家の買い時は東京五輪(オリンピック)後とか言ってたヤツちょっと来い

おう、俺だ。

        

あんまり時事ネタは絡めたくないが、
ほら言わんこっちゃ無い、
という状況になってきたので、
俺が、俺の世界の中心で正論を叫んでやろう。

      

どうせアンチは、
✅「後付乙」
✅「じゃあ、いつ買えばいいだコノヤローっ!」

って騒ぎ立てるだろうから、
じゃあ、いつ買えばいいのかもあわせて教えてやる。
大サービスだな。

        

まあ、今回も俺の持論だからな。
参考にするかどうかは、お前ら次第だ!
今日は長くなりそうだから、
さっさとおっぱじめるぞ。

        

家の買い時はオリンピック後とか言ってたヤツちょっと来い

       

始めるぞ、ついて来いっ!

未来の事など誰にもわからない

何当たり前の事言ってんだ!
とお前らスマホやPCの画面の前で、非難轟々だろ?
そんな非難しているそこのお前っ!

         

家に買い時なんぞ無い、と言う事をわかってて非難しているんだろうな?

         

俺は、家の買い時、オリンピック終了後説が、何で叫ばれていたのかよくわからん。
オリンピックが終わって、建設業界が暇になるとか、人が余るとか、
うわべだけの情報は目に入ったこともあるが、精査したことは無いな。

        

まあ、俺にとってはそんな事はどうでもよかった。
なぜなら、そうなるのかどうかは、神しかわからんことだからな。
いち個人の推測を精査するほど、俺はヒマじゃあない。

         

そして、お前ら、わかっただろ。
この世の中、そもそも、オリンピック、あるの?ないの?
みたいな世界になっている。
もちろん、2020年4月15日現在の日本がおかれている状況は、
100年に1度の国難かも知れん。
本当にイレギュラーな出来事だろうな。

       

でもお前ら、胸に手を当てて思い出してみろ。

日本全国を強烈な地震が襲い続けていることを。
10年に1回の大雨が毎年のように日本各地を襲っていることを。

         

もうな、何があってもおかしくないぞ、地球。
今までの歴史の中ではイレギュラーかもしれんが、
これからの未来の中で、
それがイレギュラーであり続けるかどうかなんて、
誰にもわからん。

        

そんな状況の中で、
家の買い時がいつかどうかなんて、
誰にもわからんだろ。

          

だからな、○○になったら安くなる!
という記事を当てにするのはやめとけ。
言うのはタダ、言ったモン勝ち。
しかし、その言質を保証してくれるヤツは、どこにもいないからな。

待っていても買い時は訪れない

ネットなどに、
「家は自分が(子供が)いくつになったら買うべきでしょうか?」
なんて質問をよく見るな。

        

はっきり言おう。そんなのは、
「いくつになっても買うべきだろうし、いくつになっても買うべきではない」
としか、言い様が無いよな。

        

例えばざっくりメリット・デメリットをあげてやる。

子供が小さいときに家を買う

メリット
・子育てをしやすい間取り・導線を考えられる
・1軒家なので子供が騒いだり走り回っても、周囲に迷惑をかけにくい
デメリット
・子供が新居を落書きしたり破壊したりする
・子供が大きくなると、子育て中心に考えたプランが不要になる


子供が巣立ってから家を買う

メリット
・基本ふたりだから、家はコンパクトでよい(平屋とかいいかもな)
・自分の趣味や希望を活かせた家づくりできる
デメリット
・あと何年住めるの?(余生)
・子供たちと一緒に家に住めたら、違った人生になってたかな(後悔?)

もうな、キリが無いんだ。
どっちもメリット・デメリットがありすぎて、
はっきり言って答えようが無い。

       

そんな中で、お前らに、
「決めないといけないんです!どうしたらいいんですか?」
と聞かれたら、

        

✅今思いつくメリットとデメリットをだーっと箇条書きにして
✅どうしても欲しくて仕方がないメリット3つ
✅買うとやばいんじゃないか、不安だ、というデメリット3つ
✅を残してどっちが重たいか、精査しろ

         

としか言えん。
それくらいしか、「客観的な」アドバイスはできんな。
あ?主観的なアドバイスはよ!だと?
もうちょっと俺に喋らせろ(笑)

新商品が出るまで待つ、もリスク

よく「もうすぐ新商品が出るんで、新商品まで待ちます」
なんてコメントも見かけるな。
まあ、新商品を待つこと自体を、否定するつもりは無いけどな。
ただ、俺に言わせれば、新商品は「リスク」がつきものだ。
そこは忘れるなよ。

       

なんせ施工事例がゼロ。
これから建てる新しい商品なわけだ。
もちろんHMも、万全の注意を帰して、
新商品を世に送り出すんだろうけどな。

        

まあ、真実は小説より奇なり。
なんて言葉もあるように、
どれだけシミュレーションを重ねても、
シミュレーションには現れない、
予期せぬトラブルは付きモノだ。
新商品の購入は、そのトラブルの「人柱」になる可能性があることを忘れるな。

           

車と家を一緒にしてはいかんだろうがな、
よくニューモデルの車が、度重なるリコールを出している事例もあるな。
最近で言えば、HONDAの3代目FITがそんな感じだったな。
あれは、オーナーもディーラーも可哀相だった。
新商品に潜むリスクが顕在化した、わかりやすい例だな。

         

逆に、モデル末期の商品はだな。
あらゆるトラブルが出尽くして、それに対応しているので、
完成度は非常に高いと言うメリットもあるぞ。
沢山の施工事例があるので、提案も豊富になり、
先人のオイシイ事例をパクリ放題、といった旨味もある。

          

新商品が世に出ると、
旧商品は陳腐化されてしまう感じがするだろうが、
永きに渡り家に住むことを考えるとだな、
完成度の高い、成熟したモデルに住むのも悪くないと俺は思うぞ。

それじゃあいつが買い時なのか教えてやる

それでは、お前らお待ちかねの、
買い時を教えてやろう。
それには、あの先生にご登場願おうか。
それでは。。。ズバリ、

          

今でしょ!

         

だな。
英語で言えば、

      

Buy a house,
right now!!

      

だな。英語で言ったのは、
最近洋画を見て聞いた台詞「right now!!」を言いたかった、それだけだ。
あ?これだけ期待させておいて、オチはこれか!?
だと。これはオチではない。真顔だ。

           

結局だな、買い時なんて無いんだ。
どこで買ってもメリット・デメリットはつき物だ。
だったら、家を買おうかな、と思い始めたと言うことは、
少なからず、家に興味がわいてきた、と言うことだよな、なら

今買え

が俺の結論だ。
(流石に2020年4月15日現在に家を買え、とは言わんが(笑))
家に興味がある時点で、家が建てばお前らは満足するだろう。
ならば、そんな満足する家に、お前の人生、

少しでも永く住んでみたくないか?

「家が買えなかった」と後悔するなよ

未来のことなんて誰にもわからない

          

と冒頭で書いたが、その続きをここで書く。
家を買おうと検討しているお前ら、
今から1年後に地球が滅びるとする。
どうだ。
✅家買って(建てて)新居に囲まれて死ぬのと、
✅家買わずにクソボロの賃貸で死ぬのと、
どっちが後悔が無いか?
あ?悪意丸出しだと?気にするな。

      

まあ、言わずもがなだな。
ちょっと誘導尋問的なズルさは否めないがな。
もし、そうだとすれば建てた方がいいだろう。
そうなんだ。
未来のことなんか誰にもわからんのだから。
そう考えるなら、

さっさと家を建てて満足

      

した方が、後悔のない人生を遅れるかもしれんぞ。

但し!ひとつだけ条件がある

これだけ、今家を買え!と煽っておいてなんだが。
ひとつだけ条件がある。
それはだな。。。

だ!
これだけは、慎重に考えろ!!
いきおいで家を買う事は否定しない(◀俺がそうだからな(笑))

       

但し、
いきおい「だけ」で家を買うのはダメだ!絶対にやってはならん!!

✅永きに渡る住宅ローンの支払い、
✅家のメンテナンス代、
✅固定資産税、
✅火災保険など等、

       

支払いは住宅購入後も色々ある。
それに子供が成長すればいくらかかるのか、
そこだけはしっかりに把握しろ!

買おうと思ったらその時に買う!それが家の買い時だ!!

と言うことでだな、
俺の世界の中心で、正論を叫んでみたぞ。
まあ、俺の世界の中心の正論だからな、
お前らの世界でこれが正論かどうかは知らん。

         

思い立ったが吉日

       

というよい言葉があるな。
無責任に薦めているが、
俺も、家はまさしくそうだと思うぞ。

      

ネットに溢れている、
「家は○○が買い時だ!」
と言う情報、あれは鵜呑みにするな。
それを信じると、お前の買い時を失いかねん。

      

まあ、家に買い時があると思っているヤツを否定はせん。
そういうヤツは、買い時が来るまで、待つがいい。
だがしかし!
その時が来て、お前が本当に家を買えるかどうかは、
誰にもわからん!
答えは神のみぞ知る、だっ!!

        

以上っ、終わる!!

お前ら、
あばよ!
いい家作れよっ!!

八郎の「聞け」!

▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です