建築日記第1話「やっぱりおうちたてようかな」はコチラ!!

#279 高級感たっぷりのエコカラット「グラナスルドラ」の呪い

どうも!八郎です!!

    

セキスイハイムとの最後になるであろう打ち合わせ。
カーテンとクロスの変更を目指しています。
カーテンは決定し、アクセントクロスを現在検討中。

            

グレーのアクセントクロスを検討している旨をインテ担当に伝えると。
明るめ、暗めのカラーで
与える印象が変わってくることを我々にアドバイスしてくれます。

#278 アクセントクロスを濃い色にすると部屋が広く見える?

それを興味深く聞く八郎とは対照的に。
嫁は、どこか心ここにあらずの状況です。
それもそのはず。
嫁は、とある商品の
「呪い」
にかかっていたのでした。。。
果たして、教会で呪いを解いてもらう事は出来るのか!?

        

それでは、続きをどうぞっ!!   

皆さん、覚えていますか?

皆さん、覚えていますでしょうか?
八郎家のインテリア初期の打ち合わせで出てきた
かっちょええアクセントでありながら。
除湿・消臭効果もある優れものの「高機能タイル」。。。

        

そう、「エコカラット」の事を。

         

エコカラットがこのブログで初めて出てきたのはこの時。

#085 どこに貼る?我が家のエコカラット

「かっちょええ玄関プロジェクト」の記事で取り上げ
その後、採用が決定しています。
その時は
「グラナス ルドラ」
というデザインをチョイスしました。

実は、その後もう1回
エコカラットは出てきたのをご存知でしょうか?

        

それは。。。
キッチンの説明でリクシルのショールームを訪れた時の事です。

#110 ワクワクがいっぱい!リクシルのショールーム見学

この時はキッチンの説明で訪れた訳ですが。
キッチン関連の打ち合わせが終わり
自由にショールーム内を見学している時に。
当然、エコカラットの展示ブースがある訳なんですが。

             

そこで、
「ほーん、かっちょええなあー」
と、ぼけーっと眺めるだけで帰った者が1名。
「。。。!……!!。。。………!!!」(◀誰にも伝わらんやろ、コレ(笑))
と、商品が強く印象に残り
色々想像をしてモヤモヤしながら帰った者が1名いました。

         

そして、この「後者」は
このエコカラットにすっかり魅せられてしまい。
この後、とんでもない事を言いだすのであります。    

またしても、仰天プラン発動!

インテ担当「…と言う感じですかね」

    

インテ担当が、グレーのアクセントクロスの濃淡で雰囲気が変わる説明をしてくれました。
語弊を恐れず、端的に言えば

          

明るめのグレー
・部屋は明るい雰囲気
・隣の白のクロスとの濃淡が付きにくく、ややぼやけた印象になる可能性あり

✅暗めのグレー
・部屋がやや重たい雰囲気になる可能性有り
・濃いめのクロスは、奥行きを広く見せる視覚的効果が期待できる

        

という感じでした。
やはりどっちもどっちで、一長一短あるんですが。
八郎的には
「奥行きを広く見せる視覚的効果が期待できる」
濃いめのクロスに気持ちが傾いています。

       

色をちょっと濃い目にするだけで
家を広く見せることが出来る。。。
なんて素敵な「マジック」何でしょうか!?
そんなかっちょ良くなりながらだませるアイテム
採用しない手はありません(笑)

    

八郎「嫁ちゃん、どうしようか?」

嫁「うーん。。。」

八郎「個人的には、濃いめの色がいいなーって思うんだけど」

嫁「うーん。。。」

     

。。。あれ?
なんか嫁からラインドレープの時のような
前のめり感がありません。
どちらかと言うと
20歩くらい距離を置いている感じです。
結構遠いですね。。。
ってくらいの距離を感じています。
おかしい、アクセントクロスも結構考えていたはず。
このビミョーな距離感は何なんだ???

    

八郎「。。。嫁ちゃん?」

嫁「。。。うん」

    

八郎の言葉にうなずく「うん」ではなく。
それは、自分に踏ん切りをつけた「うん」であることを。
この時はまだ誰もわかっていません。

   

嫁「インテ担当」

インテ担当「はい?」

   

突然振られたインテ担当の声がやや上ずります。

   

嫁「アクセントクロスじゃなくて。。。」

嫁「『エコカラット』にしたらどうなりますかね?

八郎「えっ?」

インテ担当「えっ?」    

嫁を絡め捕る「グラナス ルドラ」の呪い

嫁がこんな事を考えているとはつゆ知らず。
突然の方針転換に
八郎もインテ担当も困惑気味です。

    

嫁「実は、アクセントクロスの実例を見ながら、エコカラットの実例も見ていて」

嫁「このテレビボード面に、エコカラットを施工するのがどうしてもかっこよく見えてしまって」

八郎「」

インテ担当「」

嫁「忘れられなくなったんですぅ~ゴメンナサイ!!」

八郎「。。。もーそうならもっと早く言ってよー、多分インテ担当もそう思ってるよ」

インテ担当「い、いえいえ大丈夫ですよー(;´-`)」

八郎「どんなデザインがいい、とかあるの?」

嫁「うん、ショールームでいいなあ、と思ったのは」

嫁「1番は『グラナス ルドラ』だけど」

グラナス ルドラ

嫁「あとは『グラナス ヴィスト』とか」

グラナス ヴィスト

嫁「『ペトラスクエア』かなあ」

インテ担当「。。。ちょっと、エコカラットの資料を持ってきましょうかね」

     

インテ担当が、慌てて打ち合わせ室から出ていきます。
当然、エコカラットの話なんて1mmもする予定では無かったので
資料を準備していなかったのでしょう。

     

八郎「。。。嫁ちゃん、いつからそんなこと考えていたの?」

嫁「漠然といいなーと思ってたのは、リクシルのショールームの時だけど」

嫁「もう決まってたから無理だよねー、と思って諦めてたら、アクセントクロスとカーテン変更する、ってなったから」

嫁「そこから真剣に調べ始めちゃった、(´∀`*ゞ)テヘッ」

     

どうやら嫁は、リクシルのショールームの時から
グラナス ルドラに魅せられていたようです。

       

 。。。しかし
ついさっき
「お金かけてたらキリないよ!」
って言ってロールスクリーンダブルをぶった切った嫁でしたが
自分の夢のエコカラットには、財布のひもを緩めるのでしょうか?(笑)
(次回へ続く)

     

エコカラット、かっちょええですよねー。
何と言うか、こう「所有者の満足感」をすんげー高めてくれますよね。
タダならもう、壁は全部エコカラットにしてしまうと思います(笑)
しかし、そんなエコカラット。
○○がめっちゃかかりますよねー。
次はそんな現実的な話をしようと思います。
果たして嫁の呪いは○○で解けるのか!?(笑)

           

次回「エコカラットの全面施工は「○○」がかかり過ぎてドン引き」

君は、選び抜くことができるか?

※参考:リクシル エコカラットHP

▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
▶ブックマークはコチラのページをお願いします!!◀
八郎のラジオ「はちろん!」公開中です!良かったら覗いてください!!◀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です