建築日記第1話「やっぱりおうちたてようかな」はコチラ!!

#563 分譲地最後の土地に家が建つと何が起きる?

どうも!八郎です!!(@eightblog_hachi)

         

「隣に家が出来てさあ大変?」
シリーズをお送りしております。

        

八郎家の東側・西側
そして道路を隔てた北側は
まだ誰も住んでいない状況でした。
そこにお隣に家が建つと
どのような状況の変化が訪れるのか?
そして地味に?派手に?
困ったことは何かあったのか???
と言うのをお伝えしてるシリーズです(笑)

        

西側に家が建ったシリーズと
東側に家が建ったシリーズは
完結しました。
まだご覧になられていない方は
西側の土地のエピソードはコチラから

東側の土地のエピソードはコチラから

ご覧頂ければ、と思います。

       

さて、いよいよ最後の土地になります。
八郎家建っている北側道路を隔てた
北側の土地。
施主から見れば南側道路の土地になります。
両隣には家が建っているとはいえ
南側道路、南向きの土地な訳で
すぐさま売れそうな気がしていたんですが。。。

        

なぜかこの土地が最後まで残ったのか?
そしてこの分譲地最後の土地に買い手がついて
家の建築が始まった時
どんなことが起きたのか?

        

「隣に家が建ってさあ大変」
シリーズも最終章!
お付き合いよろしくお願いします。

       

それでは、続きをどうぞ!

苦戦するB社の分譲地販売

B社が八郎の住んでいる分譲地では
販売の後手を踏んでいたのは
既報の通りですが。

ようやく本腰を入れての販売を開始。
販促の甲斐もあってかどんどん買い手がついていく中
どうしても売れない1つの土地と2つの建売がありました。

       

まず、広告塔として建てた2つの建売は
予想以上に販売が苦戦。
特に平屋は最後の最後まで残っていました。
平屋の建売は4社入ったハウスメーカーでも
B社だけが実施してましたが
立地も北側道路、北西の土地だったため
南東と南側には2階建ての家が建っており
日照面が大いに気になる要素だったと思われます。

       

本当にいつになったら売れるんだろう?
と言うくらい最後の最後まで売れ残っていました。

        

さて、最初に取り上げた残り2つの建売
ひとつの土地の中で、最初に売れたのは
2階建ての建売でした。
しかし、ここが売れ残る理由は何となくわかっていました
それは。。。旗竿地だったから。

旗竿地はやはり駐車場の問題が出てきます。
必ず縦列駐車になるので
台数は2台まででないと
駐車の作業が煩雑になってしまいます。

      

結局旗竿地を購入した買い主も車は2台でしたし
八郎が遥か昔に建売を検討していた時に
嫁と購入しようかどうか揉めた
旗竿地物件を即決で購入していった施主
車の所有は1台でした。

車の所有が1台の家にとっては
旗竿地はそれ程抵抗なく購入できると思います。
(日当たりなどの問題はあるかと思いますが)

駐車場として使われていた北側の土地

八郎家の道路を隔てて向かいにあった
最後まで空いていた土地。
これは分譲地に来るB社のお客さんの
駐車場として永らく解放されていました。

       

土地や建売りを見に来たはいいけど
車を停める場所が無い。。。
ではいけませんよね?
それで、結構な期間
八郎の住んでいる対面の空き地は
ひっきりなしに車が代わる代わる
止まっていました。

       

これは八郎の推測なんですが
この土地は売れなかったのではなく
B社が「売らなかった」のかもしれません。
ロケーション的には放っておいても売れそうな場所です。
あえて、全体の販売の目途がつくまで売らずにおいて
販売の目途がついたところで
(車を停める必要もなくなったので)
売りに出したのかもしれません。

      

あくまでこれは八郎の推測なので
真相は闇の中ですが
こんなに好条件の土地が
最後まで残るのは考えにくいので
そんな気がしている今日この頃です。

ついに買い手がつく!

そんな約1年以上にわたり
空き地になっていたB社最後の
分譲地の土地に遂に買い手が付きます。

        

この分譲地最後となる地鎮祭の準備が
その空き地に準備されていました。
いよいよ地鎮祭から着工の流れに移ります。
この分譲地の土地が完売したことを
知った瞬間でした。

         

八郎「やっとお向かいの土地に買い手がついたね!」

嫁「これまで分譲地の周囲の人たちには比較的恵まれていたよね」

八郎「確かに、無法者やクレーマーもいないし」

八郎「近所付き合いを強要する者もいないし」

八郎「平和な下院所付き合いと言えるよね」

嫁「お向かいさんも平和な人だとイイな(#^.^#)」

八郎「そ、そんな怖い事言わないでくれ。。。」

        

結局、地鎮祭の日は八郎夫妻が
仕事の日に執り行われて
どんな夫婦が移り住んで来るのか
分からずしまい。
引っ越し後のあいさつまで
お向かいさんの正体は
お預けとなります。

         

そして、地鎮祭も終わり、いよいよ着工!
となった所で、この三方向の空き地の施工では
最悪となる出来事が、これから起こる事を
八郎家はまだ知らないのでありました。。。
(次回へ続く)

      

さて、いよいよ三方向の空き地最後の
道路を隔てた北側の土地が埋まる事になります。
今まで、西側・東側の施工工事で
特にトラブルも無かった八郎家ですが
この最後の北側で、施工時に
ちょっとしたトラブルに見舞われることになります。

       

ちょっと考えればわかる事なんですが。。。
この最後の土地の工事
ハッキリ言って舐めてました。

        

いつものあいさつと共に始まった
お向かいの土地の工事で
どのような試練が待ち受けているのか?

       

次回「最後の土地で最後の試練?工事車両が我々の駐車を阻む」

情弱施主の、魂の叫びを聞け!

【★告知★】家づくりをしている方を応援するサイト「コダテル」で八郎のブログが読める!詳細はコチラをクリック!!
画像をクリックすると、最新記事へとジャンプします!

▼我が家で使用しているおうち関係の商品紹介しています!
▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
▼ブックマークはコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です