#141 夫婦で芝居を打ち、最後の値引交渉を成功させたい

どうも!八郎です!!

        

セキスイハイムの最終仕様確認に臨む、情弱八郎夫婦。
昼食休憩のファミレス作戦会議で、オプションの選択を決めた八郎家。
ハイムの看板オプションとも言える快適エアリーは見送る代わりに、
太陽光パネルを1.5kWh増設することにします。

           

いよいよ、この選択をハイム営業伝え、
我が家のプランがほぼ確定!と言う流れなんですが。

          

ただ伝えるだけじゃ、何か腑に落ちない八郎は
よからぬことを企てることに。

それでは、続きをどうぞ!!   

簡単には終わらせない!

会議室

ファミレス作戦会議を終え、セキスイハイム本社に戻った八郎家。
午前中の打ち合わせの場に戻ってみると、
ハイム側は、まだ誰も戻っていません。
とりあえず、先に腰掛けて、相手を待ちます。

             

いよいよ、今までの打ち合わせの総決算。
我が家の最後に下した決断を、
伝える時が刻一刻と近づいてきます。

           

午前中に比べて、何だかハイムチームとの机の距離が伸びたように感じます。
実際に伸びることはありませんが、
気持ち的に、どうかあるのでしょう。

  

”コンコン♪”

        

ハイム営業「失礼します」

  

約束の時間になり、ハイムチームも入ってきました。
ダンディー上司を除く、ハイム営業・インテ担当・設計士が入場です。
初めての出会いではありましたが、
窓揃えやカスミの選択でお世話になったダンディー営業。
彼のスペースが空位になっていることに、
最初は煙たく思ったものですが、
今は、一抹の寂しさを感じずにはいられません。

#132 いよいよセキスイハイムの最終仕様確認、始まります!

   

ハイム営業「お昼はゆっくり召し上がられましたか?」

嫁「。。。」

八郎「。。。ええ、まあ」

ハイム営業「。。。ですよね、失礼しました(苦笑)」

  

まあ、テンプレあいさつなので仕方ありませんが、
何せ、大人数の諭吉さんが、動くか動かないかの決断だったため、
何を食べたのかすらよく覚えていない、というのがホンネです。
(でも、嫁の残りも含め、沢山食べたことだけは覚えています(笑))

   

ハイム営業「それでは再度確認なんですが」

         

ハイム営業の言葉から、最終仕様確認、午後の部(延長戦)がスタートします。

          

ハイム営業「まず、午前中の打ち合わせ内容で、何か疑問に思われたことなどはありませんか?」

八郎「いえ、特には…ヨメチラー」

嫁「(コクコク)」

八郎「ありません」

ハイム営業「かしこまりました。。。では」

   

いよいよその時が来ます。

  

ハイム営業「結論をお聞かせ下さい」

  

さあ、決断の時です。  

最後の駆け引き

トランプ 駆け引き

八郎「はい…」

  

とりあえず、返事をしますが、腕組みをして、下を見詰めます。

その後、腕を組みなおし、上を見上げ、

         

八郎「うーん。。。」

        

と、呟きます。

   

ハイム営業「。。。どうされました?」

   

ハイム営業、顔は笑っていますが、目が笑っていません。
流石にこの時ばかりは、ハイム営業から不快感が見て取れました。

   

八郎「うーん。。。」

嫁「え?快適エアリーはやめて、太陽光乗せるって言ってたじゃん。違うの?」

八郎「うーん。。。そうなんだけど。。。」

嫁「ええ…」

ハイム営業「」

ファミレスを出る前に。。。

ファミレス 伝票

もう懸命な読者さまはお気づきだと思いますが、
これは「夫婦で芝居を打つ」作戦に出ています。
なぜ、芝居を打つのか?

      

そう、値引を勝ち取るためです。

         

ただただ、自分の結論を伝えるだけでは歯がゆい思いもあります。
そして、最終仕様確認時が、
値引交渉の最後のチャンス
だとも聞いています。

          

最後のファミレス作戦会議をお開きにする時に、
嫁とちょっとした打ち合わせました。
そのひと幕をご紹介します。 

               

八郎「嫁ちゃん」

嫁「ん?」

八郎「俺さあ、どうしても納得がいかないことがあってさ」

嫁「え?何が???」

八郎「んーん、値引」

嫁「え?この期に及んで、まだそんなこと言ってんの!?」

八郎「エアリー値引はねつけられてから、ずーっと燻ってんだよね」

#109 値引交渉決裂!しかし営業が引き留めにかかる

「もー、変に関係をこじらせるような強引な交渉はやめてよー」

              

嫁の言う事も、もっともなんですが。
しかし、八郎には、エアリーの値引交渉を撥ねつけられた以外に、
もうひとつ「根に持つ事件」がありました。

         

それは、太陽光を2kWhから4kWhに増設した時に、
見積もられた金額です。

#072 本当にトクする?太陽光発電の誘惑

太陽光パネル2kWh増設 80万円

これがどうも高いような気がするんです。
他の太陽光の見積もりを見ても、
せいぜい1kWhあたり30~35万程度。
しかもこれはパワコン込みの見積もりです。

        

しかし、八郎に提示されたこの価格は、
パワコン抜きの価格。
どう見ても高い。
これは。。。

         

bjベーシックの太陽光標準装備の損失を取り返しに来た

         

としか思えない結論に達します。
ここで、それは高い!と即答できなかったのは、
八郎の勉強不足でしかありません。
ならば!
増設を足がかりに、少しでも高い見積もりを切り崩せないか!

         

という結論に達します。

そもそも、予算オーバーな我が家

突然ですが!問・題・ですっ!

このブログの当初に。
「我が家の予算は、○○○○万円です!」
と申しておりましたがっ!
の、この○○○○に入る数字は何でしょうっ!?

                         

これがわかる人は、当ブログを初期から見て下さっている方ですね。
本当にありがとうございます。

         

正解は4000万円(土地代込み)です。
しかし土地代の1200万円は変えられないので、
上物を2800万円に抑えないといけない訳なんですが。。。
HMをセキスイハイムに絞り込んでからの打ち合わせは、
間取り変えたり、太陽光積んだり、色々つけてみたりと、
オプション&オプション&オプションのオンパレード(笑)

        

今やオプションだけで200万を越えそうな勢い。
総額、4200万が見えてきています。
これ以上の出費は抑えなければなりません。

         

。。。抑えなければなりません、と言いながら、太陽光増設してるやんっ!
って言うツッコミはナシで(笑)
もし、金額が増えるにしても!
極力、お買得にしていかなければならないんですっ!!(半ギレ)

芝居を打って値引を勝ち取る?

八郎「よし、ダメ元で、芝居を打とう」

嫁「え?どういうこと」

八郎「八郎家として、結論は出たけど、ただそれを伝えるだけじゃ俺が納得いかない」

嫁「もー」

八郎「芝居を打って、値引きを引き出せないかやってみる」

嫁「え゛ーっ、それってバレたらあまりにも印象悪くなるんじゃ。。。」

八郎「そのリスクはあるけど、でも、総額4200万になろうとしている」

八郎「背に腹は替えられないよ。ここでハイム紙業にイラつかれても、それで3万でも5万でも引いてもらえれば儲けモノだと思う」

嫁「それは。。。恩を仇で返すような感じになっちゃってるよ」

八郎「でも、ここ最近の値引きが一切ない提案は、絶対最初に提示してくれた大盤振る舞いの差額の回収に来てるに違いないっ!」

嫁「うーん。。。そうかなあ。。。」

八郎「俺も空気が読めないわけじゃないから、あまりにも険悪になりそうなら引くけど」

嫁「。。。」

八郎「値引き交渉はこれが最後のチャンスだと思うんだ」

嫁「うーん。。。」

八郎「今までは、俺も駆け引きとか好きじゃないから正面から、『値引き願いします!』って行ってたけど」

八郎「間違いなくこれが最後のチャンスになるだろうから、一世一代の芝居を打って、値引きを勝ち取る!」

嫁「。。。わかったよー、そこまで言うならお手伝いするけど」

嫁「私、芝居は苦手だから、あまり難しい役どころは求めないでよー」

八郎「(ウソつけっ!若い時は沢山の男をちぎっては投げ、ちぎっては投げしてたくせに)」

嫁「あ゛あ゛ん(# ゚Д゚)何か言ったかコラ」

八郎「いえ、何でもありません(ヤバ、心の声が漏れた、こういう所が正直でいかん)」

八郎「えーっと、いや難しくはないよ。嫁ちゃんは、ハイム営業に結論を促されたら」

嫁「うん」

八郎「俺は悩んだフリをするから、その時に正直に『快適エアリーやめて、太陽光載せるって言ったよね?』と言ってくれればよいよ」

嫁「うん、それで」

八郎「後は俺がペラペラしゃべるから、目で訴えかけた時に、『そうだそうだ!』みたいな相槌をうってくれたら、後は何とかする」

嫁「ええ。。。そんな雑な芝居で、ハイム営業、値引きしてくれるの?」

八郎「後は俺がどうにかするよ。多分エアリーの値引きは厳しいだろうから、太陽光の値引きを狙うつもりで行く。でも、もしエアリーの値引きが勝ち取れたら、エアリーに鞍替えする。それでよいかな?」

嫁「うーん。。。わかった、やってみる」
(次回へ続く)

   

勿論、良い子の読者さまはご存知かと思いますが、
芝居で営業を騙して値引を勝ちとるなんて、
人として、サイテーの部類になります。
そんな事は絶対にしないようにして下さいね(^_-)

         

さて、その人としてサイテーの部類に足を踏み入れてでも、
値引を勝ち取ろうとする、ゲスの施主極みの八郎。
果たして、急造芝居で値引を勝ち得る事は出来るのか!?

次回「大根役者の芝居でハイムから値引を引きだせるのか?」

君は、選び抜くことができるか。

▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です