのもイイと思いますよ

八郎「って言ってくれてたし、回る価値はあると思う」

嫁「なるほど、たくましい(笑)」

八郎「もし、現品限りの商品でいいのが無ければ」

八郎「ここに戻って来て、渡哲也似の店員さんに」

八郎「新品の物置のおススメを注文してもらおう」

嫁「あー、なるほどね!」

       

と言う事で、恐らく目ぼしいものが売れてしまっているであろう
B店に見切りを付けて
全国区のホームセンターC店へと
ハンドルを握ります。

        

正直、八郎も嫁もC店で買い物はした事がありません。
地域初出店のホームセンターが出来た
と言う事では鳴り物入りだったんですが
その近隣には、同じ全国区の
オサレホームセンターD店が鎮座しており
どうしてもそっちにばかり、足が向いていました。

      

しかし今日は、そのC店の不確定さが
我々の気持ちを盛り上げて暮れています。
ひょっとしたら、物置がドカーンと
おいてあるかもしれない!!

          

そんなことはありませんでした(笑)
駐車場から見える位置に物置は置いてありましたが
その台数は8台と寂しい物。
店規模から言えば
もっと物置があっても良さそうでした構えでしたが
明らかに物置を重視していないことがわかります。

         

とりあえずふらっと見て回りましたが
全然そそられません(笑)

       

どちらからと言うと建材等
業者の方が重宝するようなプロ向けの
品揃えが豊富でファミリー向けは
やや乏しいように感じます。

       

八郎「アカン。。。これはD店一択になってしまった。。。」

嫁「D店、あるかなあ。。。」

全国区のオサレなホームセンターD店  

と言う事で最後の頼みの綱
オサレな全国区のホームセンター
D店にハンドルを切ります。

        

果たしてここに
物置はあるのか。。。
もしなかったら
現品限りの夢は
潰える事になるわけなんですか。。。

          

駐車場に降り立ち、物置を探しますが。。。
な、無い。。。(゚Д゚;)
この店規模で、物置が無いなんて
そんなはずは。。。
そう思いながら店舗とは全然違う方角をみると。。。

        

ありました!
イメージはB店のエクステリア別館の様な佇まい。
実店舗とは全く別の場所に
物置やらエクステリアが展開されています。
ひとまず、希望は繋がりました。

        

ここは嫁がお気に入り登録されているので
ぼちぼち訪れたりするんですが
物置を意識してみた事が無かったので
あまり意識がありません。
ふたりとも、物置?あったかな?
という記憶程度しかありません。

ついに出会えた!大手メーカー現品限り!!しかし

結構、車を停めた場所から歩かされましたが
物置群が置いてある場所に到達。
おお、まずまずの物置が置いてあるようです。

        

夫婦で嘗め回すの様に物置を物色開始です。
諭吉さん数名で購入できるような
ポータブルな物置から
諭吉さん20人以上を必要とする
自転車置き場が併設された物置まで
実に様々展示されています。

            

八郎「現品限り。。。現品限り。。。」

         

まずは現品限りに的を絞り
そこから候補を狭めていく予定
なんですが。。。

          

嫁「あっ!」

        

嫁が短く叫びます。これは。。。もしやあった?

       

八郎「嫁ちゃん、あった!?」

嫁「う、うん、あるにはあったけど。。。」

          

小躍りして喜んでも良さそうな展開なのに
イマイチ反応がピリッとしない嫁。
その理由は、商品を見て思い知らされることになります。

          

八郎「どれどれ?」

嫁「これなんだけど。。。」

八郎「」

       

何と!メーカーはヨド物置です!
これはこれでスゴイ収穫だったんですが
しかし、その展示品限りの商品の色は
「エバーグリーン(笑)」
我々が一番避けたいと言っていた色目じゃありませんか(笑)
嫁の大好き「ダークウッド」なる塗装も用意してあるだけに
色目が色目だったら即決も有り得る現物でしたが
残念ながら色は「エバーグリーン(笑)」

       

八郎「こ、これは。。。www」

嫁「でしょう(T_T)」

          

色さえ問題無ければ即決案件。
しかし色は我々が一番避けたいね
と申し合わせていた商品が
目の前に鎮座しています。

        

型番はMD-1515

間口はやや狭いですが
奥行きとのバランスがちょうどいい感じ。
人が入ってものの出し入れができる奥行きです。

       

気になる価格は。。。
定価128,000円の商品が
現品限りで98,000円!(工賃別)
かなり安い!そんな気がします。

         

八郎「棚もしっかりしてるし」

八郎「奥行きがまずまずあるから、人も入れるし」

八郎「機能的には申し分ないし」

八郎「何と言っても天下のヨド物置だし」

八郎「色以外は申し分ないと思うけど」

嫁「ううううん。。。」

          

頭を垂れて考え込んでしまう嫁。
そうなんです、色目以外は
申し分ない物置だったのです。
嫁が頭を垂れて考えているのは
「色目」を我慢して
このお買得な物置の購入に踏み切るか
それても否か。。。
その1点に焦点が注ぎ込まれています。

           

そして、この物置売場で熟考している夫婦に
忍び寄る店員の影が。。。
(次回へ続く)

       

最後の望みだった全国区のホームセンターD店にて
ついにヨド物置の現品限りに遭遇した八郎夫妻。
やや間口は狭いながらも奥行きがそこそこあるからか?
我が家にとってはイイ感じのサイズに映ります。

        

後は。。。
未来永劫設置されるであろう物置。
色目を我慢できるかどうか?
嫁の判断で購入か否かが決まりそうな気配。

       

そして、そんな物置売場で右往左往する客に
忍び寄る店員の影が(笑)

          

次回「自社商品の物置を強烈にプッシュしてくる店員」

【★告知★】家づくりをしている方を応援するサイト「コダテル」で八郎のブログが読める!詳細はコチラをクリック!!
画像をクリックすると、最新記事へとジャンプします!

▼我が家で使用しているおうち関係の商品紹介しています!
▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
▼ブックマークはコチラから

2件のコメント

>ひとまず、嫁は繋がりました。

あいからわず誤字がひどいですが
これは何と打ち間違えたのでしょうか?

読みが繋がるかと思いましたが
日本語がちょっとおかしくなるので違うかな~と思ったり。

>>cryさん いつもありがとうございます!!

すみません、当該箇所を読み直して自分もハニワ顔になりました。
申し訳ありません。。。
「×嫁」「○希望」
で修正しております。
また、宜しくお願い致しますm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です