建築日記第1話「やっぱりおうちたてようかな」はコチラ!!

#470 ファミエス担当「私のせいではございませんが」←は?

どうも!八郎です!!(@eightblog_hachi)

          

新居の半年点検のお話をさせてもらっています。
前回までのあらすじは。。。

        

セキスイハイムのアフターメンテナンスは
全てセキスイファミエスと言う会社に引き継がれる
と言う話をさせていただきました。

#467 セキスイファミエスってどんな会社?

家の販売とアフターメンテナンスは全くの別会社となり
セキスイの中では完全に分業の仕組みを取っています。

        

そんな半年点検が刻一刻と八郎家に迫る中
入居から半年もしない八郎家では
小さな不具合?と言えるかはわかりませんが
本人たちは「不具合っ!」と言い切っている事象が
ポツポツと起きていました。

#468 住んで半年もしない内に出るわ出るわ我が家の不具合

そんな不具合の情報を夫婦で共有し
来る半年点検の通知に備える八郎家。

        

そんな8月の真夏のある日。。。
ついに半年点検のお知らせの通知がっ!

記事を取得できませんでした。記事IDをご確認ください。

入力項目が沢山あり終わらせるのに手こずりましたが
何とか全項目入力を完了し
希望日を9月中旬の2日間を指定して
セキスイファミエスからの連絡を待ちます。

          

だがしかし!
9月に入ってもセキスイファミエスから
連絡がこない八郎家。
担当者が連絡を忘れているのか?
それとも何かのトラブルか?
果たして、八郎家は半年点検を
希望の日程で受けることが出来るのか!?
(▲こんなのばっかり(笑))

       

そして、お待たせしました!
いよいよ新キャラ登場です!

このブログの物語に出てくる登場人物

      

それでは、続きをどうぞ!!

愛想の悪いオペレーター

そして9月に入ったある日。
八郎、はたと気が付きます。

        

八郎「そう言えば。。。」

八郎「セキスイファミエスから連絡が無い。。。」

       

うーんこの展開。
半年前にも似たような事があったような気がします。

#219 いつまで経っても現場監督から電話が無いっ!

半年前は結局消極的に連絡を待った結果
連絡が無いまま着工していたという展開になってしましました。
その時に

「おかしいと思ったら自らアクション!」

という教訓を学んだ八郎。
ここは早速、セキスイファミエスの
お問い合わせ先に電話を入れることにします。

        

八郎「とりあえず電話電話。。。ポチポチポチと。。。」

スマホ「トゥルルルル…トゥルルルル…プツッ」

オペレーター「はい、セキスイファミエス○〇、担当の××が承ります」

         

オペレーターの最初の一声が完全に「録音」です。
これはセキスイファミエスの社員ではなく
外部委託している業者のオペレーターの様にな気がします。

        

。。。
このパターンは良くも悪くも感情が入らないので
ややもすると冷たい印象になっていまう危険性があるんですが。。。

         

八郎「あのーすみません」

オペレーター「はい(棒読み)」

八郎「半年点検の申し込みのメールを送ったんですが」

オペレーター「はい(棒読み)」

八郎「連絡が返ってこないんですけど」

オペレーター「はい(棒読み)」

八郎「カチン(-_-メ)」

八郎「希望日は9月○日と×日でお願いしているんですけど」

オペレーター「はい(棒読み)」

八郎「ブチッ(# ゚Д゚)もう希望日まで1週間くらいしか無いんですけど」

オペレーター「はい(ry」

八郎「折り返しの連絡もないって、どうなってるんですかっ!?」

オペレーター「それでは、お客様番号をお願いします」

八郎「お、お客さま番号。。。ですか?」

オペレーター「点検の案内文書と封筒に記載されております(棒読み)」

八郎「そ、そうなんですね、ちょっと待ってくださいね。ガサガサ」

オペレーター「」

八郎「あ、これですね*************(←お客さま番号)です」

オペレーター「カタカタカタ…えーっと八郎さまですね」

八郎「そうです(最初に名乗っただろうがよっ!(# ゚Д゚))」

オペレーター「担当から折り返し電話させますので、電話を切ってお待ちください」

八郎「。。。はい(# ゚Д゚)」

オペレーター「それでは、セキスイファミエス○〇の担当××がうk」

八郎「ブツッ(# ゚Д゚)(←須磨をの電話回線を切断する音)」

        

なんつー愛想の無いオペレーターなんでしょうか。
きっと勤務外でもロクなやつじゃないな!
(▲すこぶる暴言)

セキスイファミエス担当「ファミ男」登場!

胸糞悪い電話を切り
とりあえずは担当とやらの折り返しを待ちます。
しかし、折り返しの連絡は無いのに
担当は既に決まっているのか。。。

       

何とも不可解な話にモヤモヤしていたんですが。。。
30分経てど、1時間経てど
折り返しの電話はかかってきません。
これはこれで、またイライラする展開です。
もう1回、問い合わせ窓口に電話してやろうか。。。
そう思い立ちそうになった1時間30分を過ぎたあたりで。

       

スマホ「ブーッ ブーッ ブーッ」◀バイブの音

八郎「!!!」

      

遂に電話がかかってきます。
しかも番号のみの表示。
これは電話帳に登録が無いパターンです。
これはセキスイファミエスの担当の可能性が高いっ!

そう期待して、怒り半分、安堵半分で電話に出ます。

        

八郎「もしもし」

ファミ男「八郎さまの携帯でしょうか?」

          

声のトーンは穏やかな感じ。
やや年配的な声でしょうか?
声だけの感じは全然悪くない
むしろイイ感じです!
あの無機質オペレーターの抑揚のない応対とは
月とスッポンの対応の差に、流石ファミエスの担当
と、安堵します。
。。。ここまでは(笑)

信じられないひと言

八郎「はいそうです」

ファミ男「わたくし、セキスイファミエスのファミ男と言います」

八郎「ああ、どうも、お世話になります」

ファミ男「初めまして、ですよね」

八郎「ですです、連絡をお待ちしてましたよ~」

       

と、ここまでは良かったんです。
しかし、次のひと言でファミ男の評判は
一気に地に堕ちます。

         

ファミ男「随分前にメールでご連絡いただいたのに」

ファミ男「折り返しの連絡が遅くなりすみませんでした」

八郎「いえいえ~(^-^;」

ファミ男「。。。私のせいではございませんが」

八郎「」

         

え?今なんて言った?

          

ファミ男「どうやら八郎さまのメールが本社で止まっていたようで」

ファミ男「私に伝わってなかったようで。。。すみませんねえ」

         

これ、聞く人が聞いたら激怒する対応ですよね。
八郎もクレーム対応の部署の仕事をした事あるのでわかるんですが
(仕事をした事無い人でもわかると思いますが(笑))
会社全体の落ち度を「私のせいではない」と言い逃れするのは
完全にNGワードです。
自分はそう言う仕事に携わったので
辛うじて理解は出来ますが、それにしても

早々メールを送ったのにファミエスからの折り返しの連絡が無い
✅オペレーターの塩対応
✅ファミ男の暴言(NGワードを吐く)

の三暗刻で、怒りが収まりません。

           

さて、どうしましょうか?
(次回へ続く)

         

どうして八郎のブログに出てくる登場人物は
パンチの利いた人が多いんでしょうか?(笑)
まともな人は

✅ハイム担当
✅インテ担当
✅資金担当
✅新現場監督

くらいで、他の登場人物は
漏れなくクセ有りです。
このやり場のない怒りを
どうしてやりましょうか。。。

      

怒りに任せて不満をぶちまげるのは簡単ですが。。。

         

次回「悪意ある?超天然?ファミエス担当に振り回される」

【★告知★】家づくりをしている方を応援するサイト「コダテル」で八郎のブログが読める!詳細はコチラをクリック!!
画像をクリックすると、最新記事へとジャンプします!

▼我が家で使用しているおうち関係の商品紹介しています!
▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
▶ブックマークはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です