建築日記第1話「やっぱりおうちたてようかな」はコチラ!!

#460 分譲地の子供の遊び場トラブル(5) 免罪から身を救った日頃の行い

どうも!八郎です!!(@eightblog_hachi)

          

ちょっと湿った話題で恐縮ですが
「分譲地の子供の遊び場トラブル」
をやらせてもらっています。

       

前回までのあらすじは。。。

        

注文住宅の購入年齢は平均は43-44歳ですが
実は購入者の約50%までが30代に購入している
という実態を、データ込みでご紹介。

#456 分譲地の子供の遊び場トラブル(1) 家を建てる(買う)のは○歳まで!?

また、八郎の周囲10件の家の家族構成は
✅ニューファミリー(子供が小学生以下)…70%
✅それ以外(子供が中学生以上か無し)…30%
という結果から、八郎のような家族構成は、分譲地では

マイノリティな存在

である事もお伝えしまた。

#457 分譲地の子供の遊び場トラブル(2) サーキットと化する道路(笑)

そんな中、八郎の家の周囲の道路が
キッズ達のサーキット化している問題が発生。
補助輪ありの自転車ならかわいいものですが
補助輪なしの自転車になってしまうと
なかなかスピードが出てしまい
結構危険な存在に。。。

#458 分譲地の子供の遊び場トラブル(3) 起こるべくして起こった事故

そんな最近補助輪なしデビューを果たした通称「ロッシ君」が
今日も分譲地内の道路をこれ見よがしに駆け抜けます。
八郎は「であろう運転」を実施し、ブラインド(視界の死角、見えない場所)
からロッシ君が飛び出してくであろうことを予測し
車の速度を10km/hまで落とします。

      

が!
ロッシ君は風と同化しながら分譲地のサーキットを駆け抜ける
「ライダー」になり切っています。
まさか向こうの角から
車が「コンニチハ!」するなんて
思っても見なかったのでしょう。
顔を引きつらせながら、鬼のハンドル切りをする「ロッシ君」

       

ロッシ君は車に近づく前に自転車からこけて
膝とふくらはぎに擦り傷を負います。
無人の自転車は車に軽く接触。
まあ、これなら保険を使って直すような
傷の付き方はしないでしょう。

#459 分譲地の子供の遊び場トラブル(4) 轢かれた子供の母親、鬼の形相に

しかし、その事故を見ていた別の子の母親が
ロッシ君の母親を召喚。
怒りの形相で八郎をにらみつける
ロッシ君母親。。。

       

同じ分譲地に住んでいながら
ロッシ君、ロッシ君友達
ロッシ君母親、ロッシ君友達母親
総勢10名以上。



八郎(笑)

       

この完全アウェー状態の中
遂に「中東の笛」という名の
ロッシ君友達のウソアシストが炸裂し
八郎は窮地に立たされます。

        

ヘタしたら警察に事情聴取まで見えてきた展開。
この後、いったい、どうなってしまうのかっ!?
(▲毎度のガチンコ風に再生ください(笑))

        

それでは、続きをどうぞ!!

ロッシ君友達の口添え

ロッシ君の母親が、ロッシ君を気遣っている時に
まさに「中東の笛」とも言うべき
ロッシ君友達の謎の口添えが飛びます。
そして、八郎は窮地に立たされるのであります。。。

           

キッズC「このおじさんが、〇〇くんに車をぶつけたんだよ!」

八郎「」

       

えええええええええええええええええええっ!
いや、ぶつけてないんだが。
ぶつかってきたのはロッシ君の自転車で
ロッシ君はぶつかる前に自転車から
投げ出されています!

       

って誰か説明してえええええぇぇぇぇえぇ(T_T)

                 

母親「キッ(鬼の形相で八郎を見る)」

八郎「」

        

どうやら、状況は最悪な展開に。
自分ひとりでこの状況を打開するのは
相当の運を見方にしないといけなさそうです。

          

辺りは夜の帳がおり始め
段々薄暗くなってきています。
普通なら「○○くん(ちゃん)またねーっ!」
っ言って、家の中に消えていく時間帯なんですが
誰ひとり、その場を離れようとはしません。

分譲地で必ずやっていた事(1)「デカい声であいさつ」

ちょっと閑話休題。
八郎が、この分譲地に住むようになって
愚直に(笑)やり続けた事を書きたいと思います。

        

まずは「デカい声であいさつ」
基本ですよね(笑)
基本なんですけど
基本の「き」なだけに
愚直にやり続ける事は大事です(笑)

      

小生の家族と言うか一派(笑)は
分譲地でもマイノリティな存在である、とは
以前の記事でもご紹介しました。

#456 分譲地の子供の遊び場トラブル(1) 家を建てる(買う)のは○歳まで!?

小さい子供を持たない八郎家。
他の家の人たちとの絡みが
全く無い!「ゼロ」なんです。

       

ところが殆どのニューファミリーの方々は
子供たちを介して「保育園」なり「幼稚園」なり
お子さまの年齢が近いので共通の話題もあり
そして、今回のように
「分譲地の道路で遊ばせるコミュニティ」
も形成され、バリバリ交友があるんです。
もう交友と言うか「シンジケート(笑)」
かもしれないくらいの緊密度です。

         

方や子供を介して苦楽を共にしている仲間みたいな感覚。
かたやおっさんおばさんやデカい子供たちが出入りしている
得体の知れない家族?団体?集合体???

         

もうね、距離感がすごいんです(笑)
ここに来る前から分かってたけど、
完全に分譲地内の「異物」なんですよ、うちの家族。
長女が帰ってくると玄関前に車は4台並ぶし。
なんなのあの家?って感じなんです(笑)
(▲ちょっと被害妄想入ってるかな)

        

こんなに浮いている存在なのに
ここで我々が更に距離を置くような行動をとると
完全に浮いてしまうので、とにもかくにも
あいさつ
だけは気合入れようと(笑)
変な家族じゃないんですよ!
普通に挨拶くらいは出来るんですよ!
というアピールだけは欠かさないようにしていました。

分譲地で必ずやっていた事(2)「子供を見たら『兎に角徐行』」

ふたつ目は。。。
子供を見たら「兎に角徐行」(笑)です。
子供を見たら、保護者がいようといまいと
速度は10km/hです(笑)
兎に角
「怪しい物じゃありません!」
「危ない運転はしてません!」
「小生は子供たちの遊びの邪魔はしないんです!」
をアピールしてました。

        

保護者の方を見かけたら
車のフロントガラス越しに
頭を下げてペコペコ挨拶です。
聞こえてなくても

八郎「おはようございます!」

八郎「こんにちは!」

八郎「こんばんは!」

を運転席で聞こえていないだろうけど連呼です(笑)
とにもかくにも
「敵じゃないんです!安心してください!穿いてますよ!!」
アピールを必死でしていました。

        

最初はスキンヘッドのデブが
車の中でペコペコしているんで
かなり異様な光景だったかと思いますが(笑)
1ヶ月くらい経つ頃には
相手も会釈してくれるようになりました。

長いお付き合いの事を考えると。。。

さて、話を戻して。
辺りは暗くなりつつある中
八郎の周囲の雰囲気は完全に暗黒モード(笑)
キッズの誤った援護射撃もあり
ロッシ君母親は激おこぷんぷん丸です。

         

こんな状況で、八郎
全く口が開けません。
言い訳はナンボでも出来ます。
ドライブレコーダー見ましょうか!?
と言い放ってドライブレコーダーを
一緒に診てもらえれば
責任は回避できると思います。

       

しかし、今回の大きな問題点は
「同じ(しかもかなり近所の)分譲地に住んでいる人」
同士が絡んだの問題である事。

      

もし、全然知らない第三者なら
塩対応でも突き離しでもなんでもやって
自分の身の潔白を証明しますよね?
だってもう2度と会う事も無いでしょうから。

       

しかし、この家の近所となると勝手が違う訳で。
ほぼ毎日のように顔を合わせる可能性もあるし
更に言えばその周囲
他のご家族とのパワーバランスにも
影響を及ぼしかねないんです。

       

そんな今後の関係性を左右しかねない案件なだけに
八郎もどう言葉を発して良いのか。。。
慎重にならざるを得ません。
ヘタに言い訳をして相手を逆上させると
更に都合が悪くなります。。。

       

しかしロッシ君母親は
怒りと動揺で、何とも言えない顔に。
そして、怒りで震える声を振り絞り
こう聞いてきます。

        

ロッシ君母親「ど、どんな感じでぶつかったんですかっ!?」

八郎「あ、いや、ぶつかったというかですね、その。。。」

ロッシ君母親「(キッ)」

八郎「」

      

そうなんです。ここで言い訳をするのは逆効果なのは
痛いほどわかっているんです。
しかし、他に言葉の選びようもなく
非常に厳しい状況に陥ってしまった八郎。

       

しかし、夜の帳が降りてきている中
一筋の光が差し込もうとしていました。
(次回へ続く)

         

結構肝を冷やした瞬間でした(笑)
しかしこうしてブログに書けるくらいなので
実際の所はそんな大きな問題には
発展しませんでしたので大したことはないんですが。。。

         

愚直にやり続けた事が
ここで実を結ぶ?
「芸は身を助く」
またのことわざを。。。

         

次回「分譲地の子供の遊び場トラブル(6) 情けは人の為ならず」

【★告知★】家づくりをしている方を応援するサイト「コダテル」で八郎のブログが読める!詳細はコチラをクリック!!
画像をクリックすると、最新記事へとジャンプします!

▼我が家で使用しているおうち関係の商品紹介しています!
▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
▶ブックマークはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です