建築日記第1話「やっぱりおうちたてようかな」はコチラ!!

#626 現場調査に来る人と見積もりを作成・交渉する人は別人ナリ!

どうも!八郎です!!(Twitter:@eightblog_hachi)
(Twitterでも家の事やどうでもいいことを
たまーにつぶやいていますのでご笑覧下さいませ)

                  

新章
「給付金ももらったし、カーポート建てますか」
お送りしております。
テーマがやや不謹慎です。
気分を悪くされた方、申し訳ございません。
ブラウザバックをお願い致します。

       

前回までのあらすじですが

コロナ禍となり家づくりにも変化が起きました。
どんな変化が起きたのか?
小生の独断と偏見で振り返ってみました。

そしてコロナ禍による不況対策として
「特定定額給付金」なる
1人当たり10万円の給付金が出る決定が
成された訳なんですが
それを何かに使おうかと漠然と考えていたら

カーポート否定派だった嫁が
斜向かいに建った車3台分のカーポートに
興味津々。値段まで聞いてくる食いつきっぷり。

      

何でカーポート否定派から肯定派に寝返ったのか?
理由を聞いてみると、何と雨ざらしになっている
自転車を車と一緒に雨風凌げればよい
という発想
に至ったのだとか。

いよいよ見積もりを取ろうと言う事になり
まずは1台用のカーポートの種類や
工事費込みの価格を勉強する八郎夫妻。

そして見積もりを取りに行く訳ですが。
地元業者Cは1週間後に現地調査(現調)を受けてくれましたが
全国展開の業者A・Bは何と現調はスケジュールが
1ヵ月先まで埋まっていると言われて悶絶。

しかし、一番対応が早かった
地元業者Cの現場調査は塩対応。
でもそれから1か月後にあった
業者Bの対応はとても神対応!!

少々お金がかかっても、業者Bに
頼みたくなってきました。。。
しかし、この後業者Bの現地調査に来た人から
驚愕の事実を告げられます!

       

それでは、続きをどうぞ!!

見積もりは今日は出ない

さて、業者Bの現地調査も終わり
商品やオプションも決めました。
後は、見積もりが出てくるのを待つばかり。。。

        

そう思い、業者Bの一挙手一投足をつぶさに確認。
チェックシートなどにいろいろ書き込みをしているので
これからいよいよ見積もり作成だろうな。。。
そう思いながら、見積もりが作成されるのを待ちます。

         

ちなみに地元業者Cの場合は
かなり短時間で18万円の見積もりが出てきました。
細かく計算しているそぶりは無かったので
結構ノリで適当に出している感がハンパなかったですね(笑)

       

恐らく、全国的に展開している業者A・Bにも相見積もりを掛けているのを
バラしたので、金額では勝てない事を悟ったのでしょう。
捨て台詞まで吐いて帰って行きましたからね。

       

そう考えると、この業者Bの丁寧な口調・説明ぶりからも
見積もりにも期待が持てそう。。。
な、気がするんですが。

        

そんな淡い妄想を抱いていたんですが。
その淡い妄想を打ち砕く、衝撃のひと言が。

        

業者B「それでは、帰りますね」

八郎「工エエェェ(´д`)ェェエエ工」

         

八郎が変な声をあげたので、業者Bもビックリしています。

         

業者B「ど、どうされましたか?」

八郎「いや、もう帰っちゃうんですか?」

業者B「はい、商品もオプションも決まりましたので」

業者B「後はこのシートをB社に送って」

業者B「見積もりを作成してもらいます」

八郎「えっ?じゃあ今日は、見積もりは出ないんですか???」

業者B「はい、今日は見積もりは出ませんね」

見積もりを伝えるのは別の者になります

八郎「そ、そうなんですか。。。」

       

落胆する八郎を見て、業者Bはこう言います。

        

業者B「私は実は、業者Bから派遣されている施工業者なんですよね」

八郎「は、はあ」

業者B「私は、今ここで聞いた商品の内容を業者Bに送ります」

八郎「ふむふむ」

業者B「そこから業者Bが見積もりを作成して」

業者B「恐らく八郎様にメールで見積もり概算が来ます」

八郎「はー、そこで初めて見積もりが来るんですね」

業者B「後は、八郎様と業者Bとの間で商品や金額の最終確認があるので」

業者B「価格を下げる交渉もそこが最後になります

八郎「えっ?そこで価格の交渉が出来るんですか???」

業者B「そこが最初で最後の交渉ポイントになります」

業者B「もし、相見積もりをされているのなら。。。」

業者B「上手に交渉すれば、いくらか下がるかもしれませんね」

八郎「おおおおっ!そうなのかっ!!」

         

地元業者Cはその場で見積もりを置いて帰ったので
業者A/Bもその流れなのであろうと思っていましたが
どうやら業者Bにかんしては、後から見積もりが
メールで流れてくる様です。
その後、電話などで最終確認をし
その確認時に価格交渉をする事が出来る。。。

       

なるほど、3社を天秤にかけた相見積もりは
まだまだ続くのか。。。
(地元業者Cはほぼ脱落しているので、実質A/B2社での争いか)
そんな事を妄想していたら

       

業者B「それでは、もしうちの見積もりを採用して頂ければ」

業者B「また、お会いしましょう。。。」

八郎「あ、ありがとうございました!」

       

業者Bはさわやかな笑顔を残して
軽バンに乗って去っていきました。。。

黒いポロシャツの男 

さて、最後は業者Aです。
この業者A、ことあるページでアピールしているのが

「ネット販売実績No.1」

つまり、業者Aは自社の販売+施工価格に
相応の自信を持っている事が伺い知れます。
こういう歌い方をしている業者は
恐らく安い金額の見積もりを業者Aに提出すれば
その見積もりが本当に正規の物であれば
その価格をくぐって提示してくれる可能性も高いです。

        

ただ、商品+施工費が安いのはありがたいんですが
施工が雑だったりすると困る訳で。。。
その辺の見極めをどうやって行うのかが
最大のポイントになりそうです。

       

業者Aも施工業者が現場調査に来てくれると
成功してくれる人となりが確認できるので
ありがたいのですが。。。

         

玄関に現れたのは
黒いポロシャツにチノパンを履いた男。
チノパンは作業パンツではなく
どちらかと言えばカジュアルな感じ。
車も、国産Bセグのいかにも「営業車」的な感じで
どうみても施工業者とは思えません。

        

業者A「こんにちはー、業者Aでーす。よろしくお願いしまーす」

八郎「よろしくお願いしまーす」

       

施工業者で無いのは残念ですが
折角のブログネタです。
どうしてネット販売実績がNo.1なのか
聞きだしてみようじゃありませんか?
安いだけでは飽き足りない、情弱施主八郎。
果たして「ネット販売実績No.1」の
秘密に迫る事は出来るのか?
(次回へ続く)

        

と言う事で、見積もり回でダラダラ引き延ばす
いつもの手法で大変恐縮ですが
お付き合いの程、よろしくお願いいたします。

      

さて、業者Aと巧みに会話しながら
ネット販売実績No.1の秘密に迫ろうとする八郎。

      

そして、八郎家のカーポートを建てるのは
業者A/B/Cのどこになるのか?
それともぉ~。。。

        

次回「ネット販売実績No.1」エクステリア業者の秘密の実態はこうだった?」

情弱施主の、魂の叫びを聞け!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

YKKAP レイナキャップポートグラン
価格:183912円(税込、送料無料) (2021/12/5時点)


【★告知★】家づくりをしている方を応援するサイト「コダテル」で八郎のブログが読める!詳細はコチラをクリック!!
画像をクリックすると、最新記事へとジャンプします!

▼我が家で使用しているおうち関係の商品紹介しています!
▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
▼ブックマークはコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です