建築日記第1話「やっぱりおうちたてようかな」はコチラ!!

#121 ダウンライトの色を変えたい!色温度の選び方

どうも!八郎です!!

       

我が家の照明は1階ダウンライト、
2階はシーリングライトを施主手配という事で落ち着いたんですが。

そこでふと浮かんだひとつの疑問が。

            

LEDダウンライトにも、色の種類が存在します。
その色のついての検討を忘れていました。
インテ担当に確認することに。

       

そして、その確認時の八郎の「思い込み」が、
後々のインテ担当との大きな「遺恨」を残す原因となります。

         

我が家の大きな後悔ポイント。
照明の色の打ち合わせが始まろうとしています(笑)

      

それでは、続きをどうぞ!!     

LEDダウンライトの色の種類

出典:パナソニックHP


いきなりですみませんが、ダウンライトの色を話の前に、
LEDダウンライト「色温度」講座を始めます(笑)

       

LEDダウンライトには、ざっくり3色あります。

      

出典:MAXRAY HPより

電球色 (2700-3000k)   オレンジっぽい色
✅昼白色 (5000k)      白っぽい色
✅昼光色 (6200-6500k)
   青みがかった白っぽい色 

     

の3色です。
中間として○温白色(3500k)、○白色(4100k)と言うのもありますが、これは今回は割愛。
ちなみに「k」は「ケルビン」の略で、
色温度の単位です。
車好きな人や、車を整備される人は、すっと入ってくるんじゃないでしょうか。

         

この色温度「ケルビン数」が高いと、青白い白色へ、
「ケルビン数」が低いと、ぼんやりとしたオレンジ色みたいな電球色に近づいていきます。

     

簡単に、上記3色の特徴を記載します。

○電球色(2700-3000k)

電球の色をした、ほのかなオレンジ色の明かり。
柔らかい感じの色なので、くつろぐ空間はこの色が良いとされています。
また、料理がおいしそうに見える色としても有名で、
ファミリーレストラン等での採用率が非常に高いです。
ただ、パソコンや勉強などのデスクワークには向いていません。

【向いているとされている空間】
リビング・ダイニング・和室・寝室・階段・風呂・トイレ

○昼白色(5000k)

太陽の光に最も近い明るい色。
目もそれ程疲れず、どの部屋に使うにしても、無難に活躍してくれます。

【向いているとされている部屋】
ほぼどこでも向いている

○昼光色(6200-6500k)

青白さが感じられる明るい色。
はっきりと、非常に良く見えるので、
収納部屋や、勉強部屋や書斎などのデスクワークスペースに最適です。
ただ、非常に見えやすいがゆえに、長時間滞在すると、
目が疲れやすいという大きな欠点があります。
目がさえやすいという事で、寝室にも向いていないとか。

【向いている部屋】
収納部屋・勉強部屋・書斎

     

スイッチングで光色が切り替えられるオプションがある

出典:Panasonic HPより


LEDの良い所は、スイッチング(カチカチ、と2秒以内にスイッチを切り替える)で光色を変えるオプションが選べることです。
例えば、普段はくつろぐスペースなんだけど、
たまに勉強やデスクワークをするよ、
と言う場合、

      

「メインは電球色なんだだけど、時々気分で昼白色にチェンジしたい」

      

という願いを、LEDなら叶える事が出来ます。
このスイッチングで2色を切り替え・変更できるLEDの商品は、
家の照明だけでなく、車のフォグライトやデイライト等にも採用されており、
TPOに応じてスイッチングで光色を変更できるので、非常に便利です。

        

と、いううんちくを垂れ流した所で、本題に入ります(笑)

我が家の電球の色は電球色?昼白色?

照明の打ち合わせが終わろうかとしていた時に、ひとつの疑問が浮かびます。

         

ん?我が家のLEDの色は何色だ?

          

単純な内容なので説明の中で聞き漏らしたのかもしれません。
確認のために、インテ担当に質問します。

         

八郎「インテ担当、LEDの電球の色は何色になりますか?」

インテ担当「はい、オーセンティックモダンの場合、基本は電球色で提案させていただいております」

セキスイハイムのインテリアデザイン カタログから見るスタイルの提案

  

#078 激突!!シンプルモダンvsオーセンティックモダン

        

なるほど、確かに床がダークの場合、
WEBに掲載されている部屋の写真も
電球色の照明が多かったような気がします。      

             

インテ担当「オーセンティックモダンの場合、床の雰囲気が既に重たいので」

インテ担当「電球色を用いて、柔らかい雰囲気にするのが一般的です」

           

なるほど、言われてみればそうなのかもしれません。

しかし、我が家のダイニングには「LDカウンター」を採用しています。
間取りで言えば、本当にダイニングテーブルが来る真横の窓際に設置。

八郎のブログ執筆兼仕事場&三女の勉強スペースとして、
我が家の肝入りのスペースです。
食事は、電球色で良いと思うんですが、
勉強する時やブログを書くときは、電球色で良いのでしょうか?

        

八郎「インテ担当、我が家はダイニングにLDカウンターを採用していて」

八郎「食事以外にも、私や娘が勉強やパソコンをすることがあるんですよ」

インテ担当「はいはい」

八郎「なので、電球色だと。。。ちょっと。。。ヤル気が出ないというか。。。」

           

そんな話をインテ担当に持ち掛けると、すかさず嫁が口を挟みます。

          

嫁「でも、ダイニングはあくまでダイニング!食事をするところだから、電球色がいいよ!」

           

それを聞いたインテ担当、したり顔でこう言います。

          

インテ担当「じゃあ、両方つけちゃいますか?」

八郎「えっ?」

嫁「えっ?」

インテ担当「調色オプションをつけましょう」

八郎「え?朝食???Breakfast???」

スイッチポチポチで「昼白色」と「電球色」を切り替え

出典:Panasonic HPより

インテ担当「(ガン無視して)はい、スイッチをパチパチやれば」

インテ担当「『電球色』と『昼白色』を交互に切り替え点灯させることができます」

八郎「おお、そう言えばそんなオプションがあるって言ってましたね」

嫁「(パアアアアア)わーすごーい!」

インテ担当「奥さまが得意の料理の腕を振るわれたときは『電球色』を」

インテ担当「ご主人や娘さまが作業をされる場合は『昼白色』を」

インテ担当「使い分ける事が出来ます、いかがでしょうか?」

八郎「これはスバラシイ。。。是非それでお願いします!」

嫁「(コクコクコククコクコク)」

           

こうして、ダイニングには      

「食べ物を美味しそうに見せる効果」

があると言われている電球色と、
作業に向いていると言われている昼白色の、
調光オプションがついたLEDダウンライトを採用します。

何なら1階全体昼白色にしちゃおう

個人的な話で恐縮ですが。
八郎は電球色と昼白色・昼光色では、後者の方が好きです。
車も、ヘッドライトがハロゲンの車は好きじゃないので、
バラストつけて強引にHID化していました。
(▲DQNなんて言わないでね(笑)光軸が、とか言わないでね(笑))

スモールやウインカーも抵抗か電流バランサー入れて、
LEDに付け替えていました。

そんな変なこだわりがある為、どうも電球色は釈然としません。
また、「白光の玄関プロジェクト」でも

#082 我が家の肝入り!白光の玄関を目指せ!!

真っ白な玄関を目指している訳で、
そこに電球色の照明は似つかわしくありません。
ここは、思い切って色目を「昼白色」に変えてもらう事にします。

           

八郎「インテ担当、1階の電球の色は全部昼白色にしておいて」 

インテ担当「かしこまりました」

八郎「玄関もLEDも昼白色でお願いしますね」

インテ担当「かしこまりました」 

         

何故会話のこの部分だけ、斜体表示になっているのか?
それは、もう少し話を進めてから明らかにしたいと思います。
我が家の特大後悔ポイントになりながら、
インテ担当との遺恨を残す
「あの事件」へと繋がる、大きなきっかけであります。
(次回へ続く)  

     

気持ちが悪いくらいの大きな伏線を堂々と残し、
建築日記は何食わぬ顔で進めていきます(笑)

       

さて、照明関連の打ち合わせは終了しましたが、
まだカーテン・エコカラットと打ち合わせ内容は盛りだくさん。
更に、八郎は、見積もりの予算でずーっと気になっている項目があったんですが、
今まさに、その見積もり予算部分の打ち合わせをしているので、
思い切って、この予算について質問をぶつけてみます。

この見積もり予算。
あなた高いと思いますか?それとも安いと思いますか?

     

次回「カーテン&照明の見積もり50万円って高いの?安いの?」

君は、選び抜くことが出来るか?

▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
▶ブックマークはコチラのページをお願いします!!◀
八郎のラジオ「はちろん!」公開中です!良かったら覗いてください!!◀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です