建築日記第1話「やっぱりおうちたてようかな」はコチラ!!

#393 お掃除ロボットか、コードレス掃除機か、夫婦で割れる見解

どうも!八郎です!!(@eightblog_hachi)

          

新居に引っ越して、1か月も経たないうちに
それまで使っていた掃除機が壊れてしまいます。
嫁が心の底から願っていた

掃除機の買い替え

が現実味を帯びてきました。

#392 タイミングを見計らったかのようにぶっ壊れる掃除機

何だか、新居に来ていきなり壊れたので
嫁があえて壊したのではないかという
「陰謀説」
まで飛び出す始末です(笑)

        

さて、掃除機の買い替えを検討する八郎家。
(修理という選択肢はない(笑))
ここで、夫婦でどのタイプの掃除機を買うのか
意見が分かれることに。

       

。。。どう考えても、片方の意見は
非効率的というか、非現実的というか、
まあ、あり得ない選択肢なんですが。。。

       

果たして、八郎家はどのタイプの掃除機を購入することになるのか?

        

それでは、続きをどうぞ!!

我が家に「お掃除文明開化」がやって来る!

我が家のこれまでの掃除機は
もう5年近く稼働しているであろう旧型タイプ。
紙パックに吸引したゴミが収まるヤツです。

        

まあ、それはそれで、いたってフツーの姿だと思うんですが。
しかし、なぜか新築戸建てに移り住むと
家電を新調してしまいたくなる衝動に駆られてしまうものなのです。

       

まだまだ現役で見ることが出来るテレビなんですが
リビングが広くなったことで、さらにテレビを大きなものに新調しようとしたり。
家も広くなるし冷蔵庫を。。。とか
ランドリールーム新設するからドラム式洗濯乾燥機を。。。とか
そのような豪勢な話は至るブログで散見されます。

       

そんな中でひときわ大きな傾向として見られるのが

掃除機の新調

です!

家を買うと、掃除系家電も新調してしまう説

      

折角の新居なので、末永くきれいに使いたい!
という意識が働いているのかどうかはわかりかねますが、
ここの所、長足の進歩を遂げている掃除機。
隅々まで、きれいに、しかも楽に、掃除が可能な掃除機が増えてきました。

       

さらに言えば、昔はコンセントの位置を気にしながら
掃除をしなければいけませんでしたが
バッテリーの容量の充実で、コードレス掃除機が台頭し、
コンセントの位置を気にしなくても
好きな場所で掃除機を稼働させることが出来るようになりました。

      

我が家のコンセント計画のように
「どこでもストレスなく掃除機が使えるように」
家の随所にコンセントを設置する考え方は
もう古いのかもしれません。

#075  セキスイハイムのコンセント打ち合わせ、1個増やすといくらかかる?

そんな時代遅れなのかもしれない八郎家に
「お掃除文明開化」
が訪れようとしています(笑)

効率化?かわいい?お掃除ロボット

そんな中、八郎が思い描いていたのは、ルンバなどを始めとする

お掃除ロボット

です(笑)
何と言っても、家を空けている最中に掃除してくれているのは
めちゃめちゃありがたいと言わざるを得ません。
仕事に行く直前に、お掃除ロボットを家の中に放てば
1時間程度できれいにしてくれる。。。

       

何てズボラが喜びそうな

       

掃除機なんでしょうか(笑)
我が家にぴったりと言う他ありません。
極端な話、電源入れてリビングに放てば、あら、きれい!
(▲そんな簡単な話でないことはユーザーさんはご存じだと思いますが)
そんな夢のような掃除機なのであれば、
購入もやぶさかではありません。

      

しかもレビューしているブログの記事を見ていると
高確率で出会うレビューに

        

かわいい

       

というのがあるんです!
(中には擬人化しているブロガーさんもいらっしゃるほどです)

ペットみたいな動きをするかわいいロボットが
家を隅々まで掃除してくれるんです!
これは「買ってもよいかも!」と思わずにはいられません。

実用的、便利、コードレス掃除機

八郎「嫁ちゃんは、もし掃除機、買い替えるなら何がいい?」

嫁「ん?ダイソン!(#^.^#)」

八郎「」

        

出たよ、コードレス掃除機の王道。
海外メーカーという肩書も
購入意欲に一役買っていることは想像に難くありません。

        

嫁の知人「ねえねえ、家の掃除機、何使ってるの?」

嫁「ん?ダイソーン(ドヤア」

嫁の知人「うそー、かっちょいいなあ。。。」

       

という展開を嫁は狙っているに違いありません。
そんなドヤれるほどの威力は無いと思いますが、
それでも国産メーカーよりはなんだか良さそうなイメージは
ムンムンしています。
ひと頃TVCMで、かなりの頻度で流れていたのも
高性能なイメージ作りに一役買っていると思われます。

      

八郎「ま、まあダイソンかどうかは置いておいて」

八郎「何でコードレス掃除機がよいと思うの?」

嫁「え、だってコンセント刺さずに使えるから、超便利だよね?」

八郎「な、なるほどお」

        

さあ、ここから
お掃除ロボットvsコードレス掃除機
の戦いの火蓋が切って落とされるかに思われました、が。。。

呆気ない幕切れ

ここは、お掃除ロボットを推したい八郎。
自分の思いを嫁にぶつけてみます。

       

八郎「え、でもルンバみたいなお掃除ロボットを買えば」

八郎「仕事に行っている間に、きれいにしてくれるんだよ」

八郎「これは買わないわけにはいかないでしょ!?」

      

しかし、この八郎の鼻息荒い提案は
次の瞬間に論破されるのであります。

        

嫁「便利なのはわかるけど。。。」

嫁「ちょこっと掃除したいときに、お掃除ロボットしかなかったら」

嫁「ちょこっと掃除したいか所の前にお掃除ロボットをわざわざおいて」

嫁「スイッチ入れるの?」

八郎「」

嫁「それって面倒くさくない?」

八郎「ぐぬぬ。。。」

      

そんな単純なことも想像できない八郎。
普段家事を全くやっていないせいか
想像力の欠如は明らかです。

         

八郎「それは。。。ほうきでさささっと履けばよいのでは?」

        

無駄な抵抗を試みる八郎。
しかし、次の嫁の反論で、完全に論破されます。

       

嫁「じゃあ、2階はどうするの?」 

八郎「」

嫁「お掃除ロボットを持っていく?それともほうきでレレレのレーってするの?」
(▲この表現わかる人も少ないんだろうなあ。。。)

八郎「。。。負けました」

      

以上、十五手にて嫁名人の勝利。
お掃除文明開化の新人、八郎四段は、
ベテランの牙城を崩すことは出来ませんでした。

       

しかし、この時。
お掃除ロボットをプッシュした八郎の殺し文句を
嫁は忘れることが出来ず、後日、
とんでもない話が持ち上がるのは
もう少し先の話になります。
(次回へ続く)

       

まあ、当然っちゃあ当然の話なんですが、
お掃除ロボットはメインになりえないですよ、
というお話でした。
1階と2階でどうやって使うのか、という問題もありますし
ちょっと使いは、明らかにコードレス掃除機でちょちょっとやった方が
効率がよいのも火を見るより明らかです。

       

という事で、このタイミングでの
お掃除ロボットの購入は見送られます。

       

さて、コードレス掃除機を購入する方向で
最終調整に入った八郎家。
嫁はダイソンが欲しいと言い切っていましたが
八郎はダイソンではなく、
あるメーカーのコードレス掃除機に目をつけてました。

      

それは、以前ご紹介した、あの家電に関係してくるんです。。。

#355 新居入居前、もしくは入居直後に買いたい電動ドライバー!

次回「コードレス掃除機、ダイソン派の嫁と、マキタ派の旦那」

【★告知★】家づくりをしている方を応援するサイト「コダテル」で八郎のブログが読める!詳細はコチラをクリック!!
画像をクリックすると、最新記事へとジャンプします!

▼我が家で使用しているおうち関係の商品紹介しています!
▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
▶ブックマークはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です