セキスイハイムはボッタクリで高いだけだと思っているやつちょっと来い

おう、俺だ。

今回はだな、
お前らがニヤニヤしながら読める記事を提供してやろう。

            

セキスイハイムたっけー
セキスイハイムってボッタクリなんじゃないの。。。

        

と思っているヤツ必見な。
そういや、最近、俺の記事が
前置きが長い!
と、1部のヤツがウダウダ言っていらしな。

俺のブログは、
男らしく前置きが長いのが特徴だ!
覚えておけっ!!
だが、今日は気分が良いから、
お前らの要望を聞いて、
早速、始めてやろう。

セキスイハイムはボッタクリで高いだけと思っているやつちょっと来い

始めるぞ。
ついて来いっ!

セキスイハイム?たっけーに決まってんだろ!

まず結論を言う。

セキスイハイムは高い!

だから

セキスイハイムは高いと思うならハイムで家を建てるな!

結論だけ聞きたかった奴はここで解散しろ。
後はグダグダ書くだけだ、暇つぶしにしかならん。

        

         

       

         

          

お、ここまで来たそこのお前。
続きが読みたいんだな?
俺の暴言に期待してるんだな?

いいだろう。
そんなやつはこれから下を刮目して読め。    

セキスイハイムが高い理由3つ

じゃあ、俺が思うセキスイハイム高い理由3つな。
あくまでも俺の個人的意見だ。
事実と異なっても保証も補償もしないぞ。
日本語、特に漢字は難しいし、意味もよくわかってないから。
2つ書いといたぞ。サービスだ。

社員が大杉

社員が多すぎるぞ。
なんだ、あの本社の社員の数は。
あんなに社員を囲うとだな、
普通の企業ならとっくの昔に滅亡し、チリも残ってないぞ。

それにな、ハイムは施主に全員にインテリアコーディネーターがつくんだろ?
そんなの、無駄だろ、無駄無駄無駄無駄無駄。。。

DIOみたいに叫びたくもなるわ。
そんなに抱えたら人件費高騰。
そりゃあもれなく家の価格に反映されるわな。

工場見学?ミュージアム?

要らんだろ?
なんだ、あの工場見学は?
バスチャーターして、
社員が複数名帯同して、
工場にはアルバイトが沢山配置され、
地域の有名な弁当屋の昼飯が振舞われ。
お菓子やジュースまで用意されて。。。。

そんなんタダでやってるんだからな。
ハイムで家買った奴、喜べ。
家買った奴らからきっちり取り立てられてるからな。

ミュージアムぅ?
お前ら、黙って家だけ建てとけ。
あんな洗脳養成所なんか要らん。
それを作るのにかかった経費は、家代に還元しやがれ。

そして最大の戦犯は。。。

コイツな。
結婚できない男な。
え?それはドラマの役どころだって?
そんなん俺は知らん。

         

なんでお前が秋が深まってきたら、
沢山のガキどもがウロチョロしている中心でほほ笑んでいるんだ!
お前はあのCMには場違いだ。
ハイムももうこいつにはオファーするな。
あ、でもコイツのTRICKの怪演は俺は嫌いじゃないぞ。

        

それにな、同じ阿部にするならな、こっちにしろ。

きっとおもしれーCMが出来るぞ。
。。。需要があるかはわからんがな。

とんかつ定食の商品コストを知ってるか?

いきなり何言ってんだコイツ?
の世界だな。
でも無視して続ける。
例えば、とんかつ定食の価格が1000円だったとする。
どうだ、お前ら?この値段出して食うか?

そんなの写真や情報見ないと分からんよな。
じゃあ、原材料費を載せてやろう。
よく言われる「商品原価」ってやつな。

とんかつ屋A店
原材料費250円 販売価格1000円
とんかつ屋B店
原材料費350円 販売価格1000円

例えばの話な。
Aは儲けすぎ、とか、
Bのやり方してたら潰れる、というツッコミはなし。
あくまでわかりやすく、丸めた数字で話しをしているだけだ。

お前ら、
これだけ聞くと、どっちで食べたいか?

      

そうだな、Bが良さそうだよな。
A店は
原材料費が低い=粗悪品、美味しくない、ボッタくられている
みたいなイメージあるよな。
逆に、B店は
原材料費が高い=いい材料使ってる、美味しそう
みたいなイメージか?

だがしかし!
じゃあB店のとんかつ屋が繁盛するかどうかは、また別の問題だ。   

数字では見えない「付加価値」を見落としてないか?

でも、A店には強みがあり、
B店よりも店員が多くて、
オーダーしてから揚げたてがサーブされる特徴があったとする。
盛りつけ方もきれいで、盛り合わせも美味しそうに見えたりする。
店内が綺麗で衛生的で、食欲をかきたてる雰囲気が提供されている。

         

ところが、B店は原材料費がかかり過ぎて、人件費に投資できない。
赤字になっちゃう。
だから、 掃除も最低限しかできない。
盛りつけもフツー。
そんなこんなの、「商品の見た目に見えない」必要経費を盛り込んだ話しをすると、
話しがまた変わってくる。

とんかつ屋A店
トータルコスト500円 販売価格1000円
※トータルコスト内訳(原材料費:250円 人件費その他経費:250円)
とんかつ屋B店
トータルコスト500円 販売価格1000円
※トータルコスト内訳(原材料費:350円 人件費その他経費:150円)

こんな感じで、定食の料金は同じA店とB店でも
コストの中身に微妙な違いがあったりする。

どちらのとんかつ屋が繁盛するかだと?
そんなのは知らん。

小奇麗で客が高回転しそうなA店が流行りそうな気もするが、
ちょっと店は小汚くても、味は抜群なB店が流行るやも知れん。
立地にもよるだろうな。 

      

そこでだな。
A店とB店の良いところを取った店を出してみようか。
サービスの良さはA店
味の良さはB店を取り入れた、
とんかつ屋C店を登場させる

「いいとこどり」とんかつ屋C店
トータルコスト内訳(原材料費:350円:B店 人件費その他経費:250円:A店)合計600円

もし、飲食店は、コストと同等の利益を得ないと成り立たない仕組みだとすると、
(いわゆる値入率50%な)
C店のとんかつ定食の販売売価は、

C店のとんかつ定食の値段
600円÷0.5=1200円

 

という事になり、A店やB店より割り高になる。

そうだ、お前ら気づいたか。
俺はC店がセキスイハイムだと言いたい。
まあ、本当にサービスや品質が担保されているかは別の問題だ。

ちなみにB店は腕のよい地元の工務店、みたいな感じか。

あ?A店は?だと?
知らん、お前らで勝手に想像しろ(笑)
それで察しろ。

 

ちなみに余談だが、商品コストだけを追求して、
他の経費が商品の販売売価に乗っかるのを極端に嫌う連中がいるな。

おれは、そいつらの事を

原価厨(げんかちゅう)

と呼んでいる。
それ自体は悪いことではない。
しかし、あまり商品コストのこと「だけ」にこだわりすぎるとどうなるかは。。。
下の枠で触れてやるから、しばし待て。

大手HMで家を建てることをディスるFPがいるが

たまーに、ネットサーフして、
あんまり人が見ないような住宅系のサイトを見てるとだな、
大手HMで家を建てることをボロカスディスる、
FPなのか何のかよくわからん肩書の奴を見かける。

日本は言論の自由だからな。
言いたいことを言うのは大いに結構だ。
しかし、そいつらの論調は

よくわからん肩書きのヤツがエラソーに言っているイメージ
・大手HMは宣伝販促費にお金をつぎ込み、その分が販売コストに乗っているので勿体ない
・商品の価格にそれ程の価値を感じない

という内容が多い。
さっきのとんかつ屋の視点で言えば、
A店では勿体ない、店ならバンザーイみたいな感じだな。

               

そりゃ、原材料費だけで言えばそうかもな。
例えば、セキスイハイムより良いであろう商品を、
セキスイハイムの8割の価格で作れる工務店があるかもしれん。

         

工務店の方がいいじゃん!そっちにしよう!!

        

と思った奴はそっちで建てた方が幸せになれるぞ、そっちにしとけ。

だがな、最初に俺は、セキスイハイムの社員は大杉!!
とディスったが、

社員が多いからこそのきめ細やかな対応

というメリットはあるやもしれん。
家づくりに詳しいやつは、きめ細やかな対応はイランだろうな。
なぜなら、大抵の事は自分がわかっているからな。

だがしかし!
世の凡人、家のことなんか何も知らんやつが殆どでだな。
ここからは俺の個人的な感想だが、

家建てるなら勉強しとけコノヤローッ!!

って家建てた施主が書いたブログを読んで

わかった勉強するっ!!

って思って勉強するヤツは、施主全体の1%未満だろうな。
よって、家を建てるヤツの

99%以上はわからんちんの素人(シロウト)

というのが俺の持論だ。
当然俺も、未だにわからんちんの素人だ。
そして、その素人を、

積水ハウスやセキスイハイムのような大手HMが、
社員の多さを活かした迅速・丁寧な対応、
且つ人海戦術的なやり方で、素人施主を囲うことによって、
圧倒的な施工件数を稼ぎ出している、
と、俺は勝手に思い込んでいる。

よって、あんなに施工件数の多い、積水ハウスやセキスイハイムのブログ主が少ないのは。。。

        

家にこだわりを持つ施主が少なく
そもそもブログを書こうとする層が少ない

       

と俺は勝手に結論付けている。
色々突っ込まれそうだが、俺が1年ブログを続けている内に導き出した、俺のひとりよがりの持論だ。   

セキスイハイムが意地でも宣伝する理由

また、見事に話が脱線したから、元に戻すぞ(笑)

じゃあ、何で商品代金に販促費を載せて、
家の販売価格が上がってでも宣伝するのか?

それは、大手企業ならではの宿命とも言える。
簡単に言えば

企業のブランドイメージの向上

これに尽きるわけだ。

なぜ、企業のブランドイメージを高めようとしているのか。

まずは「マイボイスコム」と言うところがやっている
「住宅メーカーのイメージに関するアンケート調査(第13回)」
を見るがいい。
グラフやデータは、そこから引っ張ってきている。

まずはアンケートの母集団。
なんとアンケートの60%が家を買ったことの無いヤツが答えている
更に30%が家を10年以上前に購入したヤツが答えている

つまり、アンケート回答者の90%が殆ど最近の住宅事情を知らないやつが答えているんだな。
これって、全然正確なアンケートにならないんじゃないか?
まあ、家のことを詳しく聞きたい場合は、当てにならないな。

だがしかし!
世間のイメージを知るアンケートとしては、
絶妙なバランスだ。

俺がお前らに伝えたいのは、世間はセキスイハイムにどんなイメージを抱いているか、だ。

アンケート「信頼感・安心感はあると思う住宅メーカー・ブランドは?」
で、1位積水ハウス、2位住友林業に続き、3位がセキスイハイムになっている。
90%の連中が、家を買ったことないか、10年前に家を買った連中のアンケートで、だ。
これは、イメージ以外の何者でもない。

つまり、セキスイハイムは、

イメージ上では信頼されている

ことになるな。

アンケート「省エネ・エコ住宅というイメージだと思う、住宅メーカー・ブランドは?」
と言う質問では、セキスイハイムはパナソニックホームズに次ぐ2位にランクインだ。
これは、長年積水ハウスに負けていたが、近年逆転した。
これも、あの結婚できない男が、ガキの中心で微笑んだ結果だな。

つまりセキスイハイムは、本当かどうかは置いておいて

省エネ・エコ住宅というイメージ

が定着しつつあるようだな。
ある意味、
セキスイハイムの狙い通り、ブランドイメージが定着しつつしている、と言えるだろうな。

ブランドイメージが定着すると良いこと3点

消費者から良いイメージを持たれ、消費者の購買意欲が向上する

「何当たり前の事言ってんの!」

と言われそうだが、これが結構難しいんだな。
・カッコいいイメージ
・清潔なイメージ
・親しみやすいイメージ
・先進的なイメージ

イメージも色々あるが、
芸能人を起用したり、CGを駆使したCMや、感動させるような内容のCMを打つことで、
消費者にアピールできる。

最近の大手HMのCMでは

・ギター持った女の子の積水ハウス
・先進的なイメージのCMを流し続けるへーベルハウス
・「天気の子」に協賛したミサワホーム

等がお前らの印象に残ってるん家のCMなんジャマイカ?
あ、我らがセキスイハイムも、良くも悪くも、
結婚できない男がブレずに同じ路線で宣伝しているな(苦笑)
あれはあれで、よいのかもしれんな。

投資家が金を出して投資する

消費者の購買意欲が高まると、今度は投資家が食指を動かし始める。

投資家「お、この企業は消費者が注目してるから、金出して株を買って儲けるか」
(※わかりやすくくだけた表現にしてるからな、細かいところはあまり気にするな)

と言う感じで投資し始める。
この好循環が産まれ始めると、企業としてはしめたもの。
この投資家の金を元に、事業拡大や、設備投資、研究費用などを潤沢に捻出できる。

こうして企業は「人の金(投資)を借りて成長し、設けた利益を投資家に還元(配当)する」訳だな。

優秀な人材を確保しやすくなる

こうして、企業が潤いだすと、当然、給料も上がる。
給料が上がると、年収が当然上がり、年収が上がると、
優秀な人材が高収入を求めて就職したがるわけだ。

高年収の企業には、優秀な人材が集まりやすくなり、
結果、営業力や開発力の高い人材が、集う・揃う。
結果、企業の総合力が高まるわけだ。

これら3つの要素を、常に好循環で回そうとする。。。
これが、大手HMが、
意地でもブランドイメージを高めようと、宣伝を続ける理由だな。

ブランドイメージは金をかけるだけでは宿らない

ブランドイメージは残念ながら、金をかけて宣伝するだけでは根付かない。
もし、宣伝だけで根付くなら、各社宣伝のみに力を入れるわな。

宣伝を続けながら

・良質な商品を作り続ける力
・従業員の意識のベクトル合わせ

が無いと定着しない。
企業が良いイメージを、顧客や市場から得るのには相当の時間がかかる。
下手したら5年10年かかるだろう。

でも、悪いイメージは一瞬で出来上がる。
耐震偽装などの企業主導の不正隠しは当然の事ながら、
社員の横領・暴行・SNSへの不適切投稿といった個人的な不祥事でも、
企業の名が傷つく世の中だ。

ブランドイメージを向上させるのは、
当然、企業の技術力も必要だが、

従業員を同じ方向に向かせる力
(=コーポレートガバナンス力:企業統治力) 

も必要になってくる。
技術と、従業員の質の双方が高まらないと、
ブランドイメージを定着させるのは難しいな。

「見えない付加価値」が付いているから高い!嫌なら買うな!!    

と言うことで、セキスイハイムの家が高い理由を、
男らしく長々と書いてやったぞ。
簡単に言えば、セキスイハイムには、
とんかつ屋A店の様な、商品には見えない付加価値が、
そのまま価格に上乗せされている。

お前が原価厨なら、買うなっ
商品の価格のみしか、金を払いたくないなら、
宣伝バンバンやってる様な、大手HMで家は建てない方がいいぞ。

しかし、このブログを読んで、買ってもいいかもと思ったそこのお前っ!

買っても損したとは思わないだろう。
残念ながら、100円の価値のものを、
○100円出して買って損をしたと思うのか、
○200円出して買って値段相応だと思うのかは

お前たち次第だっ!

もちろん、原価をはじいて、商品の損得を見極める価値観を否定はしない。

しかし、セキスイハイムが、
沢山の従業員が在籍している事を活かした素早い対応や、
電話1本で修理や訪問に来てくれるアフターサービス、
大手HMで建てたことを羨ましがってくれる「優越感」等、

○人によってはありがたい、
×人によってはどうでもいい(笑)

商品には見えない付加価値が付いて来ることを忘れるな。
セキスイハイムの家が高いのは、
確固たる理由が存在する。

それを

×やっぱりボッタクリだ!!

と思うか

○いやお値段相応だ!!

と思うかは、お前ら次第だっ。
以上!
終わるっ!!

お前ら!
あばよっ!!
いい家作れよっ!!!
アディオスっ!アミーゴっ!!  

八郎の「聞け」!

▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です