建築日記第1話「やっぱりおうちたてようかな」はコチラ!!

#494 嫁、俺が一生懸命作った収納にダメ出しをする

どうも!八郎です!!(@eightblog_hachi)

         

「リビングの邪魔な柱をどうにかしたい!」
シリーズのお話しです。
セキスイハイムを検討されている方は是非!
そうでない方も是非!(笑)
ご覧になられて下さい。

        

前回までのあらすじは。。。

我が家の肝入りオプション
「LDカウンター」
をリビングに設置。
しかし既製品のカウンターなだけに
「収納に難がある」事に気が付きます。

LDカウンター,セキスイハイム
       

何とかして収納を設置したい。
しかしそこはLDK。如何にも
「おいどんは収納でごわすですたいでごわす」
と主張するような収納は
嫁からNGが出るはずです。

リビング,柱,収納

しかしこの1枚の写真が、八郎に天啓を与えます。

八郎「そうか!カウチソファーの後ろに収納を置けばいいんジャマイカ!?」

リビング,柱,収納
    

LDKに収納を設置する
しかも目立たないように。。。
そんな難解に思えたミッションが
意外な形から、答えが導き出されることに。
そして、リビングの柱に何も施さなかった
事がまさかプラスに働く事になろうとは。。。

        

今回は嫁と一緒に収納を探しに行くのではなく
単独行動!このブログ初の
八郎インテリア単独行動になります。
サプライズでリビングの柱横に、収納設置計画!
嫁をビックリさせようとする魂胆ですが。。。

        

しかしなかなか色目やサイズも微妙に合わなく
妥協して買った商品を組み立てるも上手く行かず。。。

そして、この収納。
八郎が組み立てが雑だったことが災いし
大問題が発覚するのであります。。。

        

それでは、続きをどうぞ!

閉め方にコツが要る収納?

何だか収納と言うよりは「金庫」みたいな雰囲気を
醸し出している八郎セレクションの収納。
とりあえず柔らかい日の仕事用の
バックパックを置いてみます。

ま、まあ、このスペースでこれだけの収納が出来たのだから
ヨシとすべきなのか。。。
そう無理やり思いこませて扉を閉めようとした時
衝撃の事実が明らかになります。

      

八郎「パタン」

収納「パッカーン」

八郎「!!!」

八郎「えっ。。。なんで閉まらないの?パタン」

収納「パッカーン」

八郎「」

           

なんと普通に〆ようとしても
扉が閉まらないことが発覚します。
この閉めるのに作用しているバネと磁石を
利用した器具をつける位置を
正面から見て右側を若干奥にしてしまい
ちゃんと閉まらなくなってしまっていたのです。。。

        

扉が閉まらないなんて
収納以前の問題になってしまいます(笑)

         

八郎「そーっと閉めたら閉まるんかな、そーっと。。。パタン」

収納「シーン」

八郎「あ、閉まった。。。」

       

ゆーっくり、やさしーく閉めると
何とか閉まるようです。
と思いきや!

      

収納「イキナリパッカーン」

八郎「」

       

何が悪いのかわからないんですが
突如思い出したかのように
自分で扉を開け始めます。

         

八郎「あかん。。。完全に組み立てに失敗した。。。」

収納「。。。」

        

閉まっていた収納の扉が
何の前触れもなく突然開く。。。
こんなの別の意味で「サプライズ」ですよね。
完全に組み立てに失敗してしまいました。。。

別の意味でサプライズする嫁


―仕事の嫁を迎えに行った帰りの車内―

八郎「と言う事で、リビングの柱の面に合うような」

八郎「収納を買ったんだけど、どうも組み立てに失敗したみたいで」

八郎「いろいろ難があるんだよね。。。」

嫁「八郎ちゃんが収納をひとりでC店まで見に行ったのもサプライズだけど」

嫁「リビングの柱の面に合わせた収納を探す」

嫁「という発想にサプライズだね、そんな発想が出来るんだ(・ω・)ノ」

八郎「いや、それはこの写真をそのままパクっただけで。。。」

リビング,柱,収納


嫁「いや、でもこの写真を探し出しただけでもすごいよ」

嫁「私の中では充分サプライズだよ~(#^.^#)」

八郎「。。。」

      

今は珍しく八郎の事を褒めてくれていますが
あの、閉まらない収納の扉を見ても
そのスタンスを変えずにいてくれるのでしょうか?

         

―帰宅後―

八郎「この収納なんだけどね。。。」

嫁「へ、へえぇ、グレーなんだ。。。」

嫁「ソファーに合わせたの?」

八郎「いや、ダークブラウンが無くて。。。」

嫁「こ、この下に敷いているブルーの生地は?」

八郎「う、うん、あの、フローリングが傷つかないように、ね。。。」

嫁「ふうん。。。」

        

帰ってきてイザ収納を見ると
矢継ぎ早に質問を繰り出す嫁。
そこには明らかに「不満」が見て取れます(笑)

            

嫁「っていうかさ、この右側の扉が半開きになっているのは」

嫁「中がこうなってますよアピール?」

八郎「あ、いや、とりあえず、閉めて見てくれる、その扉」

嫁「。。。うん、わかった、パタン」

収納「パッカーン」

嫁「えっ。。。?」

八郎「。。。」

        

想定通りに閉まらない扉に
嫁も困惑しています。

       

嫁「よいしょ、パタン」

収納「パッカーン」

嫁「!!!えいっ!パタン」

収納「パッカーン」

嫁「」

嫁「このっ!パタン」

収納「パッカーン」

嫁「。。。八郎ちゃん、これどうなってるの?」

八郎「ええとそれは。。。」

嫁「。。。」

八郎「私の作り方がヘタでございまして。。。

嫁「もう1回分解しようか?」

八郎「もう、ボンド止めしている所もございまして。。。

嫁「。。。」

収納にダメ出しする嫁

ひと通りの会話を交わした後
ふーっとため息をついて、嫁がひと言。

         

嫁「八郎ちゃん、この収納はあかん。。。」

八郎「ですよね。。。」

嫁「これ、いくらしたの?」

八郎「7000円だったと思う」

嫁「まあちょっと痛いけど、ここは買い直そう」

八郎「はい、申し訳ございません。。。」

嫁「いやいやでも、気持ちはうれしかっし」

嫁「何より奥行き30cmの収納の存在を知らなかったから」

嫁「これはこれで、いい方向性に決まったし」

嫁「奥行き30cmの収納をしっかり探してみよう!」

八郎「申し訳ない。。。」
(次回へ続く)

      

と言う事でサプライズを巻き起こすために
八郎が単独行動で購入した収納は
八郎の稚拙な組立スキルで水の泡。
別の意味でサプライズを提供してしまいました。

        

しかし嫁は前向きに捉えてくれたようで
奥行き30cmの収納を何としても探す!
という不退転の決意を露わにするのであります。

        

さて、嫁も加わっての心機一転の
柱横のスペースを活用した収納探し。
嫁が信頼を置いているインテリア量販店と言えば
あの日本の都市名が入った量販店D店ですが。。。

       

今回もいきなりあそこに突撃、か。
それともネット販売で購入か。。。
果たして嫁の取った行動は???

        

次回「嫁、スゴイ収納を見つけてくる」

【★告知★】家づくりをしている方を応援するサイト「コダテル」で八郎のブログが読める!詳細はコチラをクリック!!
画像をクリックすると、最新記事へとジャンプします!

▼我が家で使用しているおうち関係の商品紹介しています!
▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
▶ブックマークはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です