建築日記第1話「やっぱりおうちたてようかな」はコチラ!!

#341 1階嫁のトイレ vs 2階俺のトイレ 結果発表!!

どうも!八郎です!!

       

「2.入居後編」に行く前に。。。
あの企画に結論を出してから
気持ちよく新編に移りましょう(笑)

         

あの企画とは何か?
もう、皆さんお忘れかもしれませんので
リンクを引っぱっておきます。
これです。

細かい内容は上記のリンクに譲るとして
自分の部屋が無いので、クロス等を選べない八郎が不貞腐れて
2階のトイレをプロデュース!
かっちょええトイレに仕上げるべく、
嫁に挑戦状を叩きつけます(笑)

        

1階は
「ダークブラウンのマジシャン」
の異名を持つ嫁が
得意のダークブラウンの無料オプション(笑)を駆使して
1階のトイレをプロデュース。
ダークブラウンをこよなく愛し
家を全てダークブラウンで染め上げるべく
ダークブラウンの色遣いと建具にこだわった嫁。
果たして、トイレにもどのような
ダークブラウンを織り交ぜてくるのか?

一方の、自称
「トイレ空間プロデューサー(2階のみ)」
の八郎。
これまた、注文住宅同様、
空間プロデュースの知識ゼロで
2階のトイレをかっちょよく仕上げるべく躍動。

    

この結果、どのようなデザインとなり
どのような見栄えになったのか。
そして、その評価を、

     

#家系ブログを盛り上げる会の皆さん

      

にTwitterでアンケートを取って
評価してもらう事にしました!

     

さあ、その結果たるや如何に!!
早速、見て参りましょう!!

トイレ対決!【条件】

  • トイレはセキスイハイムが初期に提案した、追加料金のかからないトイレ
  • 床色・クロスは変更自由だが、無料のオプションの範囲で選択
  • 1階トイレは2階トイレの配管が降りていて狭さを感じるので、エコカラットの余剰分(ほんの少し)をオプションとして使用することを許可

ちなみに最初の提案のトイレはコレ。
「●09トイレ(手洗い付き)」です。

        

主旨をぶっちゃけて言えば
「無料の範囲でカスタマイズせよ!」
と言う事です!!
んんーっ、リーズナブルっ(笑)
(▲ただただ、お金が無いだけ、ともいう)

両者トイレ 披露!

先手 1階嫁のトイレ

先手、嫁のトイレ、披露ッ!
(▲某とん〇るずのおかげでした番組風に再生ください(笑))

       

意外にもダークブラウンは正面のクロスのみ。
化粧パネルの色はいじってきませんでした。

床色は、ダークブラウンが無料オプションに無かったため
断腸の思いで、ダークグレーの床色にしています。
電球色に照らされると、意外とわかりません(笑)

エコカラットは正面ではなく右側に。
玄関のエコカラットは
側面に貼る提案をした八郎を振り切って
正面への施工を推し進めた嫁氏。

しかし、トイレはワンポイントとなるや否や正面へ。
ここでは変化球を用いてきました。
ちなみに、インテ担当のトイレプロデュース短評は

      

インテ担当「いいですね!」

       

床色、正面の色、天井の色に統一感を持たせると
雰囲気が良く見えるようになるんです、
と評価されていました。

後手 2階俺のトイレ

後手、俺のトイレ、披露ッ!
(▲再び、某とん〇るずのおかげでした番組風に再生ください(笑))

      

床はマットを敷いているので見えづらいですが
清潔感をだすべく、
タイルモザイク調の床色オプションを採用。
両サイドには濃いブルー系の壁紙を
敢えて「バラバラ」に採用。
独自性をアピールしてきました。
(ただただ、好きな色を配しているだけ、と言う説もある)
俺氏のトイレの、コンセプトは

       

清潔感・清涼感

        

トイレでは感じにくい、清潔さ涼しさを感じてもらいたい

        

トイレ空間プロデューサー(2階のみ)
俺氏の熱い想いが込められています!

      

トイレットペーパーホルダーを、敢えて1階と逆に設置するところも
嫁氏との対決姿勢を鮮明に打ち出しています(◀は?)
失敗した!と悟るのは住み始めてからです(笑)

       

ちなみに、インテ担当のトイレプロデュース短評は。。。

       

インテ担当「いいんじゃないでしょうか(棒)」

         

その後、コメントなし!(笑)
嫁と同じ「いい」と言う言葉は入っていますが
全然「いい」ように感じられない聞こえ方(笑)
日本語ってスゴイですねっ( ;∀;)

ジャッジメントタイム

それでは、Twitterの皆さまの評価を見て参りましょう!

アンケート結果

※まだ結果が出ていない場合は、上のTwitterの埋め込みをクリックしてください。
途中経過がご覧いただけます(;´Д`)

         

左が1階嫁のトイレ、右が2階俺のトイレ、なんですが。
意外にも大差がつき、8割近い支持で

        

嫁のトイレが圧勝を収めました(涙)

       

一時は82(嫁):18(俺)まで大差がついたこの勝負。
それでは、それぞれの勝因・敗因を探ってみましょう。

嫁のトイレの良い所、俺のトイレのダメな所

https://twitter.com/asuyamablog/statuses/1321967112538132480
https://twitter.com/apa7xJBuQGEzBsK/statuses/1322007648305180673
嫁のトイレの良い所まとめ
✅落ち着く
✅ナチュラル
✅見た目スッキリ
✅狭い中にも奥行きを感じる
✅シンプル
✅明るく見える]
俺のトイレダメな所まとめ
✅圧迫感がある
✅狭く感じる
✅暗く見える
✅クロスがバラバラでバランスが悪い
ペーパーホルダーの位置が逆

俺のトイレの良い所、嫁のトイレのダメな所

https://twitter.com/customHomeNet/statuses/1321840856907739136
https://twitter.com/ama_min_xxx/statuses/1322024054539218944

俺のトイレの良い所まとめ(長め)
落ち着いて狭い空間で滝をイメージして出す派
✅落ち着いた雰囲気でカッコいいです
✅トイレくらい冒険しても良いかな、と思います
✅冒険心がありいい感じです
✅どちらかと言えば右で
✅カバーとマットがなければ…右がすきです!

嫁のトイレのダメな所まとめ
✅ウ○コ落ちてても気づかなそう
(▲※気づきます(笑))

総評

と、言う事で!
「俺のトイレの良い所まとめ」
は、1名の意見を2つに分割してアピールしましたが。。。
アンケート結果の割合通りの意見が来て、
嫁のトイレの圧勝という結果に落ち着きました(笑)

       

集約すると

       

✅〇嫁のトイレはスッキリ・シンプル・落ち着く
✅×俺のトイレは圧迫感がスゴイ

       

と言う感じに見受けられました。
。。。ま、まあ、2階俺のトイレは
小生が自分趣味をぶっ込んでプロデュースしたもの。
好きな色のアクセントクロスを惜しげもなく
両サイドに全面施工。
暴挙なのは、最初からわかってましたよ、ええ( ノД`)

        

それに比べ、1階嫁のトイレは
1階のコンセプトを見事に踏襲。
落ち着いた雰囲気をトイレにも
持ち込む事に成功しています。
これは、あっぱれと言う外ないですね。。。
完敗です。

       

そんな悲しみに暮れる小生が、
皆さんに一句お届けして
この項を締めたいと思います。

         

する前に その色を見て どうするの?
(八郎心の俳句)

      

最後になりましたが、
アンケートにお答えいただいた皆さま、
及びリプを下さった皆さま、
ご協力、本当にありがとうございました!!

注文住宅の醍醐味を皆さんに味わってほしい

さて。。。
茶番でしかない、当ブログではありますが(笑)
最後に1つだけ、真面目な事を言わせてください。

         

八郎が、この記事を通して
これから注文住宅を検討される方に
伝えたいことは、ズバリ
これらのツイートに集約されています!

注文住宅にすると

遊び心で選べる!
✅冒険が出来る!

と言う所です!

2階などのプライベート空間は家族みんなでプロデュースする

例えば2階建ての家などは
2階にはお客さんが上がって来る事も
殆ど無いと思います。
そんな場合は!

     

自分の部屋を自分でブロデュースしてみる!

       

のも面白いとか思います。
1階をプロデュースすると
八郎のような失敗をすると目も当てられませんので(笑)
2階なら、失敗しても見るのは家族だけ。
もっと言えば自分だけ。
冒険するのもアリだと思います。

       

クロス等はお子さまが選ぶと、飛んでもない物になるかもしれませんが(笑)
お子さまが巣立った後に貼り換えるのもアリだと思いますし
逆に、それをお子さまとの思い出として残すのも良いかもしれません。

        

プライベート空間は、自分で決める!
それが出来るのが、注文住宅の良い所であり、
自分の空間にとても愛着が湧くと思います!

夫婦や家族間で「○○対決」をしてみる

八郎家はトイレをセルフプロデュースして
夫婦間で対決しました(笑)
そんな家で、似たような設備があれば
夫婦や家族内でオプションを決め合って
勝負やプレゼンするのも面白いと思います。

      

なかなか家づくりにみんなが参加するのは難しいかと思います。
しかし、設備や場所を決めて
「ここは、あなたにも決めて欲しいっ!」
とお願いして、対決テーマみたいにして
みんなで家づくりに参画するのも
注文住宅の楽しさではないでしょうか?

      

と言う事でっ!
注文住宅を検討されている皆さま。
折角の注文住宅です。
隅々まで沢山遊び尽くして
思いっきり自己満足出来た
家づくりになる事を
心よりお祈り申し上げます!!

         

今回は以上です。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

▼我が家で使用しているおうち関係の商品紹介しています!
▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
▶ブックマークはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です