建築日記第1話「やっぱりおうちたてようかな」はコチラ!!

♭025 バルミューダ トースターを嫁にプレゼントしたら喜んでくれるのか!?

バルミューダザトースター

どうも!八郎です!!(@eightblog_hachi)

         

2020年色々あって大変な思いをしたにもかかわらず
頑張って怪我を克服し
試験にも合格して頑張った嫁に
パーティをして、プレゼントを渡して労おう
嫁以外の家族で計画を立てます。

プレゼント,嫁

役割分担は

花束 … 長女
✅ケーキ … 次女
✅プレゼント … 八郎

という配役。
プレゼントには絶対の自信を持っている八郎が
嫁に渡すプレゼントは
そう、お題にもありますように

BALMUDA The Toaster

です。

バルミューダへのあこがれが強かった嫁に
これを渡せば、間違いなく喜んでくれるはず!

       

なんですが
まさかこのチョイスが
後々、自分の首を締めることになろうとは。。。

          

プレゼント選び
本当に難しいですね!

       

それでは、続きをどうぞ!!

レッツ!パーリィィィィッ!!

かくしてパーティが始まります。
長女の花束を持って嬉しそうにはにかむ嫁。
青系のカスミソウなどちょっと凝った
花を用意して来ました。

          

ご飯は、平日だったため
前日作ったビーフシチューと
サラダでお茶に濁して(笑)

デザートのケーキは次女が準備。
嫁の好きなミルフィーユを
ホールでオーダーメイド。
誕生日や記念日など何かにつけケーキを頼む事が多く
そんなこんなを重ねていく内に
地元のケーキ屋さんと仲良くなったので
店長さんの奥さまから直筆のお手紙まで頂きました。

めちゃめちゃ字が達筆でビックリしました。。。
さて、お花とケーキが渡った所で
ついに真打登場、と言う所でしょうか。

         

八郎「あ、車に忘れ物した、取りに行ってくるね~」

         

白々しい演技をかまして
車に積んである
バルミューダ ザ トースター
を取りに行きます。

包み紙の中身は。。。

大きな包みを持ってリビングへ帰還。

        

嫁「八郎ちゃん、忘れ物ってえらいデカいね」

       

嫁は性格が天然なので
本当に八郎が忘れ物を取りに行った
と信じて疑わないようです(笑)
長女も次女も笑っています。

        

八郎「大事な忘れ物しちゃってさ」

嫁「へぇ~それ、何が入ってるの?」

八郎「ほら、花束とケーキだけじゃ物足りないでしょ?」

嫁「え。。。」

八郎「だからプレゼントを取りに行って来たのよ」

嫁「。。。ウソ。。。」

八郎「本当は自分で開けてほしいんだけど」

八郎「まだ、手が不自由だから俺が開けるね」

嫁「えええええーっ、なになになになになに?????」

八郎「当ててごらんよ、心当たりある?」

嫁「いや、実は、ひとつ、あるんだ」

八郎「ほうほう」

嫁「いやー、でもこれ、八郎ちゃん、否定してたからなあ

八郎「(確かにボロクソに否定したな(笑))」

嫁「もし、それだとすれば。。。泣いて喜ぶ」

八郎「( ´_ゝ`)フーン、じゃあ、その商品だといいねえ」

         

そう言いながら、包み紙をバリバリ開けます。
程なくオサレなダンボールが登場。

八郎「どう?ご希望の商品だった???」   

嫁「わあああああ(パアアアアアッ)」

長女「お父さん何買ったの?」

八郎「ん?トースター」

次女「と。。。トースターぁ?」

嫁「嬉しいいいいいっ、(つд⊂)エーン」

次女「え。。。トースター如きでお母さん、こんなに喜ぶの?」

長女「うーん、ちょっと意外な展開だね」

嫁「(つд⊂)エーン」

八郎「バカお前ら、このトースターの値段知らないだろ?」

長女「うーん、1万円くらい?」

次女「それでも高い気がするけど」

嫁「(つд⊂)エーン」

八郎「驚くなよ。。。2万5千円だ」

長女「はああああっ!高っ!!」

次女「それちょっと高杉晋作じゃない???」

嫁「(つд⊂)エーン」

八郎「まあ、そういう商品なんだよ(笑)」

次女「明日から2万5千円のトースターでパンが焼かれるのね(笑)」

長女「えっ、いいなあ、私も朝食だけここに食べに来ようかしら」

八郎「トースターも大事だけど、味を決めるのはやっぱりパンそのものなんじゃないの?」

嫁「嬉しいよー(つд⊂)エーン」

八郎・長女・次女「(まだ泣いているのかよ。。。)」

キッチンの背面収納に鎮座させる

八郎「じゃあ、電子レンジとデロンギのケトルの間に鎮座させましょうか?」

嫁「お願いしますっ!」

次女「こうして見ると、トースターの為に場所を開けてた、みたいな感じだよね」

長女「ホントホント(笑)」

八郎「じゃあ、ダンボールあけるよーバリバリバリバリ」

八郎「おおー、なんか説明書もいちいちオサレだなあ、だから高いんだろうなあ。。。」

嫁「。。。」

長女「お父さんッ!」

八郎「あ、すまんすまん、心の声が漏れてしまった(笑)」

次女「こういう所が無いと、まあ悪くない男だと思うんだけどねえ。。。」

       

とりあえず同封されていた
オサレなガイドブック(笑)に沿って
設置を進めていきます。

八郎「こんな感じでどうですか、奥さま?」

嫁「いいっ!すごくイイッ!!サイコーッ!!!」

長女「。。。この喜び方はガチだね」

次女「ちょっと意外な展開だった」

八郎「お前ら贈り物に困ったらバルミューダの何か贈っておけばハズレはないぞ」

嫁「。。。」

長女「お父さん。。。」

次女「こういう発言が無ければ、悪くないんだけどこれで全部ぶち壊してる(笑)」

八郎「でも、本当に間違いないぞ(笑)」

嫁「(コクコクコクコクッ!)」

         

こうして我が家に
バルミューダ ザ トースターが
降臨した訳であります。
(次回へ続く)

            

という事で会心のプレゼント?になった
バルミューダトースター。
我が家でも連日絶賛稼動中です。

        

さて、パンには全く興味がないブログ主八郎も
思わず唸るバルミューダトースターの実力を
ちょこっとご紹介したいと思います。

         

正直価格はちと高すぎる
(バルミューダ儲けすぎぃ!)
と思いますけどね(笑)


次回「バルミューダトースターはパン嫌いの俺をも唸らせるほどの実力!お得な買い方の紹介も!」

【★告知★】家づくりをしている方を応援するサイト「コダテル」で八郎のブログが読める!詳細はコチラをクリック!!
画像をクリックすると、最新記事へとジャンプします!

▼我が家で使用しているおうち関係の商品紹介しています!
▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
▼ブックマークはコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です