建築日記第1話「やっぱりおうちたてようかな」はコチラ!!

♭113 エレクトロラックス パネルコンベクションヒーター Quickheat700商品レビュー

どうも!八郎です!!(Twitter:@eightblog_hachi)
(Twitterでも家の事やどうでもいいことを
たまーにつぶやいていますのでご笑覧下さいませ)

                  

これまで長きに渡り
「嫁にパネルヒーターをプレゼントしたい」
編をお送りしてまいりましたが
結果的には八郎の勘違いで
コンベクションヒーターを買ってしまった
と言う話を長々とお送りしました。
その第1回目はコチラから。

さて、せっかく大金をつぎ込んで
コンベクションヒーターを購入した訳ですから
レビューをしないといけませんよね?
という使命感もあるので
この、エレクトロラックス社の
コンベクションヒーター
「Quickheat700」
をレビューしてきたいと思います。

       

面白いのはこの商品、HPが存在しません。
エレクトロラックス社の日本語版HP
存在するんですが、この商品のページは
存在しないんですよねえ。。。

       

実はもう廃盤?
海外の売れ残りを日本でさばいている?
とネガティブなイメージも抱いてしまいがちですが
そんな謎の多いこの商品を
早速レビューしてみたいと思います。

       

それでは、続きをどうぞ!!

「パネルコンベクションヒーター」と言う名称だが中身はコンベクションヒーター

Google検索で上位表示されている
「おすすめのパネルヒーター○選」
等にも紹介されているこの
エレクトロラックス社のQuickheat700。

     

しかし、この商品、結論から言うと

コンベクションヒーターであって、パネルヒーターではない

という事を最初に断っておきます。
作中でも長々扱ってオチまで付けた理由は
パネルヒーターと思いこんでしまう失敗を
皆さんには避けてほしかった
からです。

       

パネルヒーターとコンベクションヒーターの
違いについてはこの記事に詳しく取り上げているので

参考にして頂きたいのですが
パネルヒーターはパネルからの「輻射熱」で
暖めるのに対して
コンベクションヒーターは背面上部から
暖められた空気を部屋に放出し
部屋内の暖かい空気を循環させようとする
「対流式」での暖めとなるので
どこか特定の個所を暖めるのには
そもそも向いていない、という事を
理解する必要があるでしょう。

コンベクションヒーターQuickheat700のスペック

消費電力:600W/1200W(2種類から選べます)
適用畳数:8畳~10畳
本体寸法:縦660mm×横700mm×奥行70mm
本体重量:7kg
コードの長さ:2m

消費電力は600wと1200wの2タイプで
1時間当たりの電気代は600wで16円
1200wで32円と1200wになるとエアコン並みです。

        

適用畳数は10畳くらいまでで、基本は
狭い部屋を暖めるスペックと言う所でしょうか。
リビング等の広大なスペースを暖めるのには
向いていない暖房機器です。

       

本体重量は7kgと書かれていますが
実感としてはもっと重く感じます。

      

コードの長さは2メートルで可もなく不可も無く。
近くにコンセントが無い場所に置きたい場合は
注意が必要です。

▼我が家で使用しているおうち関係の商品紹介しています!
▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
▼ブックマークはコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。