建築日記第1話「やっぱりおうちたてようかな」はコチラ!!

#312 現場監督と内装の進捗確認!のはずが、まさかの。。。

どうも!八郎です!!

         

今回から、いつもの日記形式に戻ります!

        

まずは、時系列をちょっと遡り。。。
ハイム営業の策略にまんまとハマり(笑)
分譲地特別プラン、という名の
J:COMのケーブルテレビ・ネットセットの契約に動く八郎の話です。

#157 新築のテレビ視聴方法は?アンテナ?それともケーブル?

J:COM職員を呼んで、最終どうするかこれから検討します。

            

そして、その後の舞台は。
3月の下旬。
外構最終打ち合わせと

#248 外構最終打ち合わせ、始まるよー!

インテリア最終確認再び

#268 セキスイハイムと最後の打ち合わせへ!インテリア最終確認(再)に挑む

から1週間程経過した日の出来事。
1本の現場監督の電話から、
大どんでん返しが始まっていきます。
意外な事実に夫婦も唖然としたその内容とは?

          

それでは、続きをどうぞ!     

契約しましょう!その代わりに。。。

2019年、1月某日。八郎家(もちろん旧邸)

               

ハイム営業の計らいで電話がかかってきたJ:COM職員を家に呼び寄せ、
説明を受けているところです。

            

内容は、ハイム営業が言っていたことをほぼそのまま復唱している感じ。
やはり、ハイム営業のJCOM営業バリの説明は、お金の香りが漂います(笑)

#161 分譲地特別プランとやらをハイム営業提案してくる

     

J:COM「。。。といった感じになっています」

八郎「ほんじゃあ、確認して良いですか?」

J:COM「どうぞ!」

八郎「初期工事費用20000円」

八郎「最初の3ヶ月CSチャンネル契約、3ヶ月目で解約すれば実質無料」

八郎「後は永年月3000円税別、でネット下り320Mbpsプラン&地デジ+BSがケーブルテレビで見れる」

八郎「で、間違いないですか?」

J:COM「はい、間違いないです!」

八郎「わかった!じゃあ契約しようかな」

J:COM「ありがとうございます!」

八郎「だがしかし!」

J:COM「」

八郎「条件がある!」

JCOM「えっ。。。(困惑)」

八郎「そのさ、CSチャンネルの3ヶ月目の解約をさ」

JCOM「はあ」

八郎「お兄さん、あなたがやってくれたら契約する」

JCOM「えっ。。。それは。。。(大困惑)」

     

実は、この分譲地プランを聞いたあくる日。
同じセキスイハイムで家を建てたA君に探りを入れてみました。

   


八郎『なあA君よ』

A君『はいなんでしょう?』

八郎『A君が新居に入る前に、営業を介してJCOMからなんか提案とかあったりした?』

A君『ああ、ありましたね「超巨大分譲地特別プラン」とか銘打ってましたね』

八郎『(やっぱり。。。もうこれ会社同士つるんでるやん。。。)』

A君『確か、ネットとケーブルテレビで3800円でしたね』

八郎『えっ?』

A君『アンテナ立てずにテレビ見れてネットが出来て3800円は安いと思って契約しましたよ』

八郎『そ、そうか(おお、その時より800円安くなってる、ラッキー♪)や、安いな』

A君『ただ、何かですね。CSチャンネルには3ヶ月入らないといけなくて』

A君『解約は3ヶ月目しか出来なか言って言われたから』

A君『営業に「3ヶ月目にあなたが解約してくれるなら加入する」って言ったら』

八郎『言ったら?』

A君『「いいですよ」って言ってくれたんで契約しました』

八郎『へっ、へーそうなんだ(いい事聞いたぞ。。。)』


という情報を掴んでしまったんです。
これを使わない手はありません。

       

八郎「でも、俺の知り合いは、営業に頼んだら3ヶ月目に営業が解約してくれたってよ」

JCOM「でもそれは。。。厳密には違反になりまして。。。」

八郎「えー、でも現にしてくれてる人もいるよー」

JCOM「それってちなみに分譲地はどこですか?」

八郎「それは個人情報だから言えんな(←それだけなら個人情報とは言わない)」

JCOM「えぇ。。。」

八郎「。。。いいじゃん、お願いっ。あなたもノルマ+1になるし、セキスイハイムにもキックバック入るんでしょ?」

JCOM「えっ?い、いや、そんなの無いですよ。ハイムさんには善意で紹k」

八郎「わかったわかった、キックバックはどうでも良いから、ノルマ+1のために、どう?」

JCOM「。。。わかりました、それで契約いただけるならお願いします」

八郎「ありがとうっ!話の分かる営業さんで感謝するよ!!」    

新築戸建てのネット引き込みの工事予約はお早めに

ひと通り、書類に必要事項を記載し押印後。

        

JCOM「では、工事の日を仮抑えしましょう。ご入居の日程はお決まりですか?」

八郎「あ、うん、決まってはいるけど、まだ3ヶ月も先の4月の話だよ」

JCOM「4月なら尚の事早く予約を入れた方がいいですね」

JCOM「下手に4月になって予約入れようものなら、下手したら1ヶ月待ちとかになりますよ

八郎「え?そうなの?」

JCOM「ネットの引き込み工事は立ち合いが必須になります」

JCOM「お客さまのご都合と、我々の工事スケジュールがピシャリ合うとは限りません」

八郎「な、なるほど。。。」

JCOM「早めに抑えた方が無難と思います。いつ工事されますか?」

八郎「入居が4月18日だから。。。19日の午前中でお願いしたいんですが」

JCOM「かしこまりました、ここを仮抑えします」

JCOM「このタイミングならまだ予約でパンパン、という事は無いと思いますが」

JCOM「もし予約でいっぱいなら、こちらからご連絡します」

八郎「わかりました」

JCOM「もし、工事の予約の変更をされたい場合は早めにご連絡ください」

八郎「かしこまり!」

         

こうして、八郎はハイム営業の思惑通りに(笑)
JCOMと契約し、ケーブルテレビでテレビを視聴することになります。    

現場監督からの電話

さて、時は移ろい、2019年3月下旬。
もう4月18日の引き渡しまで、あと1ヶ月と言うところに迫っているところです。

                

仕事帰りの車中。
現場監督から着信が。
現場監督からの着信は、
これまでもあまり良い話がありません。

#239 現場監督から緊急呼び出し 我が家のプランにトラブル発生?

ちょっと身構えてしまいます。。。

     

現場監督「もしもし、現場監督です、お世話になっております」

八郎「お世話になっております」

現場監督「今、電話大丈夫ですか?」

八郎「はい、大丈夫ですよ!(※八郎・注:ハンズフリーで電話してます)」

現場監督「この前のトイレの引き戸から開き戸への変更の状況を」

現場監督「現場で確認していただきたくて、ご足労ですがもし良かったら現場にお越し頂けませんか?」

八郎「もちろん!大丈夫ですよ!!」

現場監督「あと、折り入って、お話したいこともありまして。。。」

八郎「。。。わかりました。えーと日時は。。。」

        

この時、八郎の中では、トイレの引き戸を開き戸へ変更し、
どうなったかを確認するのが大事な作業だと思っていました。

#241 注文住宅で開き戸と開き戸?建具同士の干渉を我慢できるのか?

しかし、現場監督にとっては。
折り入った話の方がが超重要である事を。
この時、まだ八郎は知る由もありませんでした。。。
(次回へ続く)

     

さて、現場監督からの提案で。
現地でトイレの引き戸から開き戸への変更を確認しつつ、
内装の進捗を見て回る。。。
的な気持ちで、迎えた約束の日の3月24日。

              

衝撃の事実が、現場監督から語られるのであります。。。
我が家はいったい、
どうなってしまうのかっ!?
(▲ガチンコ風に再生ください(笑))

      

次回「現場監督、セキスイハイム辞めるってよ」

君は、選び抜くことが出来るか?
(&華麗なるネタバレ(笑))

▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
▶ブックマークはコチラのページをお願いします!!◀
八郎のラジオ「はちろん!」公開中です!良かったら覗いてください!!◀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です