#060 明るく開放的なリビングを目指した家づくり

どうも!八郎です!!

          

オープン階段&吹き抜けのデメリットは、
✅「空調」
✅「臭い」
✅「資金」
そして
✅「床面積の減少」
でした。

      

今回は、ハイム営業に、メリットを聞く事に。
それをカバーしておつりがくるメリットはあるのか?
プライスレスなメリットはあるのか?

そして、嫁はどう決断するのか?
(何となく、最初から決まっていたような感じはしますが(笑))

それでは続きをどうぞ!   

オープン階段のメリット

嫁「デメリットだけでなく、メリットも聞いて考えよう。ハイム営業、メリットはなんですか?」

ハイム営業「そうですね。まずは見た目です。モダンな感じ。見た目を引くと思います」

   

なるほど、しかしこれは想定内。
ドヤれるのは計り知れない(?)メリットですが。
知りたいのはそこだけではありません。

   

八郎「他に、こう、グッとくるメリットってありませんか?」

ハイム営業「グッとですか(笑)では、グッと来るかどうかはわかりませんが。。。」

        

そう言うとハイム営業、当たりをぐるっと見渡す素振りをしてこう言います。

         

ハイム営業「オープン階段は、ほぼリビングルーム内に作ります。この展示場もそうですが…」

八郎・嫁「(コクコク)」

ハイム営業「そうすると、リビングの上に吹き抜けを作ることになりますよね」

嫁「ですね」

ハイム営業「そうすると、吹き抜けの場所によっては採光が取れて、よりリビングが明るくなる可能性があります」

八郎「ほうほう」

ハイム営業「八郎様のプランで行くと…きちんと引き直さないと確かなことはいえませんが、多分この辺にリビング階段を作ることになりますので…階段はこう来るから…」

           

ハイム営業が、印刷されたプランに走り書きでプランを書き加えていきます。

いきなりですが、余談です(笑)。
他のHMはわかりませんが、
基本、セキスイハイムは営業がプランの原案を考えてきます。
八郎家のように、知識が無くて自分から「こう言うプランにしてくれ」と希望が提示出来ない場合、
プランの出来や、提案の引き出しの多さや柔軟性は、

営業の経験やセンスにかかっている

と言っても過言ではありません。

      

八郎夫婦。
ハイム営業の走り書きを、固唾を呑んで見守ります。    

明るく開放的なリビングになるでしょう

f:id:hachiroublog:20190211221828j:plain
セキスイハイムHPより

ハイム営業「(こう言う感じで…うん、やっぱりそうなるか…ボソボソ)」

八郎「どうなりそうですか?」

ハイム営業「恐らく、バルコニーの窓から採光が取れますね」

ハイム営業「これは明るく開放的なリビングになるんじゃないでしょうか

嫁「わああよかったあ、私の希望がかないそう!」

          

これは。確かに大きな利点ですね。
天井が高い部屋は間違いなく開放感に溢れます。
逆に天井が低いと、圧迫感を感じますよね?
リビングから見上げる開放的な雰囲気は、
きっと、八郎家にプラスをもたらしてくれることでしょう。

吹き抜けを本当に採用してよいのか?

???
いやいやいや、ちょっと待って。
そんな単純な話?
もう少し深く考えて見ましょう。

               

明るく、開放的なリビング、とハイム営業は言いましたが。

まず、そもそも昼間にリビングにいる時間がどれくらいあるか?
八郎家、八郎・嫁・次女・三女の内、三女は学校、他3名は勤務。
よって昼間は家はほぼ「むじんくん」です。

         

開放感は、昼・夜問わず得られそうなのでプラスですね。
しかし、明るさの恩恵を得られる時間が少なそうです。

       

そう考えると、あまり恩恵を受けられそうに無いなら、
吹き抜けを作るのではなく、2階は床面積をしっかり確保し、
収納スペース等を増やしたほうが、家としての機能を、
しっかり果たしてくれるのではないでしょうか?

         

吹き抜けはやめるべきではないか

         

自分の中には、そんな意見が頭の中を支配しつつあります。        

結論は「既に決まっていた」

f:id:hachiroublog:20190211222654j:plain

これは、持ち帰っての検討事案か。。。
と思い、ハイム営業にその事を言おうとするか否かの刹那です。

          

嫁「オープン階段は、私の家を建てる上での大きな願いです。是非、導入の方向でお願いします」

八郎「」

ハイム営業「かしこまりました!次回のプラン提示で反映させて、差額も提示出来る様にしておきます」

嫁「八郎ちゃん、いいよね?」

八郎「お、おう、合点承知之助」

         

嫁からの確認も、何だか有無を言わせない凄味があります(笑)

       

これは、後から聞いてた話なんですが、
この時、嫁の中では既に結論ありき、でハイム営業に話を聞いていたようです。
ただ、自分がリサーチした情報にはない、
知らないデメリットがあるといけないから、
ハイム営業に確認の意味で聞いてみた、とのこと。

既に嫁の中では結論は出ていたけど、
念のために確認で聞いてみた、

ただそれだけの事でした(笑)
嫁の強い意思を感じずにはいられません。

おし、付けると決まったらせいぜいドヤり倒そう。。。そう心に決めた八郎でした。
(※八郎・注:そんなにドヤれません、ご注意下さい)

              

ハイム営業「空調の件、快適エアリーにするのか、エアコンにするのか、は」

ハイム営業「ぼちぼちで良いので、方向性を決めておいてもらえると助かります」

八郎「わかりました!」

        

そうだった。
空調は吹き抜けの方が、エアコンの性能UPやらシーリングファン設置で費用が嵩むんだった…
もし、建築面でではトントンだったとしても、
ここでプラスになる…そこは把握しなければならないポイントです。

        

そして、空調をどうするのか?
今はまだ、「エアコンか快適エアリーか。。。」
それくらいの軽い気持ちでしたが、この

       

快適エアリー

セキスイハイムの快適エアリーの性能・価格を徹底調査!快適エアリーなしで大丈夫?

       

実は、最後の最後まで、
八郎が決断しかねる、お悩みオプションになる事を、
この時まだ八郎夫婦は知りません。。。

          

ハイム営業「他には何か気になる部分はございますか?」

八郎・嫁「えーっと。。。」

          

促されて夫婦でプランを見詰め直します。
基本的に、B社のでたらめなプランを見抜く力さえない八郎家。
プランを見せられても、ピンと来ていないのが普通なんですが。。。


しかし、この時、八郎はある違和感に気がつきます。
(次回に続く)

費用の上積み覚悟で、オープン階段は採用の方向で話を進める八郎家。
誰が家に来るのかわからないけれども(呼ぶ人いる?)
まだ見ぬ客人相手に、ドヤる想像をし、悦に入る八郎家。

           

しかし、プランの打ち合わせはまだまだ始まったばかりです。
B社のデタラメなプランすら見抜けなかった八郎が、
ハイムのプランを見て、微かに感じた違和感とは?

次回「注文住宅に勝手口は必要?」

君は、選び抜くことができるか。

▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です