建築日記第1話「やっぱりおうちたてようかな」はコチラ!!

#440 我が新居のズボラな清掃計画(8) 致命的なミス!ルンバの選択を誤る

どうも!八郎です!!(@eightblog_hachi)

         

我が新居のズボラな清掃計画!という事で!!
以前入居してすぐにDysonV11を購入した八郎家です。

コードレス掃除機の購入で掃除がずいぶん捗るようになったと思うんですが、
嫁はどうやらそれでは飽き足らないようで、
ロボット掃除機の購入を目論んでいるようです。。。

         

          

前回までのあらすじは、

ダイソンだけでは飽き足らず、
お掃除ロボット「ルンバ」の購入を画策する嫁。         

しかしダイソンで既に8万円を出費している八郎家。
ここでの出費をを少しでも抑えるため、
ルンバの製品比較をネットを参考に始めることにします。

そこで、ルンバ600・800・900シリーズがある事を知る八郎。
サイトの情報からこの3シリーズを比較して、
900シリーズが良さそうである事を突き止めます。



しかし、そのお値段たるや。。。(※2019年5月現在)
✅ルンバ980 … 99800円
✅ルンバ960 … 79800円
と、とても諭吉さん7名まで!という条件から外れ。。。
900シリーズは無しに。

じゃあエントリーモデルの600シリーズはどうなの?
という事で調べると、643と690というモデルに行きつきます。



しかし、600シリーズの致命的な弱点。
それは「吸引力」。
800・900シリーズの5分の1の吸引力、
というポイントが決め手となり、選外に。

      

しかし、この選び方が仇になり
八郎はルンバ選びに大失敗することになります。

       

思い込みが招いた、ルンバの失敗した選び方とは?

       

それでは、続きをどうぞ!!

残りは800シリーズになる訳だが。。。

900シリーズ、価格が高すぎて選外へ。
600シリーズ、掃除機の本分である吸引力に難があり選外へ。

       

とすると、残りは「800シリーズ」しか残っていません。
(ここで「は」?と思われている方、言いたい事はわかりますが取りあえず最後までお読みいただければと思います)
とりあえず比較早見表を出します。

600シリーズ800シリーズ900シリーズe5i7シリーズ
ゴミ
吸引力
15倍5倍
※980は
10倍
5倍10倍
ローラー&
フィルター
◎+◎+
カメラ
iAdapt

iAdapt

iAdapt2

iAdapt

iAdapt3
清掃
ルート
無駄アリ無駄アリカメラあり
で無駄ナシ
無駄アリカメラ進化
で超無駄ナシ
スケジ
ュール
機能
654・671・
680・690・
691
スマホ
アプリ
対応
671・690・
691
890・891
洗える
ダスト
容器
×××
自動
ゴミ
収集
××××i7+
のみ
最大
稼働
時間
60分
※671は
90分
60分75分
※980は
120分
90分75分
充電後
清掃
再開
機能
×××
参照:https://beiznotes.org/roomba-picture-list/

八郎「えーと、じゃあ800シリーズを調べるか。。。」

八郎「『ルンバ800シリーズは中位スペックのルンバです』、なるほど」

八郎「『エントリーモデルの600シリーズと、しっかり掃除をしてくれる900シリーズの中間のモデルになります』、ふむふむ」

八郎「『800シリーズは全機種にスケジュール機能を搭載しています』」

八郎「おお、これは助かるな、そして。。。」

八郎「『しかし、800シリーズでアプリに対応しているのは、890・891のみ』」

八郎「うーん、アプリ対応は結構どうでもいいような。。。」

八郎「『そして、バッテリーがリチウムイオンバッテリーになったのは』」

八郎「『885・890・891モデルからで、その前まではニッケル水素電池になります』」

八郎「えっ!!!もうこれ聞いたら885・890・891しか買えないじゃん!」
(※八郎注:ニッケル水素電池は寿命が短い)

アプリ連動のメリット

八郎「もうこの時点で、800シリーズの上位モデルに絞られてしまっているのが」

八郎「不安でしかないが、続きを調べるとするか(笑)えーと何々。。。」

八郎「『800シリーズはスケジュール機能を全機種搭載しているのはメリットですが』」

八郎「『少ないルンバのボタンで、スケジュール機能を使うのはとても大変です』

八郎「『アプリと連動していると、スケジュール機能を直感的に操作が可能ですので』」

八郎「『スケジュール機能を多用される方はアプリ連動の機種をおススメします』って」

八郎「もうこれで、890・891に絞られちゃった(笑)」

        

調べながらふるいにかけると
早くも800シリーズの上位機種でる
890・891に絞られてしまいました(笑)
これまた早くも出費がポイントになりそうです。。。

デュアルバーチャルウオール初採用

出店:https://www.irobot-jp.com/product/accessories.html

八郎「『890・891には、シリーズ初となるデュアルバーチャルウオールを採用』」

八郎「。。。って何だこれ?」

八郎「『ヘイローモードがこの機種より使用可能となります』」

八郎「なるほど、全然わからん(笑)」

八郎「公式ストアで調べてみよう。。。ポチットナー」

出典:https://www.irobot-jp.com/product/accessories.html

八郎「なるほど、ヘイローモードとはこうやって通ってほしくなところに」

八郎「バリアみたいなものを作って、ルンバを通さないようんするんだな」

八郎「社長や専務や常務が来るときに使いたいモードだな。。。」

八郎「おっと、リアルな心の声が漏れてしまった(笑)」

八郎「あまり惹かれないモードではあるものの」

八郎「ないよりは全然いいんだろうな」

気になる価格と890・891の違い

こうなってくると、気になるのは価格です。
ルンバ890の市場価格を調べると。。。
最安値は5万9800円から買えそうですが
殆どの店舗がおおよそ6万円台。
諭吉さん7人まで!という譲歩できるギリギリの価格なのが
また何とも言えない設定です。

         

ここで891の方に情報を絞ると次のような情報が出てきます。

        

八郎「『891は、890の色違いであり、Amazonのオリジナル商品になります』」

八郎「( ´_ゝ`)フーン、Amazonのオリジナル商品になるんだ」

八郎「『装備は全く変わらず、色目が890はブラック、891はシャンパンゴールドになります』」

八郎「ああー、これは嫁は891を選びそうな気がするなあ。。。」

八郎「価格はどうなっているんだろうか」

       

―891を価格コムで調査中―

         

八郎「。。。基本アマゾンの商品だからアマゾンでしか買えないのか(笑)」

という事は。。。
アマゾンのセールで安くなる可能性があるのは891
かもしれません。

       

とりあえず嫁に、890・891のどちらが良いか聞いてみることに。

        

嫁「うーん。。。シンプルな黒の890も捨てがたいけど」

嫁「なんか「ゲンゴロウ」見たいなイメージになりそうなので」

嫁「シャンパンゴールドの891がいいっ!」
(※八郎注:890ユーザーの皆さま、ディスっている訳ではございませんm(__)m)

嫁「ってか、八郎ちゃん、モデル絞ったの!?」

八郎「うん、まだ最終確定ではないけど、この辺が最有力候補だね」

嫁「わああーっ、楽しみだあ、キラキラキラキラ」

        

まあ、ゲンゴロウという名前も久しぶりに聞きましたが(笑)
嫁の言い分も何となくわかる気がして、
八郎もルンバ891に狙いを絞ります。
と、同時に890の価格動向もチェックしながら
アマゾンのセールを待つことにします。
(次回へ続く)

      

と、言うことで八郎家のルンバは890か891に絞られました。

え?は?何言ってんのコイツ?
何であのモデルを検討しない???

ルンバの事を少しでも知っている方は
恐らくそう思ったことでしょう。
ええ、小生も後悔していますよ(笑)

      

そんな話も次回に交えながら、
八郎家のルンバのモデルが
決定する瞬間をお届けしようと思います。

       

次回「我が新居のズボラな清掃計画(9) ルンバのエントリーモデルはあの機種一択だった?」

【★告知★】家づくりをしている方を応援するサイト「コダテル」で八郎のブログが読める!詳細はコチラをクリック!!
画像をクリックすると、最新記事へとジャンプします!

▼我が家で使用しているおうち関係の商品紹介しています!
▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
▼ブックマークはコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です