建築日記第1話「やっぱりおうちたてようかな」はコチラ!!

#086 和室の畳の色 バリエーション豊富で狂喜乱舞

どうも!八郎です!!      

玄関のエコカラットを施工するのに、
八郎と嫁で意見が分かれます。

正面にエコカラットをバーンと貼り、
更に造作棚に間接照明を仕込み、
かっちょええ玄関にしたい嫁。
まさに一点豪華主義です。

しかし八郎は、
何も無い側面に貼る事で、
側面も地味に豪華さをアピール。
正面は、造作棚と間接照明で充分豪華だろ!
という想いです。

     

この夫婦の温度差はどう埋まるのか?

       

そして和室の畳み選びで情弱夫婦大興奮!
しかし価格を聞いて。。。(笑)

それでは、続きをどうぞ!!

決着は次の打ち合わせで(笑)

八郎「嫁ちゃんの提案は、正面が豪華すぎてもったいないよ」

嫁「えーっ」

八郎「この玄関の右側の壁が何も無いからさ、」

八郎「この右側の壁に貼れば、正面もアクセント、側面もアクセントが出来て尚豪華だよ」

嫁「えー、でもこの壁全部施工したら、めちゃくちゃお金かかるよー」

八郎「うん、全部施工するとめちゃめちゃお金かかるからさ」

八郎「こんな感じでラインを3本入れるような施工にしてもらおうと思って」

インテ担当「。。。なるほど、これならアクセントになりつつ、施工費や材料費も抑えられますね」

嫁「ぶー、ぶー」

      

加熱する夫婦の主張を見かねたのか、インテ担当が合いの手を入れます(笑)

       

インテ担当「エコカラットに関しては、今日決めなくても大丈夫ですよ」

インテ担当「今日のところは、1階と2階のクロスと床が決まれば、という思いでいます」

インテ担当「エコカラットに関しては、次回の打ち合わせまでにある程度決めていただければOKですよ」

嫁「そ、そうなんですね」

八郎「じゃあすみません、持ち帰り案件で」

インテ担当「はい、宜しくお願い致します(ホッ)」

こげ茶色(ダーク)床面積80%の我が家。。。

インテ担当「リビング・洗面所・玄関ときたので」

インテ担当「1階は後はトイレと和室ですね、まずはトイレから決めちゃいましょう」

インテ担当「トイレの床は何色にしましょう?」

嫁「ダークで!

八郎「」

インテ担当「ブレませんね(笑)こだわり抜くことも家づくりです」

嫁「エヘヘ///」

     

インテ担当の謎の援護で気をよくする嫁。
しかし、冷静に考えて、

      

玄関と和室以外、全部床がダークな家。

       

これってどうなんでしょうか?
こだわりぬく、と言えば聞こえはよいですが、
もはや意固地になっているとしか思えないチョイスです(笑)
これで「和室の畳みもダークでっ!」とか言い出したら、
流石に具合が悪くなりそうです。
和室くらいは、違う色にして欲しい。。。

我が家は完全にダークサイドに堕ちかかっています。

「畳の色が緑」は昔のイメージ?

トイレのクロスは無難な白に落ち着き、いよいよ1階最後の和室です。

      

インテ担当「最後に和室ですね、和室は何かこだわりはありますか?」

八郎「。。。」

嫁「。。。」

      

どうやらお互い和室はノーマークのようです(笑)
自分も和室については1mmも考えていませんでした。

       

インテ担当「現状、和室はオーソドックスに緑の畳で提案しています」

嫁「。。。」

八郎「(ドキドキドキドキ)」

       

ここで、畳みもダークで!!なんて言い出さないか不安で仕方が無い瞬間です。
いい加減、焦げまくっているんで、和室くらいはオアシス的な色使いにしたいところですが。

      

インテ担当「では、こちらから提案しますね」

        

そう言ってインテ担当、カタログを広げます。

多彩な畳の色に狂喜乱舞

出店:戸口畳店HP

インテ担当「畳の色はこの中から選べます」

       

うそお。。。
こんなに今の畳ってカラフルなんかーいっ!ルネッサーンスッ!!
まさか、和室の畳みでこんなにカラバリ豊富だとは思いませんでした。

     

和室「畳の色って、緑なのよ、イグサなのよ、わかる?」

      

という固定観念しかなかった八郎は目からウロコです。

       

嫁「パアアアア キラキラキラキラ」

       

あ、隣のご夫人も目からウロコみたいです(笑)
しかし、そんなバリエーションの中から、不安材料が。。。

Oh。。。
ここにもいました、ダークブラウン。
兄弟のブラウンも同席しているので、
めっちゃ焦げてる感がイヤでも目立ってます。

もし、これを選んだら。。。
いやダメだ。ここだけは、違う色にしないと。
荒廃したこげ茶色の大地から、
一服の清涼感を感じられる和室の畳の色使いにしないと。。。

      

そんな誰にも頼まれていない使命感に燃えていた矢先、
嫁から信じられないひと言が!
(▲ガチンコ風に再生下さい(笑))

      

嫁「わあああ、グレーの畳とかカッコいいですね!」

インテ担当「はい、グレーは割と人気ですね、明るさと引き締まった感が両方得られます」

八郎「」

         

そこは、ダークブラウンじゃないんかーいっ!ルネッサーンスッ!!
(次回へ続く)

       

和室の畳の色は、ダーク系を回避することが出来そうな八郎家。
しかし、ほっとしたのも束の間。
インテ担当の、「お金のかかる提案」に魅了され、
またしてもお金を積むかどうかで立ち往生?

      

注文住宅って、選ぶのが楽しい反面、
選択肢がありすぎて、
自制するのが大変です(笑)

       

次回「琉球畳 普通の畳との価格差は?」

君は、選び抜くことが出来るか?

▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
▶ブックマークはコチラのページをお願いします!!◀
八郎のラジオ「はちろん!」公開中です!良かったら覗いてください!!◀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です